美少女ゲーム > ニトロプラス > 斬魔大聖デモンベイン Nitro The Best! Vol.3 DL版

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年11月27日
シナリオ 鋼屋ジン
イラスト Niθ
声優 ヘルシー太郎 / 朝宮咲 / 赤白杏奈 / 本山美奈 / 氷河流 / Prof.紫龍
音楽 ZIZZ STUDIO
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 荒唐無稽スーパーロボット ADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

———汝、魔を断つ 剣となれ

仕事もなくその日暮らしを続ける三流探偵・大十字九郎。そんな彼の元にひとつの依頼が転がり込んだ。
その依頼内容とは“力のある魔導書を探す事”であった。

調査を開始する九郎。しかしその過程で、彼は最悪の犯罪組織ブラックロッジに
追われる少女アルと出会い、成り行きで彼女と共に追われる身となってしまう。

迫る追っ手。立ち塞がるブラックロッジの狂科学者ドクター・ウェストの破壊ロボ。
逃亡の果て、二人は街の地下に眠る巨大ロボット「デモンベイン」と出会う。
九郎はデモンベインに乗り込み、破壊ロボと戦う決意をした。

デモンベイン。謎の少女アル。二つの出会いが三流探偵大十字九郎の運命を変えてゆく——。

■■登場キャラクター■■
▼大十字 九郎
「──九郎! 大十字九郎だ!魔術師でもなければ、正義のヒーローでもないぞ!」
本作の主人公。繁盛しない探偵業で食うや食わずの生活を送る青年。アルに気に入られたせいで
想像を絶する戦いの渦中に投げ込まれる。実は魔術の素養も持っているのだが、本人は訳あって魔術そのものを忌避している。

▼アル・アジフ
「そうか。ならば大十字九郎。妾は汝と契約する」
ひょんなことから九郎のパートナーになる謎の少女。その正体は「死霊秘法(ネクロノミコン)」の原書である
最強の魔導書「アル・アジフ」の化身。その力を利用しようとする魔術結社ブラックロッジに追われていた最中、九郎と出会う。
九郎の潜在的な魔力を見抜き、彼を主(あるじ)とする契約を結び、ブラックロッジとの戦闘へと誘う。
可憐な容姿とは裏腹に性格は尊大かつ傲岸不遜。そんなギャップが事あるごとにトラブルの種になる。

▼覇道 瑠璃
「そう。貴方にこそ相応しい仕事です。大十字九郎さん」
街の庇護者にして影の支配者、覇道財閥の総帥を務める少女。財閥の創始者である祖父から直々に帝王学を仕込まれた
才色兼備の令嬢。絶大な権力とそれに伴う責務の重さは、うら若い乙女をして鉄の女を装わせしめる。

▼ライカ
「九郎ちゃーん、早まっちゃ駄目ー。神様が悲しんでおられますよー」
街の片隅の教会で孤児院を営むシスター。もっか探偵稼業が開店休業中の九郎の生活保護も引き受けてくれる一方で、
なかなか生活力を身につけようとしない九郎には事あるごとに耳の痛い説教を繰り返す、あらゆる意味で面倒見の良い女性。

▼ナイア
「長いこと本屋をやっているとね。分かるのさ。求めるものが普通と違う客のことがね」
九郎の捜査に協力する古本屋の女主人。妖艶な雰囲気と蠱惑的な体躯の持ち主だが、
その秘められた知識の深さは何者にも見透かせない何かがある。

▼エルザ
「緊急事態発生。現武装での戦闘続行は不可能」
ブラックロッジとの事件のさなか、九郎の前に現れる少女。機械じみた冷静な判断力であらゆる兵器を使いこなす。

▼メタトロン
「正義を騙るつもりはない」
ブラックロッジの野望の前に立ちはだかる仮面のヒーロー。人々の信頼と羨望を集める身でありながら、その正体はすべてが謎に包まれている。

