美少女ゲーム > しゃくなげ > プラゥヴ クルイード 鈴木花子編

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー■
魔法、呪術——人によって為される【奇跡】。
その多くは科学技術文明の発展と共に、歴史の表舞台から姿を消したかに見えた。
しかし科学の発展は、ゆっくりと、だが確実に【奇跡】を理として解き明かしていた。
そして21世紀も最早過去となった時代、人々は【奇跡】を自然科学によって
説明される分野の一つ【ソーサリー】と捉えるまでに成長していた。
世界は【ソーサリー】を科学技術の助けを得て使いこなす者を【ソーサラー】と、
そして何ものの助けも得ず奇跡の如く【ソーサリー】を使う者を、古よりの呼び名【魔法使い】と呼んだ……。

学園都市【試しの門】、を中心とした独立都市だ。
主人公賀茂勇司は、【魔法使い】の名門賀茂家の長男として産まれたにも関わらず、
一切【ソーサリー】関連の才能がないおちこぼれだ。
おかげで跡取りである義妹の六花の保護者兼手伝いとして、自分の入学式も休まされて彼女の入学式に付き合う羽目に。
入学式——世界中から【魔法使い】が集う名門【試しの門】学園、
そしてその学園を中心とした【ソーサリー】溢れる独立学園都市【試しの門】の住人となること。
落ち零れ勇次には縁もゆかりもないこの街で、彼のちょっと変わった青春活劇が幕を開けようとしていた……。

■【一滴の涙】の伝説■
黒い森の奥深く、人界の果ての大地。
かつて人々によって人界を追われた神々の一人が、その最後に一滴の涙を落とした地とも言われている。
その涙一滴には古の神の力が宿っていると伝えられ、その力を欲する多くの者達が集い、多くの混乱と戦いが大地を満たした。
それを嘆いた森の魔法使いメルディン・アンブロジウスは、【一滴の涙】を空へと封印し、そこに通じる門を作った。
アンブロジウスは言った「一滴の涙を欲するものは、門の試しを受けよ」と。
その日以降、空に浮いた【一滴の涙】の下で争乱は止み、門の試練を受けるために世界各地から多くの魔法使いが集まり、
この地で生活をするようになった。やがてそれは、この地に魔法を磨く者達の学園【試しの門】を生むことになる。
それから幾星霜、学園を中心として街が形成され、この地が学園都市【門の都市】として発展した今なお、
空に【一滴の涙】は浮き、門の試しを乗り越える者は一人として現れていない……。

■登場キャラクター■
◆鈴木花子(すずき・はなこ)
勇次、六花、睦月が住む学校指定寮【カメレオン】の管理人さん。
おっとりしていて抜けている所があるものの、家事全般をこなし、特に料理の上ではぴかいちで、優しく包容力のあるお姉さん。
ただちょっと妄想が激しく、そちら方面にも興味津々なマゾっ子さん。

【ソーサリー】の才能がなく普通の学校に通う二年生で、働きながら勉学に勤しむ苦学生でもある。

◆賀茂勇次(かも・ゆうじ)
165センチ、運動神経も良く頭の回転もまぁまぁだが、努力は苦手なタイプ。
頑張ればもてそうな外見だが、あまりファッション等には興味が無く、身だしなみも最低限の気遣いしかしていない。
性格は、好奇心が強く、しっかりスケベ。
あまり物事を深く考えずに行動するタイプで、決断は早い。
日本の【魔法使い】を統べる名門賀茂家の嫡男に生まれたが、【ソーサリー】の才能は一切無く、廃嫡されている。
義妹である六花には、彼女の【魔法使い】としての大きな才能や、跡取りを任せてしまったことなど、複雑な感情を抱いている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004331
ファイル名/ファイル容量
VJ004331.zip / 1.2GB (1292726820Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003328D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003328D)

プラゥヴ クルイード 鈴木花子編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プラゥヴ クルイード 鈴木花子編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

「鈴木花子」=巨乳マゾっ娘

2010年06月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

学園を舞台にした純愛系AVGです。ほんわかキャラ「花子」の新たな一面が拝める作品です。

『鈴木花子編』には、プロローグ⇒全体ルート⇒「花子」個別ルートが収録されています。全体ルートには選択肢もありますが、他のヒロイン作品と同じで、「花子」ルートが確定しているため、物語の分岐はありません。

ストーリーは、魔法使いの学校を舞台にした王道ラブコメです。本作品では、ほんわかキャラ「花子」の秘密が明らかになります。その秘密とは……なんと、ドMだったのです。「花子」のマゾっぷりはなかなかのもので、月刊のM雑誌を講読しているほどです。物語的にも、シリアスな展開は無く、少し苛めながらラブラブでエッチするのがメインでした。

「花子」のエッチシーンは個別ルートに3つで、どのシーンも「花子」のマゾな性格が良く出ています。特徴としては、お尻叩きや放尿シーンが他のヒロインに比べて多かったです。また、他のヒロイン作品と同様に、全体ルートの「クレハ」のエッチシーンは収録されています。

マゾな「花子」が楽しめるのは、本作品のみです。他のヒロインの作品と違い、終盤になってもシリアスな展開がなく、楽しくほのぼのプレイできる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]