美少女ゲーム > こっとんど~る > 戦乙女ヴァルキリー2 【第2巻】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年12月25日
シナリオ 佐和山進一郎
イラスト 辰美(キャラデザ)
その他原作:戦乙女ヴァルキリー2 (ルネ)
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

「度重なる調教…屈服させる快感」

手枷、足枷に首輪をつけられた残月の戦乙女・アリーヤ。
調教部屋で遭遇したのは、そこにいるはずの無い大神オーディンの愛娘、穢れ無きヴァルキリー・ヒルデガード。
アリーヤを想うあまり、身代わりになろうとしたヒルデガードは囚われ、「ヤドリギの種」を植えられてしまう。
再会も空しく、姉の様に慕っていたアリーヤを「ヤドリギの種」により生えた肉棒で犯してしまうヒルデガード。
「でも…腰が止まらない…お姉さまに射精したくてたまら…ないんです」

一方、身も心も堕ちてしまったブラックヴァルキリー・レイア。
暗黒騎士団長・デュークのチ○コのことしか考えられなくなった彼女はデュークのチ○コを胸で扱いている。
完全に暗黒面に堕ちたレイアは犯され、突き上げられるたびに半狂乱になり背筋を仰け反らせ悦楽な表情を浮かべる。

月が陰る新月…月に一度の『蝕の日』に残月の女神としての力が弱まったアリーヤは、
人間の女性で言うところの排卵日(危険日)に抵抗空しく調教を施された後、いよいよデュークに種付けされてしまう…。
「ぬ、抜いてぇっ…今日だけはっ…今日だけは駄目なのぉっ…!!」

戦乙女の子宮に宿りし、汚れた魔物の子種…
征服された三人の女神達の運命は…!?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004254
ファイル名/ファイル容量
VJ004254.zip / 1.02GB (1097210048Byte)
CPU
PentiumII 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分
ソフ倫受理番号
受理番号0003287D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003287D)

戦乙女ヴァルキリー2 【第2巻】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「戦乙女ヴァルキリー2 【第2巻】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

アニメ(2) ファンタジー(2) ふたなり(2) 戦士(2)

腹ボテになるまで犯される

2013年05月14日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

戦乙女が凌辱調教されて孕まされ、孕んでからも凌辱され続けていく作品です!
美しきヒロインたちが精液にまみれ、喘いでいく姿はとてもエロくて興奮します!
凌辱調教・孕ませ・ふたなりが好きな人はぜひ購入してみましょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

戦乙女ヴァルキリー2ダイジェスト版・後半

2011年04月08日  

このレビューは参考になった×0人

後半は大地の戦女神・ヒルデガード登場からです。
30分の時間内に全てを詰め込もうとしているためか、あるいはゲーム既プレイ前提なのか、かなりストーリーをはしょっていますが、ヒルデガードは初めから捕えられた状態で、そこに至る経緯もデュークたちの口から語られるだけです。
そのため、あまりにも唐突な感じがします。
やはり前後篇2本で収めるのはきつく、全体で30分の作品4〜5本くらいは欲しかったところです。
しかし、凌辱シーンは秀逸で、ふたなり化させての戦乙女同士のからみが多いです。
また、「蝕」の日を迎え受胎の恐怖に震えるアリーヤに、中出しを逃れるために非常識なほど巨大な浣腸を注入し、耐えさせるシーンが良かったです。
堪え切れるはずもなく無様に排泄してしまったアリーヤに、無理やり中出しして孕ませてしまう鬼畜ぶりもなかなかです。
最後には、すっかりボテ腹となったアリーヤとレイアが、未だ妊娠を免れているらしいヒルデガードともども輪姦に掛けられるシーンまで控えています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]