美少女ゲーム > Erogos > らぶフェチ フ●ラチオ編

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Erogosフォローする
販売日 2010年04月16日
シナリオ 火々野未完 / 若林浩太郎 / 白里哀
イラスト 彩珠子(キャラデザ)
声優 岩泉まい / 逢川奈々
その他 みうら(演出)
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

美久の魅惑的な唇は、公志をとらえて放さなかった。
なかなか親しくできない彼女に対し、
大きくアプローチをかけることにした。

——だが、どうやって?

あの唇に、自身の逸物を銜えさせるには……。
最後の牙城、とも言うべき美久を相手取り、
公志は落とすための手段を探し始める。
あのベロで舐めあげてもらうには……
よだれをすすり音を立てながら吸い上げてもらうには……。

一方、あゆむは何をしようと慕ってくるのだった。
警戒心が強くなかなか心を開かない美久とは対照的だが、
そんなあゆむを見るに付け、公志は一つの策を思いついた。
あゆむをクッションにすれば、もっと近づけるのではないか……。
公志はいよいよ最後の牙城を落とすべく、
行動に移っていくのであった。

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
●榊原あゆむ
おっとりしすぎている親を見ているせいか、せめて自分がしっかりしなければと日々をけなげにがんばる女の子。
誰にでも優しく、聖女的な一面も持ち合わせているが、やっぱり親譲りの側面はぬぐえないようで……。

●檻都美久
クラスメイトのお嬢様。
もっとも、自分がお嬢様として扱われることや、特別扱いをされてしまうことに不満を感じているようだ。
そんな自分を変えていきたい、と思っているようだが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004238
ファイル名/ファイル容量
VJ004238.zip / 1.24GB
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumII 400MHz以上
メモリ
64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0003017D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003017D)

らぶフェチ フ●ラチオ編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「らぶフェチ フ●ラチオ編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ちゅぱちゅぱ編

2011年01月07日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

コマアニメが美しい「らぶフェチ」シリーズの、今度はちゅぱちゅぱ編。ゲームで、
フィニッシュなんかへのアニメの切り替わりがシームレスなのは、やはりすばらしい。
今回の主人公はわりと女の子にひどいことをするので、ちょっと注意しておいたほうがいいかも。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

フェチズム

2010年06月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

アニメーション作品好きにはたまらないとは思います。
テーマが「フェチ」なので主人公に愛情といったものは無く、また、フ●ラチオがメインというわけでなく、
フ●ラチオのフェチ作品になります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]