美少女ゲーム > MOONSTONE > 何処へ行くの、あの日

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 MOONSTONEフォローする
販売日 2009年08月28日
シナリオ
イラスト かんの糖子 / 鷹乃みすづ
声優 鷹月さくら / みる / 北都南 / 九条信乃 / 木葉楓 / かわしまりの / 後野祭 / ルネッサンス山田 / 歌織
音楽 ave;new
その他OPテーマ:『追憶の破片』 唄:霜月はるか/EDテーマ:『光の地図』 唄:霜月はるか/挿入歌:『きっと微笑むから』 唄:yozuka
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

“MOONSTONE”渾身の意欲作が、ついにDL版にアナタのもとに!
「少女を殺した」という曖昧な記憶を引きずる主人公。
タイプスリップする“マージ”という薬で過去を探るうちに、
ヒロインたちの様々な心の傷にを垣間見て、交流を深めていくストーリーだ。
「Serious Lyrical Fantasy」と銘打たれた本作は、まさに人の心の闇をリリカルに描写し、
悲劇の美学とでも言うべき深い物語性を内包している。
それだけにヒロインとの恋愛も濃密に表現され、エッチシーンのドキドキもより
刺激的でディープな味わいがある。
プレイするごとに、謎が深まり、知らず知らずにゲームの闇に引きずり込まれてしまいそうな本作。
ぜひともその醍醐味を味わってほしい!

◆ストーリー
“少女を殺した”というかすかな記憶を糸口に、
時の彼方に封印された様々な“傷”が浮かび上がる——
俺が殺した少女は、誰だったんだろう──。主人公“国見恭介”の脳裏にちらつく一つの映像。
遠い過去の記憶。細部は何処までも曖昧に、核心だけが恭介の心を貫いている。
——「俺は確かに、一人の少女をこの手にかけた……」——。
時間も場所も不確かで、それが誰だったのかすら分からない。
思い出は、頭にばかり詰め込まれるのではないと、恭介は思う。身体が覚えている。
主の意志からは隔たった場所から、身体が一つの映像を映し出す。
……遠い過去の記憶。細部は何処までも鮮明に、恭介を緋色の追体験へと誘い出す——
「ふふっ……お兄ちゃん……」。誰かが少女の手首をきつく掴み、汗に濡れた肌、荒い呼吸、
重ねられた肌の色。恭介には、絵麻という妹が居た。頭も身体も覚えている。
記憶は何処までも鮮明に、追体験の必要もなく、今日も同じ行為が繰り返される…。
国見恭介は、もう一つ、罪を抱き続けてきた。高低差が激しく、自然に囲まれた森園町。
この町において、とある噂が、まことしやかに流れていた。
“マージ”という名の薬、それが町に出回り、その薬はタイムトリップを可能にするという。
“マージ”を巡る騒動が次第に町を騒がしくさせ、やがて、恭介もそれを手にする事になる。
その時、恭介の脳裏に浮かんでいたのは、過去に犯した過ちの事だった。
“マージ”によって、浮かび上がってくる過去。
それはやがて、恭介を、彼を取り巻く少女達が抱える心の深みへと導いていく……。

◆登場キャラクター
●国見絵麻
主人公の義妹。
桐敷学園に通う一年生。
冷静沈着で淡泊な印象。
光の強い瞳が特徴的だが、自己主張には乏しい。
主人公とはまた異なる意味で、積極性に欠けている。
主人公の事を深く愛している。

●神崎千尋
桐敷学園へと転校してくる少女。
数年ぶりに再会した、主人公の幼なじみ。
子どもの頃、主人公達の住む町に引っ越してきた。
そして、夏の終わりに、別の町へと引っ越してしまっていた。
明るくほがらかで周囲の人を心地よく温めてくれる。
いつも一緒の黒猫は、日曜日に拾ってきたら“サンデー”らしい。

●茂木一葉
桐敷学園に通う1つ下の幼馴染。
さっぱりとした性格で、男女問わずに人好きのするタイプ。
ケーキ作りが得意で、学校が禁止しているにもかかわらず、喫茶店にてアルバイトをしている。
とある事情から、以前に一家が離散してしまい、今は生まれ育った家に一人で住んでいる。
双子の双葉を、一人待ち続けている。

●麻生桐李
桐敷学園に通う三年生。
昔、主人公の家のすぐ近くに引っ越してきた。
ほんわかとした人柄で、接する人達をまったりとした気分にさせてくれる。
主人公より年上で、子ども扱いされるとほんわかと怒る。
今でこそそんな風な桐李だが、引っ越してきた当初は、
とある事情から、ほの暗い心情を抱えていた。

●青井智加子
桐敷学園に通う二年生。
ひょんな事から図書委員での仕事に携わる事になり、そこで知り合った少女。
お互いに初対面だったが、実は因縁が。
彼女の弟である智久は、かつて主人公の親友だった。
しかし、今はもう居ない。
おっとりとした性格で、お淑やかという印象。
以前は身体が弱く、そのために留年してしまい、だから実際は、主人公よりも一つ年上である。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003906
ファイル名/ファイル容量
総計 1.41GB
VJ003906.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003906.part2.rar / 679.73MB (712745905Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
96MB / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002774D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002774D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「何処へ行くの、あの日」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Fuzzy Childhood-Days

2009年09月03日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

曖昧な記憶を抱きつつ、妹・絵麻と禁断の関係を結び続ける主人公・国見恭介と、2人を取り巻く幼馴染達。そんな彼らの日常が、神崎千尋の転入と“マージ”との接触から変化して行くストーリーです。
序盤は、絵麻との近親相姦シーン以外は殆ど通常の学園モノと同じ感じでストーリーが進展して行きますが、中盤から“マージ”が介入する事によって、周囲の人間がいなくなったり、謎に包まれていた過去のベールが剥がれて真相が明らかになったりしますが、特に後者の方は「えっ!?」と驚く内容が盛り沢山でした。
また、恭介や絵麻だけでなく、全てのヒロインがヘビーな過去を抱えていたりします。気になる方は是非ともプレイして下さい。
エッチイベントは、絵麻とは共通ルートでバンバンエッチしまくりますが、彼女自身を含めて個別ルートに進むとピタリと止み、それ以外のヒロインとは個別ルートで処女貫通エッチ1回だけとなりますので、どちらかというとエロよりもストーリーを重視した作品と云えるでしょう。
そして、全てのルートをクリアした後にどんなストーリーが待ち受けているのか?それは是非とも貴方自身の目で確かめて下さい!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]