美少女ゲーム > うたまろソフト/ラブチェリー > きゅんきゅん堂~大人のためのお医者さんごっこ

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年01月15日
シナリオ 草乃井コウ
イラスト 杉崇亜緒弥
声優 民安ともえ / ヒマリ / 加乃みるく / 春日アン / 奥山歩
音楽 CHRIS
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

純情可憐な女子学生も、くるくる眼鏡の女子学生も、色気ムンムンの女医さんも、
年頃の娘が居る母親も、身近な隣のアノ娘だってみんな悩みを持っている。
その悩みが人に言えない事であればあるほど、解決するのは困難だが、もし貴方が豊富な経験と神の手を持つ鍼灸師だったら?
問診して悩みを聞きだし、親身になって接すれば「先生診てください!」と向こうから肌もあらわにして相談してくる。
明らかにおかしな状況だというのに本人たちは大真面目。
何に使うか分からない道具たち、妖しい漢方薬、白いシーツが敷かれた診察ベッド……。
そこは施術室という密室のパラダイス!
“うたまろソフト/ラブチェリー”のリアルタイム反応式チン灸治療AVGをたっぷりどっぷり堪能しちゃおう!!

■ストーリー■
良平(主人公)が経営する鍼灸院「きゅんきゅん堂」に客として訪れる白蘭。
自らの一族に一子相伝で伝わる秘術を何故か日本に使う術師が居る事を聞きつけ、
自らの目、身体で確かめる為に彼女は日本に渡航してきた。
相手がどんな素性か知らず通常通り治療を始める良平。最近性関係の調子が悪い事をぽつりと漏らす白蘭。
性の秘術『陰々悶々皇帝波』を使った治療を主人公は白蘭に奨める。受け入れる白蘭。
所詮異国のコピー術式だとタカをくくる白蘭、お手並み拝見という余裕をみせるものの、良平にイかされまくり気を失ってしまう。
やりすぎてしまった事にうろたえる良平を尻目にコレ幸いと取り入り、アシスタントとして働く事を条件に
強引に白蘭は「きゅんきゅん堂」に居座る事に。
良平の技を習得して本国へ持ち帰る、白蘭はそう心に固く誓うのであった。

■登場キャラクター■
●劉白蘭
クーニャンヘアの中国娘。
一族の技は秘伝とされ、代々一子相伝とされてきたがどういうわけか
日本の鍼灸師(主人公)が一族の技を使うらしいという情報を入手し、親に内緒で日本まで渡航して来てしまった。
実はかなりのヤキモチ焼きであるが、主人公の前ではあまりそれを出さないように心がけている(でもバレバレ)。

●久留米ひかり
栗色のロングヘアが落ち着いた印象の清純な美少女。
女子学生で、学業成績は優秀。バージンだが、オナニーでイけない事から
自分が性的に問題があるのではないか、と疑いを持っている。
巷で腕が良いと評判の婦人科に診療を受けに行ったところ、女医は神妙な顔をして
「この分野に関してはアタシより適切な人間がいる」と、「きゅんきゅん堂」を紹介される。

●澤井あやか
メガネッ娘で、ちょっと抜けた性格の童顔キャラ。
成績は中の下、運動神経は悪い。少し思い込みの激しいところがある。
自分が感じやすく、いやらしい身体をもっている事にコンプレックスを抱いているらしい。

●石井由美子
色気ムンムンの女医さん。
知り合いの馴染みで、「陰々悶々皇帝波」を極めんとする主人公に適合したクランケを回してくれる。
それはありがたい事なのだが、クランケの治療が終わった頃、主人公の腕がどれだけの物になったのか見に来る。
絶倫、超絶テク、豊満ボディといった三種の神器のようなドクター・石井は主人公に
とって超えなければならない壁であり、亡き祖父に代わる師匠の様な存在である。

●久留米葵
久留米ひかりの母親。
未亡人で、父親が亡くなってから女手一つでひかりを大事に育ててきた。
愛娘ひかりの様子が最近おかしいので不安を感じている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004322
ファイル名/ファイル容量
VJ004322.zip / 493.31MB
CPU
PentiumIII 800MHz / PentiumIII 1GHz
メモリ
128MB / 512MB
HDD
500MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0003125D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003125D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「きゅんきゅん堂~大人のためのお医者さんごっこ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Tempt to Ecstasy!!

2010年01月21日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

今までに病院や診療所を舞台とした作品は結構プレイしてきましたが、鍼灸院というのはかなり珍しい気がしました。
きゅんきゅん堂を訪ねて来たヒロインに対して【皇帝陰悶】を施し、上手く絶頂に導くのが主体の作品ですが、実際プレイしてみて、正に「いかにして快楽のツボを押えるか」というのが重要となります。
施術回数には制限があり(初回のみ無制限)、その回数の中でヒロインの快楽を引きださなければなりません。ただし、快楽ゲージが満タンになった時点で施術回数が余っていれば、その回数をそのまま次のステップあるいは次回の診察に加算する事が可能です。また、施術開始前の会話イベントにおける選択肢でも、選んだ内容によってボーナスポイントが加算されたり、逆に間違えるとマイナスされたりします。それと、攻略済みのヒロインは、2度目以降のプレイからは施術シーンをスキップさせる事が可能となります。
エッチイベントはノーマルエッチのみならず、ソフトSMやスク水エッチ、半脱ぎエッチなど色々楽しめますが、やっぱり僕的に嬉しいのは、ヒロイン全員にもれなく“おしっこ”が存在した事でした。また、ヒロイン達が全員巨乳という事も何故か嬉しかったりします。ただ“パイズリ”が由美子にしか無かったのが少々残念ではありますが…。
ヒロインの中で気に入ったのはひかりとあやかですが、白蘭・由美子・葵も個性的で、何だか全体的に捨て難いといった印象を受けました。
ヒロイン達が抱える性の悩みを、是非とも【皇帝陰悶】で吹き飛ばしてあげて下さい!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]