美少女ゲーム > colors > 魔法少女アイ2plus

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

魔法少女アイ2も徹底プラス!!

新規シナリオの追加!
既存のシーンへの書き下ろしCGの追加や、
アフターエピソードの追加など、一度プレイした方も必見の内容!
もちろんフルボイス新規撮りおろし!

最新のシステムに一新!
最新のシステムにより、
音声リピート機能、バックログ音声再生機能など、
快適な環境でお楽しみいただけます!

高音質ボイス!
キャラクターボイスを高音質で収録!
豪華声優陣の熱演を高音質でお聴き下さい!

◆ストーリー
あの事件から数年。浪人生の秋俊は、都会に出てきて予備校通いをしていた。
何か大事なことを忘れてしまったような気がしていて、モヤモヤとした毎日を送っている。
そのため成績も今ひとつ。
そんなある日、秋俊は予備校からの帰り道で化け物と戦う奇妙な格好をした少女を目撃する。
その光景にデジャヴを感じ、立ちつくす秋俊。
そうこうするうちに化け物を倒した少女は、秋俊が居ることに気付いて驚いた。
戦いに際し、人間が入って来れないよう周囲に結界を張っていたからだ。
さらには記憶操作の魔法も効かない秋俊に対して、少女「リン」のとった行動は意外なものだった。
秋俊と同居するというのだ。
こうして、秋俊とリンの奇妙な共同生活が始まった——。

◆登場キャラクター
■岡島秋俊(おかじま あきとし)
前作からの主人公。
現在二浪の身。都会に出てきてアパート暮らし。前作ラストで消された記憶は戻っていない。
しかし心に何か引っ掛かるようなモヤモヤしたものがあり、何をやるにも身が入らない。
大学へ入らなきゃとは思っているが、他に大事なことがあるような気がしている。

■リン(凛)
異世界から派遣されてきた戦士。
明るく、気高く、戦士であることに誇りを持っているが、精神的には幼く自己中心的なところがある。
また、ちょっと抜けている。アイとは旧知であり、何事につけ張り合おうとする。
潜在的魔力は大変高く、魔法による攻撃はアイよりも強いが、
それでも自分の能力の全てを使いこなせてはいない(引き出せてはいない)。
秋俊の住む街へ、ゆらぎがその辺りで発生しているらしいことから派遣されてくる。
ゆらぎを倒している場面を秋俊に見られるが、記憶操作の魔法が効かない。
よって秋俊を監視するために、秋俊の部屋に居着く。

■アイ(愛)
リン同様、異世界から派遣されてきた戦士。
前作初期の寡黙で冷徹な性格から比べて、だいぶ丸くなっているが、あくまで「任務>人間」。
無闇に人間を巻き込もうとはしないが、仕方のない状況では躊躇しない。
前作で、廃人同様の聡恵に対しモノ扱いに近いことをしていたが、それはもうしない。
以前は巻き込まれた人間のことを気にも留めなかったが、現時点では
怪我をしていたら応急処置やいい形での記憶操作をしてやるくらいの気遣いはある。
感情をあまり表に出さないアイにとって、それをあらわにするリンが苦手であり、
その実うらやましくもある。秋俊を愛しているのは変わらない。

■メグ
リンやアイの先輩格であり、おっとりとした外見とは裏腹に「鬼神」と称される程の最強の戦士。
やさしい「お姉さん」タイプの性格。人間と積極的に接触を持とうとする彼女は異世界においては異端といえる。
管理人として秋俊のアパートにやってくる。
実はシンを殺す任務を帯びている。

■宮広美景(みやひろ みかげ)
大学生。親戚の年郎の仕事を手伝う。
最初は本当に「お手伝い」であったが、思いのほか有能なため休学して年郎の秘書として働いている。
資産家の娘なのだが、親への反発から「自ら働きたい」と考えている側面もある。
秋俊の強さにあこがれており、秋俊のようになりたいと困っていた年郎を手助けし始めた。
それが結果的に悪事に荷担していると言うことに気付いていない。
前作で依存心の強い性格だったが、成長しようと努力している。だが実らない、哀れなキャラ。

■望月紫(もちづき ゆかり)
秋俊の予備校仲間。
いいヤツだがいい娘ではない、サバサバした感じ。元気っ娘。
秋俊よりも2つ年下にも関わらず、秋俊に対し先輩視せず「岡ちん、岡ちん」と言って寄ってきて、よくからかう。
成績も良く、秋俊はなかなか口で勝てない。

■マユ(繭)
ゆらぎ討伐任務中に、逆にゆらぎに取り込まれ、メグに殺されたシンの妹のなれの果て。
元々はメグが好きでおとなしい性格をしていたが、変質し歪んだ形の想いになっている。
無邪気な冷酷さ、といった感じ。リンの力を媒介にして、黒い魔法少女として復活する。

注意:(VJ003684)「魔法少女アイ2」と内容の重複があります。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004159
ファイル名/ファイル容量
VJ004159.zip / 1.01GB (1084984286Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 450MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0003282D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003282D)

魔法少女アイ2plusの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女アイ2plus」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

前作に引き続き良作

2016年04月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ゲームの形式は前作と同じく選択肢型のアドベンチャーです。今回は少々複雑な分岐が存在しますが、コンプは用意な方であると思います。

エロ部分は触手、陵辱とハードな路線を引き続き走っています。実用性もクオリティも魔法少女モノとして随一でしょう。

シリーズものですので、やはり前作と併せて楽しむのが好ましいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

メグの堕ちっぷりがみどころでした

2015年04月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

コストパフォーマンス、イベントシーンの豊富さ、趣向の多さ、グラフィックのクオリティ、どれをとっても高いレベルにある作品だと思います。若干本作では言葉攻め的なシーンが多いかなとおもいましたが、個人的にはストライクでしたのでやはりハイレベルにまとまっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

魔法少女シリーズ

2014年08月24日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

魔法少女アイのシリーズものです。魔法少女好きなら耳にしたことがある人もいると思います。シチュエーションは陵辱もので触手や輪姦、調教がメインです。
個人的にはシリーズの中では一番の実用性ではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!どうしてこうしなかった

2013年02月26日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

独特の絵でとっかかりにくいが、慣れてくるとむしろこの絵が好きになる。和姦じゃないのにいつの間にか求めている抜けるシチュエーションの多い、魔法少女ものの最高峰とも言えるシリーズ。アイよりもメグのシーンを気に入った。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魔法少女の殿堂

2012年02月24日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

クリア済みでしたが、CG追加と聞いて購入。なんだか懐かしく感じるくらい、王道をいっているなーと再認識。
とにかくまぁ、エロいです。和姦・凌辱・ほのぼの・シリアスとストーリーバランスが完璧。
この世界観と完成度をまもって続編がでてくれれば・・・。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魔法少女、再び

2010年01月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

魔法少女アイの、愛エンド後の続きとなる作品。
アイでも書きましたが、この業界では知らない人のほうが少ないタイトルでしょう。
エロは基本的に凌辱。触手が多いですが輪姦、蟲などのシチュエーションもあります。もちろん、ラブラブの和姦もアリ。
ストーリー的にはかなりの王道であり、最終決戦などは胸が熱くなります。
バッドエンドはそこそこ多いですが、ほとんどが選択肢直行なため、難易度はそんなに高くありません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]