美少女ゲーム > ルネ > 戦乙女ヴァルキリー

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

本作では、『正義のために戦うヒロイン』であるヴァルキリーを主人公が自由に陵辱できるところが最大のポイントです!
神の使いとして甲冑に身を包んだ女神を捕獲し、恥じらいながらも民を守るため主人公のいやらしい命令に従う誇り高き
ヴァルキリーを思いのままに陵辱調教することが可能です!!

■■■ストーリー■■■
神々と人間に住む場所を奪われ地底奥深くに追いやられた悪魔達は、
何百年もの間『ミッドガルド(地名)』を巡り、戦いを繰り返して来ました。
しかし、度重なるその戦も人間に加勢する戦乙女ヴァルキリーを中心とした神の軍によって阻まれてきました。
そんな状況を見かねた魔王は、真っ向からの戦いを止め天界でも絶対的な信頼と
その中枢を担う女神フレイアを捕らえ、秘密裏に洗脳を施し天界内部からの侵略を計ります。
フレイアを利用して、ヴァルキリーの力の源である黄金の指輪を奪うことに成功した魔王は、主人公である
魔王軍暗黒騎士団長デュークにヴァルキリー討伐を任せます。
デュークはヴァルキリーを捕らえその処遇を任せられると、神と人間への見せしめとして、
人間共の希望であるヴァルキリーをあらゆる手段を使って貶め洗脳(エッチな調教)しはじめます。
日中問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、ヴァルキリーの心は次第に快楽の淵へと堕とされていきます。

■■■登場キャラクター■■■
◆デューク
冷静沈着。人間と魔族のハーフと言うこともあり昔から迫害されてきたため、よく皮肉めいたことを言います。
目は鋭く氷のように冷たい感じがします。髪の毛は差ほど長くありませんが、前髪によって常に目が隠れています。
髪の毛は真っ黒です。体格は一般人よりは良く、ほどほどに筋肉がついています。
普段は軽装備だが、戦場では漆黒のフルメイル(全身鎧)を装備しています。
悪魔に魂を売った人間とハーフだけで結成された、魔王軍黒騎士の団長です。
剣の腕前は凄まじく、剣技においては魔王軍に並ぶ者はいません。
人間と悪魔の混血ということもあり強力な魔法も使えますが、主人公は自分の中に流れている悪魔の血が
好きではないので、魔法を使うことは滅多にありません。
人間と悪魔のハーフで、不浄な血が混じっているため他の悪魔からは嫌われています。
主人公は戦において『男は殺せ女は犯せ』を信条としていますが、子供の命は奪いません。
その事が悪魔達に反感を与えています。

◆ヴァルキリー
人当たりが良く温厚で誰とでもすぐにうち解けます。性格も非常によいです。しかし、ひとたび戦場に出ると
容赦なく人間を害する悪を打ちのめします。
人々を守るためなら何でもするという信念があります。また、この信念を通すためならどんなことでもします。
柔らかな金色の髪に、軽装の鎧に兜や円盾で身を固めています。とても美人ですが、瞳はキリリとしており
少しキツイ感じがします。
胸が大きく肉付きも良いため非常に色っぽい感じがしますが、その中にも清楚さを残しています。
ヴァルキリーは大神の命令で人間を守っていますが、自身も人々を助けるのが自分に
課せられた生涯の勤めだと信じています。
人々にはヴァルキリー様、戦争乙女、盾の乙女(スカルメール)などとも呼ばれています。
いつも慎ましく清楚で優しいフレイアに、尊敬し憧れの念を抱いています。
ヴァルキリーが本来の力を発揮するには、神々の力を封じ込めた黄金の指輪が必要です。

◆フレイア
知的で非常に頭が切れ躾に厳しいお姉さんです。
基本的には物静かですが、悪いことは誰であろうと注意をします。
フレイアの厳しさの裏には常に優しさがあります。しかし、調教されてしまったフレイアは、
快楽を得るためにその知識や才能を使います。
特にエッチシーンでは、自身を蔑み豹変したようにエッチに没頭します。
少しウェーブの掛かった、さらさらした紫色の長い髪の毛をいつも揺らしています。
非常に美形ですが、目は少し垂れ目で長く、常に誘惑するような瞳をしています。
全体的にとても色っぽく、胸やお尻も非常に大きいです。
マーメイドタイプの白いドレスのような服を着ています。
ヴァルキリーを含む、天空の戦士達を統率していた軍師ですが、
魔王に調教されてしまい、現在は主人公の 肉奴隷兼秘書として生活を送っています。
ヴァルキリーのお姉さん的存在ですが、調教後のフレイアはヴァルキリーにも自分と同じような快楽を
早く味わってもらいたいと思っています。

◆スクルド
基本的には気が強く意地っ張りの元気っ娘です。
しかし、ヴァルキリーやフレイア等、気を許した相手には素直でよい子です。
男が嫌いですが、それよりも悪魔自体が大嫌いです。
絶対正義の精神を持っているため、悪魔を根絶やしにしようと思っています。
目は少しつり目ですが、まだあどけなさの残る可愛らしい顔をしています。
いつも可愛らしいヴァルキリー似の鎧を着用しています。また、髪型も可愛らしいもので、髪の毛はピンク色です。
胸もお尻も小さくまだ幼く未発達で、全体的にロリロリしています。
ヴァルキリーに憧れている少女で、自分もいつかはヴァルキリーのようになりたいと思っています。
今は見習いの女神です。スクルドは男と悪魔が大嫌いで、ヴァルキリーのことを心の底から愛しています。

