美少女ゲーム > Hatena > ヘリオトロープ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Hatenaフォローする
販売日 2009年12月25日
シナリオ 沙月 with 企画屋
イラスト やすゆき / 黒石りんご / あおいうめ
音楽 TremoloVibration / さくち。
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 現代ファンタジーピュアラブADV
その他
ジャンル

作品内容

■■ストーリー■■
世界は大祝福時代と呼ばれていた。
人に神がかった力(神玩)が与えられ、その代償に呪いをかけられるという
謎の現象が世界各地で認識されるようになって、5年。
思春期の若者たちを中心に神玩者と呼ばれる者は、世界中で発見され、各国政府に保護された。

主人公、淵堂ヤシロは、やや引きこもり癖があるネガティブな男子学生。
そういった世界も、関係のない出来事に思い暮らしていた。
しかしある夜、浜辺に赴いたおり、神玩者同士の戦いに巻き込まれ、海へ落ちたときに、
謎の少女から「レーヴァテイン」という剣を与えられ、否応なく戦いに巻き込まれてゆく。

戦いの中で、ヤシロは世界の実態というものを知ることになる。

「神住島」と呼ばれる正体不明の島を巡り敵対する国家の争い。
シラヌイというリーダーを筆頭に、「バナー」と名乗るはぐれ神玩者の集団。
「神住島」に住む、アイリスという神秘的な少女‥‥。

そして——世界最高の神玩を持ち、新日本軍に利用される皇海柚香との出会いが、
ヤシロにとっての新しい世界の始まりだった。柚香は新日本軍に従うが、その前に、
バナーの少女で、幼馴染でもある射手三葉が、宿命のように立ちはだかる。

柚香と三葉、そしてヤシロ。
神に祝福された世界はどうなっていくのか‥‥そして少女たちの絆は——。

■■登場キャラクター■■
◆淵堂ヤシロ(えんどう やしろ)
姫島学園2年生
とある理由から、無気力かつ自堕落な生活を送る学生。
学校もサボりぎみ。
柚香と三葉とは幼馴染で、柚香は小さい頃に引っ越してそれっきりだったが、
ヤシロの学園に転入してきて再会をはたす。
何者かの戦闘に巻き込まれ、見知らぬ美少女に「レーヴァテイン」を
渡されてから、大きく歯車が動き出す。
兄妹は妹が一人。ただし、両親と共に謎の失踪中。

◆皇海柚香(すかい ゆずか)
姫島学園2年生
皇海家は代々国政と国防に携わってきた名家。
父は「内務大臣」、兄妹も「大臣秘書」「研究者」「軍事関係者」など
国政に多数の人間が食い込んでいる家系。
兄・冬希の導きにより、最強の神玩者「ルドラ」として『特玩』に所属。
以降盲目的に兄に従い、国の為に戦うことになる。
クールな性格、丁寧語ながらも何処か威圧的な口調が特徴的。だが、非常に脆い一面も持ち合わせている。
しかし、意外にもチョコ大好きといった女の子らしい一面も持っている。

◆射手三葉(いで みつば)
姫島学園2年生
主人公の幼馴染。世話焼き&強気なムードメーカー。
行動力が抜群で、いつも主人公をふりまわしている。感情的でやきもち焼き。
ごく平凡な学生だが、神玩者である柚香に対しても物怖じせずに接している。
嘘吐きで、いつも何かしら冗談や嘘を言っている。
→疑問-嘘吐きな女の子というと萌えないような……。
実はゲリラ組織「バナー」のメンバーなのだが、周りの人間にはもちろん、ヤシロや
柚香にまで神玩者であることを秘密にしている。

◆アイリス・ラーゲルゲーヴ
日本領海に突如として現れた島「神住島」で出会った少女。
幻想的で儚い雰囲気を持っているが、実は好奇心旺盛で、気まぐれ。
意外に我侭な女の子。猫のような性格をしている。
とにかく謎が多く、良く言えば世間知らずな、悪く言えば現代人とは思えないところがある。
家族構成は、義理の兄のイリズのみ。

