美少女ゲーム > ローズティアラ > 完熟姉妹淫辱痴漢電車 ~囚われた美人姉妹~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
ごく普通に平凡に過ごしているように見える、主人公【板橋実】には、実は裏の顔があった。
それは、通学電車内での痴漢常習。
実は、ひょんなことから電車内での痴漢に目覚めてしまい、
それ以来、電車内の痴漢行為にはまっていたのだ。

そんなある日実は前々から目を付けていた“匂い立つような色気のある妙齢の女性”に
ターゲットを絞るとその隙を突き、無事痴漢行為を働くことに成功する。
痴漢を成功に気を良くしつつ、学園で過ごしていると、なんと今朝その肉体を
楽しませてもらった女性を偶然にも見かける。調べてみると実が通う学園の事務員だった事が判明。
しかも、つい最近転校して来た実のクラスメイト【霧原満里奈】の母と言う事も……。

実は、この状況に感謝し、更に【霧原文香】を落として行く事を計画する。。
しかし、翌日からは、どういうことか、保険医の先生【緑川葉月】が霧原文香と出勤するようになってしまう。
二人が一緒では、痴漢で楽しむことが出来ないと指をくわえてみているだけの
日々が続くのを不自然に思い、二人の関係を調べていくと、実は姉妹だという事が判明。

そこで実は、二人とも毒牙にかけて姉妹で落とす事を計画。
実は、先ずは文香の防壁となる保険医葉月を落とすことからはじめるのだった………。

◆登場キャラクター
●緑川葉月【みどりかわ はづき】
はっきりとモノをいう、強気系。プライドが高く、面倒見も良い姐御肌。文香の姉。
いまだ独身を通していて、男性嫌いの気があり、実は……

●霧原文香【きりはら ふみか】
温厚。少し引っ込み思案だが、芯が強いところもある。夫を亡くした未亡人。
暫く性的なモノから離れていたため、久々の感触に翻弄されていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004240
ファイル名/ファイル容量
VJ004240.zip / 467.56MB (490268725Byte)
CPU
PentiumII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
HDD
500MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002768D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002768D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「完熟姉妹淫辱痴漢電車 ~囚われた美人姉妹~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

男嫌いの強気な性格の分エロさが・・・

2012年07月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

熟女姉妹を痴漢で攻略するというのも珍しいパターン。
最初は一人ずつ攻略していくつもりが、まとめて2人同時に
堕していこうというのも、
実にエロゲーの主人公らしくて良かったですね。
緑川葉月の方が、男嫌いの強気な性格の分、
痴漢されている時のリアクションは興奮モノでした。
熟女、姉妹攻略、痴漢の全てが好きな方には絶対にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]