美少女ゲーム > キャラメルBOX > うつりぎ七恋天気あめ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年09月18日
シナリオ ほしまる / 森林彬 / 橘ぱん / 嵩夜あや
イラスト のり太
声優 青山ゆかり / 内野ぽち / 茶谷やすら / 戸沼ゆず / 大花どん / 鈴美巴 / 安玖深音 / 柚木かなめ / 本山美奈 / 北都南
音楽 Angel Note
その他OPテーマ:『I will…!』/EDテーマ:『Spell』/挿入歌:『Just I wish』 唄:榊原ゆい
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 古町恋愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

ダウンロード版特典として6種の【オリジナル壁紙】が同梱されています。


◆プロローグ◆
「明日は良い天気になりそうね」
夏休みを間近に控えた満月の夜、空から響いた澄んだ声色。
何気ない挨拶から始まった、魔女を名乗る高所恐怖症の少女との出会いが、
いまにして思えば僕たちの物語の始まりだったのかも知れない。
照りつける太陽の下、淡い南風吹く古町を舞台に繰り広げられる、小さな恋の七不思議。
七つの不思議と七つの恋が、遠くから近くから、応援してくれるような、そんな気がした——。

◆あらすじ◆
稲継魂神社に見守られた古町八阿多。
その中心に佇む学園では、古くから生徒達の間で七つの不思議な出来事が語り継がれている。
喋る子狐達から主と呼ばれる八千古島蓮は、子狐達を生み出した妖の少女と幼馴染みである他は、
何の変哲もない小柄な男子生徒でしかない。
けれど遠い国から降り立った魔女との出会いを契機として、
八阿多の不思議に少しだけ触れることになる。
高所恐怖症の魔女エリン、
神として祀られる狐の妖月砂、
義妹の華、
幼馴染みの姉深雨、
そしてこの夏新たに出会った女の子達——。
梅雨も早々に明けた太陽の下、夏休みを間近に控えた八阿多学園で、
七つの不思議と七つの恋の物語がいま始まる。

◆登場キャラクター◆
●八千古島蓮(やちこじま れん)
本編の主人公。
八阿多左区北部に佇む甘味処『八千』長男で、八阿多学園に通う二年生。七不思議委員会所属。
強いカリスマ性で以てリーダーシップを発揮する気質ではないものの、
分け隔て無く他人と接する事の出来る穏和で明朗な性格と、機転の良さで必然的に頼られる事が多く、
内気な下級生から強面な不良先輩まで、交友関係は自分が考えているよりも広い。
あだ名は珍しい名字から「やち」「やっちー」等々。
笑顔と穏やかな性格からいじられ役を担う事が多いけれど、その芯はしっかりとしており、
ひとりの妹を持つ兄らしい一面も時折覗かせる。
義妹の八千古島華、幼馴染みとなる学級委員を務める豊阿弥文子、不思議な魅力の明松月砂、
そして出会ったばかりのエリン・グィディルと、
昔から何かと周囲に綺麗どころが集まり易いとは幼馴染みの天矢鮎乃の弁。

●エリン・グィディル(えりん ぐぃでぃる)
彼方の国から八阿多に降り立った魔女。
ひょんなことから八千古島家にホームステイし、八阿多学園へ編入する。
上流階級のひとり娘として大切に育てられており、
こちらの学園でも気品と知性を兼ね備えた優等生として必然的に話題を集める事となる。
しかし優等生の顔とは裏腹に、負けず嫌いで強情な一面も。
そんな貴族らしからぬ気質を隠す為か、時折、毒を含んだ素っ気ない対応を取ることもある。
分厚い眼鏡を掛けなければ本すら読めないほどの近眼であるにも拘わらず平常は裸眼で生活しているのは、
極度の高所恐怖症を隠すためだとか。
特技は手にした箒で空を飛ぶ事だが、前述した弱点が多大に影響し、本人は好んでいない。
非常に好奇心の強い性格もあり、特にテレビには強く揺さぶられる何かを感じているとかいないとか。
趣味は読書からテレビ鑑賞と変わったらしい。