◆イリズ
アイリスの義兄。
傍若無人な性格をしており、他者と馴れ合うことを嫌う。
唯一、アイリスにのみ心を許しているが、狂気めいた破滅型思考の持ち主。

◆シュラヴ・L・エリオット
EU連合特殊部隊-部隊長の軍人。
非の打ち所がないほどの美形。
軍人のためか非常にプライドが高く融通が利かない頑固な性格。
世界最強の神玩者・柚香を倒すため、EU連合から日本に派遣。
表向きは学生として、主人公ヤシロたちの通う学園に転入してくる。
極度にネガティブな主人公のヤシロとは気が合わず、衝突することも多い。

◆フェンネル・エクセルシア
EU連合に所属する、神玩者生体研究機関専門の眼鏡博士。
ひとを食ったような態度をとることが多く、考えがさっぱり読めない性格。
だが、幼馴染のシュラヴに対してだけはやけに従順で執着した様子を見せる。
シュラブにくっついて日本にやってきた。

◆深堀千秋(ふかほり ちあき)
姫島学園1年生
やや一匹狼的な存在。
物分りのいい大人びたふりをしているが、子どもっぽい性格が目立つ。
外見的に男とも女ともつかない顔、体型をしている。黙っていれば可愛いのに
口を開くと乱暴な言葉が出る。罵詈雑言が飛び出すこともしばしば。
バナーに所属する神玩者のひとり。リーダー「シラヌイ」を信用している。

◆皇海冬希(すかい ふゆき)
皇海家は代々国政と国防に携わってきた名家。
その中でも冬希はスバ抜けた才能を持ちつつも、兄弟間に蔓延する後継者争いを
回避する為に権力とは一線をひいた『現場』を仕事に選んだ為、兄弟間では野心を
放棄したと思われている。が、実は相当な野心家。
あらゆるコネを使って自衛軍の中に『特玩』を設立し、その司令官として収まり神玩者の研究を続ける。

◆クマモト
人語を理解し、空中での行動が可能な謎のイトマキヒトデ。
詳細は不明。
何故か熊本弁で喋るため、ヤシロによって適当にこの名前が付けられた。
性格は極めて明るくとてつもなく馬鹿。ヤシロの部屋に寄生しているが、何気に
雰囲気を明るくしてくれるため、調和のとれたコンビとなっていく‥‥?
人間の食べ物、特にジャンクフード大好きー。うまー。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004287
ファイル名/ファイル容量
総計 3.04GB
VJ004287.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004287.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004287.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004287.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004287.part5.rar / 66.05MB (69258323Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB / 512MB以上
HDD
4GB以上
VIDEO
DirectX 9.0以降に対応しているVGA
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以降
ソフ倫受理番号
受理番号0003376D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003376D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヘリオトロープ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!いつか刹那の希望へ

2010年02月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

作り込まれた世界観と綺麗なグラフィック、雰囲気に合った曲が魅力の現代ファンタジー。特にOP曲は最高の出来だと思います。
中身は色々ありますが、ジャンル的には正統派の異能力バトルもの+純愛と言ってしまって問題はないと思います。
設定好きの私のようなタイプは、神玩やサクリファイスなどの設定テキストを読んでいるだけでテンションが急上昇。
ただ、主人公のヘタレ臭がところどころ我慢ならないほど強く、いい加減にしろやてめえ、などとつぶやいてしまいました。
…いや、主人公がそういう性格なのは、設定上仕方のない事なんですけどね。克服してからは良い男になってくれます。
また、方向性に個人の好き嫌いはあれど、ヒロインやサブキャラは一本芯の通った人ばかりです。
特にイリズとシュラヴは私の中で輝きまくってました。まあ、だから余計に主人公のヘタレさが際立つのかもしれませんが。
あと、戦闘はほとんど効果音と画面効果任せで、文章での描写はほぼありません。この辺は、ライターさんの問題かな?
ヒロイン三ルートをクリアすればGrand Finaleが出現し、作品最後の締めとなります。
設定好き、異能力バトル好きの人ならば特におすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]