◆フェンリル
気が強く高慢ですが、それは寂しさや自身の弱さを隠すために虚勢を張っているだけです。
気高いので心を許した相手でも素直になることが出来ません。
目は細くつり目なため、かなり気の強い感じがします。髪型は長髪で紫色です。
胸が大きく肉付きも良いため非常に色っぽい感じがします。
魔法と剣を同時に支える完全な魔族のみで構成された『魔法騎士団』の団長です。
地位は主人公と同じですが『エリート集団のトップ』で、さらに由緒ある血統なため、
魔界内においては比較にならないほどの身分差があります。
完全な魔族であるフェンリルは、人間の血が流れている主人公のことをいつも小馬鹿にしています。
魔王が任命した主人公のお目付役で、常に主人公を監視しています。
見た目よりも貞操観念が強く、一度主人公とエッチするとヴァルキリーにかなり強い嫉妬を抱いたりします。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004211
ファイル名/ファイル容量
VJ004211.zip / 1.25GB (1342055216Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 600MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB 以上
HDD
1.4GB
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003191D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003191D)

戦乙女ヴァルキリーの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「戦乙女ヴァルキリー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

姫陵辱ゲー

2017年04月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

古めの作品ですが今でも通用する絵と声でした。
主人公の姫を調教・陵辱していく話です。
他のキャラもいるのでシーン数は多いです。
快楽に落ちた時や落ちた後などが独特でかなり使える作品だと思いました。
逝き過ぎな要素があるのでこういうのが好きな人にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

王道の凌辱ゲー

2015年06月07日  

このレビューは参考になった×0人

捕えて、犯して、調教する。王道の凌辱ゲーです。
個性あふれる三人の女神にやりたい放題。
発売してからそれなりの時間が経過していますが、古い作品とは思えないほど絵も綺麗で、良作です。続編が出るのも頷ける……。

ただ一つ残念だったのは、女神の一人、フレイアが既に調教済みだったこと。
見るからに清楚で、貞淑なフレイアがどんな過程で堕ちていったのか、非常に興味深いのですが。
外伝とかで出たら、絶対購入すると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ファンタジー抜きゲーの代表作のひとつ

2013年12月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

発売後も続編やアニメなどが発売されたが、原作であるこの作品も昔の作品でありながら今でも通用するぐらいエロく感じた。

調教もバリエーションがあり、レベル別の調教シーンや公開調教などのシーンもあるのが良かった。

フェンリルルートでは意外な展開もあり。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!エロス!

2010年06月08日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

これはエロい!!

まず体がエロい!!肉の描写がいい!!

液体がエロい!!よだれや、涙がエロい!!

キャラがエロい!!基本的に私は調教完了キャラは好きではないのですが
このフレイア様は別格ですね!!エロい!!
もっとシーン増やして!!というか、フレイア様メインで!!
でも、ツンデレのフェンリルも最高だ!!
と、いうか1回だけのキャラとかも含めて全員エロい!!

あと、ストーリーもけっこう面白いですね。
ゲーム的にも色々EDがあって長く楽しめます。

トップクラスにオススメの作品!!
とりあえずHなのが欲しいなら、これを買えばいいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ルネ不世出の傑作

2010年03月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品の偉い所は、凡百の調教ものがヒロインを落とした時点で終わる所を、
落としきってメロメロになった後も調教を続けられるという点にある。
これによって、ヒロインのキャラクターにより強い思い入れを寄せることが出来るようになった。

一応、戦うヒロインものという体裁はとってあるが、冒頭いきなりベッドに押し倒したヒロインに
挿入するシーンから始まることからもわかる通り、完全に抜き目的に徹した作りになっている。
その潔さが素晴らしい。

調教メニューは豊富で、精液の書き分けなどもエロくてよい。値段以上の価値がある傑作。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!「望まぬ妊娠」 「快楽堕ち → 受胎懇願して妊娠」などw

2010年03月04日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

メインヒロインはヴァルキリー。ヴァルキリーが主人公の手で捕獲されたときには、フレイヤは完全に快楽堕ちしており、従順な性奴隷として主人公に仕えています。

 ヴァルキリーは最初、主人公に対して憎悪・敵意・嫌悪の感情しか持っていません。こんなヴァルキリーを調教し、性奴隷として屈服させていく楽しみ(心を支配する楽しみ)と、孕ませ・妊娠させる楽しみ(肉体・子宮を支配する楽しみ)の2本建てで楽しめるゲームです。
 ヴァルキリーの調教は朝・夜とそれぞれに行うことができ、夜の(ベッドの上での)調教・性開発は5段階に分けて進行します。主人公とのSEX自体を嫌悪し、膣内射精される時には妊娠の危険性に怯えて主人公を罵倒する段階 → 主人公とのSEXで快楽を感じてしまうものの、膣内射精される時になって妊娠の危険に怯え、抵抗する段階 → 淫らな笑顔で主人公を迎え、嬉々として奉仕し、受胎懇願・妊娠請いする段階へと進行しますw
 膣内射精を繰り返して、運任せで妊娠させるだけでなく『強制妊娠薬』を投与した上で膣内射精し、100%確実に妊娠させることも可能。

 サブヒロインのスクルド調教において面白かったのが、「意志に反して、口だけ淫らに主人公を誘う魔法」をかけた状態でのSEX。スクルドの口からは妊娠懇願・受胎請いのセリフがばんばん飛び出て、一方、心の声(音声あり)では、妊娠の恐怖に怯えるセリフがばんばん出ます。
 ヴァルキリー・スクルド・フレイヤの孕ませのボテ腹SEXを楽しませてくれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]