▼ウィンフィールド
「ならばこそ、デモンベインを信じて下さい」
瑠璃の執事を務める。覇道家の使用人筆頭。

▼チアキ、マコト、ソーニャ
瑠璃に付き従う覇道家のメイドたち。瑠璃の身の回りの世話を担うほか、有事の際には彼女のオペレーションスタッフの一員として活躍する。

▼ジョージ、アリスン、コリン
ライカの営む孤児院の子供達。ジョージとコリンは九郎が教会にたかりに来るたびにいたずらを仕掛ける悪がきコンビ。
アリスンはそんな男の子達の行為に、おろおろとしてしまうおとなしい女の子。

▼ネス、ストーン
覇道財閥の支援を受ける治安警察の一員。破壊活動から街を守るため、ブラックロッジの巨大ロボに果敢に立ち向かうが、
その主兵装は対人用であるのでまったく歯が立たない。悲しきやられキャラ。

【ブラックロッジ】
▼マスターテリオン
「さあ、踊ろうではないか。あの忌まわしきフルートが奏でる、狂った輪舞曲の調べに乗って」
魔術結社ブラックロッジの王。麗しい美貌の影に絶大な魔力を秘めた正真正銘の魔人。
その気怠げな眼差しに愉悦の色を灯すためだけに、信徒たちはありとあらゆる邪悪と暴虐を繰り返す。

▼エセルドレーダ
「正も死も、聖なるマスターの思うがままに……」
マスターテリオンに影のごとく付き従う謎の少女。彼に対し、狂信とも呼ぶべき絶対の忠誠を誓っている。

▼アウグストゥス
「星々は着実に、邪悪な位置に納まろうとしている──」
マスターテリオンの側近でありブラックロッジの幹部。更なる地位の高みを目指して飽くなき野心を抱く狡猾な策士。

▼サンダルフォン
「さあ……付き合ってもらうぞ、メタトロン」
ブラックロッジが擁する改造人間。メタトロンを宿敵として格別に意識し、決着のときを待ち望んでいる。過去に何らかの因縁があるらしい。

▼ドクター・ウェスト
「我輩の破壊ロボ最強伝説をしかと胸に刻み込み、冥土の土産とするが良いのである!」
ブラックロッジが擁するマッドサイエンティスト。奇妙奇天烈な発明品の数々で街に大騒動を巻き起こす。
余人の理解の遠く及ばない独自の美学を持ち、それに殉じる姿勢は善悪を通り越してもはや酔狂の域に達している。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004186
ファイル名/ファイル容量
VJ004186.zip / 1.26GB (1354827704Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / Pentium4以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
HDD
1.5GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「斬魔大聖デモンベイン Nitro The Best! Vol.3 DL版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!俺を泣かした唯一のエロゲ。

2009年11月28日  

このレビューは参考になった×19人

ここ数年、クトゥルー神話を紹介する際、なぜか、ありとあらゆる一般向け作品を押しのけて必ずと言っていいほど紹介される程の傑作。
キャラ萌とかツンデレとか、そこかしこに挿入されるパロディとか、確かに秀逸だけど語り尽くされたその手の感想は皆様見ていると思うのでいまさら自分が語っても意味無いでしょう。

泣けるという要素についてだが、それは決して「かわいそう」だからではない。

両親を殺された少女に祖父が語る言葉に衝撃が走った。
弱気になった九郎にアルが投げつけた言葉にふるえが走った。

中盤において、なんてご都合主義な……そう思いつつも泣いた。

決戦でのまさかのカミングアウトに喝采をあげた。

エンディングでやはり邪神は滅びない、どうがんばったところでこの宇宙なんてそんなものでしかない……
そのはずだったのに、ありえないはずの——の姿に泣いた。

この話は人間賛歌なのです。
所詮、世界は邪悪に満ちていると知っていても、それらと戦う「正義の味方」達の。

どこか、そうした特撮テイストなものがなかなか濃いので、特撮好きにはトクにお勧めします。

なお、PS2に移植されたものもありますが、フルボイス化などの一方、操作性が改悪されており、またエロや残虐描写以外にも妙な修正が入ってお色気関連のギャグやクライマックスのカミングアウトが差し替えられているため、こちらをおすすめします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