●明松月砂(かがり かずさ)
衒学的な思考と、断定的かつ包み隠すことのない口調が印象的な少女。
良く言えば孤高、クール。悪く言うなら無愛想。
自ら他人と接触をとる事はなく、教室にいる際にも冷めた瞳で空を眺めている事が多い。
その実体は妖の一種『狐魅』。
神として神社に祭られている神稲継魂大神と同一の存在でもある。
人間ではない為に種の異なる周囲と率先して交わる事はないが、
しかし学校や授業、また人間の子供にはそれなりに関心はある様で、
気が向いたりとした際には知らぬうちに会話の輪に加わり、
ユニークな一言を言い残して去っていく風変わりな一面も見せる。
好物はキツネ寿司。
狐春、狐夏、狐冬を創り出した本人で、とある約束から三匹を蓮に貸し与えている。
十年前、子供の頃の蓮が迷子の彼女を助けたことから人間の子と妖の奇妙な関係が始まった。

●天矢深雨(あまや みう)
八阿多学園にその名が知れ渡る、すごくやる気のない養護教諭。
天矢鮎乃の姉。
生徒達からは「ひきこもり保健医さん」と呼ばれている。
出勤はしてきているが、余程気が向いている時以外はまともに仕事をしようとしない。
保健室からはいつも携帯ゲーム機の音が漏れている。
いつもぽやぽやしていてニコニコ笑顔なので、生徒達は文句を言いつつ自分で治療したり、
勝手に保健室の用具を使って用事を済ませてしまうが、何故か評判は悪くない。
美人なので男子にファンも多い。
蓮とは妹の鮎乃つながりで旧知の仲。事ある毎に携帯で呼びつけて使いっ走りをさせようとする。
主人公が嫌そうにすると色仕掛けで迫ってくる。基本的には甘えん坊体質。

●亜多良巫鳥(あたら みどり)
稲継魂神社で巫女を務める少女。
八阿多学園三年生。
一方学校では占い研究会に在席しており、その的中率が百パーセントに近い事から、
占いを信じる生徒達に慕われている。
朝方や夕方に『部活』と称して『厄払い占い』を行い、
あまりに強い厄(不幸)を感知すると前も後ろもなく不幸回避に奔走する。
座右の銘は「人類みな無病息災」。
おっとりとした性格でお姉さん気質だが、目的に対して周囲を見失いがちなところは見ていて危なっかしい。
厄払いの際には学校でも人目を憚ることなく純白の上衣と緋袴に身を包む事から、
少々風変わりな生徒としても知られている。

●鷺ノ宮ひより(さぎのみや ひより)
旧家鷺ノ宮家のひとり娘とは思えぬ騒々しい言動と性格から、
入学間もない学園でも名の知れた生徒として知られている猪突猛進型少女。
騒がしいものの、子犬の様に人なつっこい性格で、周囲からはまるで妹の様に慕われているらしい。
幼馴染みにして学園では先輩、そして親友でもある井荻智香と行動する事が多く、
学食で繰り広げられる漫才のようなふたりの掛け合いは既に昼休みの名物となっている。
恋愛ごとには興味津々でそっち系の知識もふんだんに持っている耳年増。
その所為か案外下品な一面もあり。
得意技は居眠り。運動も苦手。好きな食べ物は納豆。ひたすらかき混ぜるのが好き。
ボケ&ヨゴレ役。