我等は魔を断つ剣を取る‼

2017年03月31日  

このレビューは参考になった×0人

かなり古い作品でしたが、以前から気になっていた作品なので思い切って購入しました
昨今ではほとんど見ることのないパートボイスになっているので今プレイすると気になる方もいらっしゃると思います
内容としてはとにかく熱い作品でした
たまに挿入されるムービーなどおもわず一緒に叫びたくなりましたね
燃える作品をプレイしたい方にはオススメです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!エロくないエロゲ

2016年11月04日  

このレビューは参考になった×0人

スパ○ボで本作をしって購入。たくさんの方がレビューや感想、考察なんかをネットに上げているので作品の内容についてはあまり書きません。ロボット、特撮を好む人種なら買いです。機神飛翔をwin10対応して出してほしいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!有名作品なのでやったところ

2015年05月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

有名作品なのでふとやってみようと思い立ちダウンロード。

まだ途中までしかやっていないが、これは有名になってしかるべきだと思わざるを得ない作品だった。

良い点
・ボリュームが膨大
・途中に入るアニメーションはともかく、CG映像に関しては今見てもとんでもない迫力のハイクオリティで熱い
・エロには期待していなかったが、少年誌や青年誌レベルのエロ表現がそういうのが好きな人には普通に実用的なレベル。
・この値段設定は安い。

悪い点
・エロシーンが割と実用的だが非常に少ない、本当に少ない。おまけに大半のエロシーンへの入り方が急すぎて売るために無理やりいれたんだろうな、というのが分かって本筋が冷めたりした。
・途中に入るアニメーションがあるのだが、線画の方はさすがに昔のアニメという感じでクオリティは低め。そうはいっても80年代アニメ程度のクオリティはある。
・他には特になし。

総評として、エロシーンの無理やり入れました感以外で悪いと思った点なんて無理やりあげないと思いつかないレベルの出来。
昔の名作ロボットアニメがまんまADVになったようなクオリティ、買って損なし。
普段純粋なADV形式のエロゲーは全く興味のない私でもどハマりした作品、ボリュームが多いのでまだクリアできていないが、さすがニトロというべきか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!さずがのニトロプラス

2012年08月23日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

言わずと知れたニトロプラスの名作です。
魔法、機械、科学が織り成す独特な世界観がプレイしててすごく良かったです。
また、各章にわたる熱い話しの展開や伏線が色々と用意されていて最後まで飽きのこないゲームになっています。

まだ、プレイしてない方はぜひおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

面白いが…

2012年02月10日  

このレビューは参考になった×1人

作品の面白さはもう言うまでもないでしょう。
古い作品で、文章も分かりずらかったり回りくどかったりもしますが、
単純に燃えられる作品。
ご都合主義な展開でも、むしろこれで何が悪いの?
という感じです。

ただ全ルート細かい部分では違ってきますが、大筋で同じ展開になるのはどうかと思います。
設定上仕方ないとはいえ、このあたりはプレイ意欲を削ぐ結果となりました。
おまけに個別ルートに入ってからも長いんですよね。
既読スキップが使える箇所も少ないですがあるので短縮できなくはないですが。

このゲーム、時間のない人はアルルートだけプレイするというのもありだと思います。
これだけの一本道のゲームだとしても十分通用する出来ですからね。
しかし、他のルートもそこでしかはっきりと示されない事実もあるし、
時間があるなら最後までプレイすべきでしょう。

不満は書きましたが、名作と言われるだけのことはありました。
エロを重視しないなら、プレイして損はないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]