●井荻智香(いおぎ ちか)
文武両道の美人だが、口が悪い上にすぐ手が出る気質で周囲からはある意味恐れられている。
憧れの対象として黄色い声を受ける側ではあるものの、友人と呼べる人間はあまり多くない。
鷺ノ宮家に古くから仕える井荻家の出身。
ひよりのお目付役的な立ち位置にあるが、そんなしがらみを超えて、ひよりのことを大切に思っている。
一見ひよりが智香にまとわりついているように見えるが、実は智香から誘うことが多い。
素材は良いが、あまり身なりには興味が無い。
そのうえ恋愛毎にもまったく興味が無く、当然お付き合いの経験も無く、その手の話しには酷く疎く純情さん。
好きな食べ物は甘いもの。苦手なものは辛いもの。突っ込み役。

●八千古島華(やちこじま はな)
蓮の義妹。
自宅でも学校でも人当たりが良く、両親の営む甘味処でも小さな看板娘として
店を切り盛りする理想的な妹像を地でいく少女だが、その実は小さいながら斜に構えた視点を持つ、
優等生とは程遠いぐーたらな裏の顔を持つ。口癖は「めんどいなーもー」。
後者の気質は兄の前でのみ見せており、頻繁に兄の部屋へ足を運ぶのは息抜きの為。
兄としての蓮には敬意を抱いており、心許すことの出来る唯一の存在として心の底では大切に感じ取っている。
特技は菓子作り。甘味処八千では既に無くてはならない存在となっており、
今や店の看板メニューとなった「季節のあんみつ」は彼女の手によるもの。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003957
ファイル名/ファイル容量
総計 2.33GB
VJ003957.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003957.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003957.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003957.part4.rar / 100.11MB (104977452Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 2GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8 以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「うつりぎ七恋天気あめ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

感動できるストーリー

2017年06月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵柄が気に入ったので購入しました。ヒロイン一人ひとりが魅力的で淡いラブストーリーです。エッチシーンはかわいい感じですが、それほどエロくなく数も多くないのでエロ目的での購入はお勧めできません。雰囲気はいい感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

まったり空気が漂う作品

2013年02月25日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

複数ライターなせいか、ルートにより雰囲気が多少違うが、全体的にまったりとしていている。
まったりとした作品は途中でだれることが多いが、この作品は最後までだれずに読めた。
Hシーンの男性器描写が気になるが、初々しいHが見たい方におすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ほんわかラブスト—リー

2013年02月10日  

このレビューは参考になった×0人

全体的にほんわか〜としていてプレイしていて和めました。色々なヒロインと主人公の起こすドラマはどれも内容が深く、じっくりと楽しめました。絵も可愛らしく、Hシーンも最初はたどたどしい感じから始まって、これまた見ていて和みました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Summer-Love in Historic City

2009年09月24日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×4人

のり太さん原画の作品をプレイするのはこの作品が初めてですが(ちなみに製品版で)、パッチリした目と描画の柔らかさが印象的です。
ストーリーは基本的に純愛・コメディ路線ですが、他にもオカルト・ファンタジー・感動・泣き等多彩な要素が盛り込まれています。
プレイして感じた事は、何気にヒロイン達が個性的で結構キャラが濃かったりした点でしたね。
メインヒロインであるエリンが魔女というだけでなく、ド近眼なのにメガネを掛けず、主人公・蓮を指差してビシッと決めたつもりが明後日の方向を向いていたりするマヌケっぷり、ひよりと智香の凸凹コンビのやり取り(更にひよりの納豆バカな所)、深雨のあまあまっぷり、鮎乃のキラキラぶりなど、とにかく凄かったです。これはプレイして体験していただきたい所です。
攻略ヒロインは7人と多めですが、鷺ノ宮ひよりと井荻智香は行動次第で出逢わない事もあり、出逢った場合でも同時攻略は不可能だったりします。それ以外のヒロインは普通に登場します。ヒロインもロリ・年上・女教師などバリエーションは豊富で、スタイルもつるぺた・スレンダー・巨乳など揃っています。
エッチイベントは基本的にノーマルで、僕的にはエリン・月砂・深雨・華の4人にお漏らしイベントがあった事が嬉しかったです。ちなみに、ヒロインは全員処女です。
古き良き町でのラブストーリーを是非ともご堪能下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]