美少女ゲーム > ESCU:DE > 麻雀 英雄×魔王

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

★ストーリー
フィーリス城の主、フェルザーは人間から魔王と恐れられる存在。
人間嫌いな彼は周辺の町を破壊したり、側近のじいさんの残り少ない毛髪を抜いたりと、
気ままな毎日を過ごしていた。
ある日、人間の町から適当に略奪してきたものを調べていると、見たことのない道具が混じっていた。
側近のガレフから「マージャン」という人間の遊びだと聞かされてすぐさまデストロイしようとするが、
それはただの玩具ではなかった。
対局後、孕ませリーチで勝った相手(魔族)に中出しして孕ませれば、何故か特殊な魔物が生まれてしまうという
呪いの雀具(じゃんぐ)だったのだ!
とりあえず、呪いを信じていない側近のカルデリーズで試してみると、すぐに特殊な子が産まれた。
効力を目の当たりにしたフェルザーは暇つぶしにこの雀具で遊ぼうとするが、
彼の部下である女魔族たちはどこか乗り気でない様子。
ところが、麻雀で勝てば1日だけ何でも言うことを聞いてやるという条件をつけてしまったから、さあ大変。
女魔族たちは一斉に麻雀の腕を磨き始め、さらにはこの話を聞きつけた勇者たちまでもが、世界平和のために参戦。
世は、麻雀戦国時代に突入したのであった。

ポン!

★登場キャラクター
▼フェルザー
主人公。本編では一介の魔族から始まったが、今作では世界を支配する魔王となっている。
自信過剰な快楽主義者で、人間のことを見下している。
基本的に自分本位なので、その言動に振り回される者は多い。

▼カルデリーズ(リーズ)
一見冷たそうだが、フェルザーに対してはイタズラを仕掛けたりと、中身は案外子どもっぽい。
まだ幼体(子ども)のころに捕まえられたことがあり、人間に対して強い憎しみを抱いている。
フェルザーにだけは心を許していて、リーズと呼ばれても怒らないが
他の者にはカルデリーズ様と呼ぶように強要する。

▼アレット
恥ずかしがり屋で、他人と視線を合わせることができない。
緊張が極限まで達するとパニックになって巨大な魔物に変身してしまい、手がつけられなくなる。
悪気がないだけに、周囲に迷惑をかけていることを悩んでいる。

▼モモ
一見何の悩みもなさそうな、元気な女の子。
見た目は猫のようだが、中身は子犬のように人懐こい性格。
フェルザーを見つけると、「にゃーーーーっ!!」というかけ声とともに、強烈なタックルを仕掛けてくる。

▼セレス
見た目は可愛いらしいが、内には熱く激しいものを持っている女勇者。
人間に対しては丁寧な対応をするが、幼いころに家族を殺されたこともあり、魔族に対しては憎しみを露わにする。
騎士の家に引き取られて育ったためか、頑固で真面目な性格をしている。

▼メイシア
この世界で最も信者数の多い、ネーノイス教の高位神官。
幼いころより将来を期待され、周囲の大人に言われるがまま修行に打ち込んできたため、
他人とコミュニケーションをとるのが苦手で、人との関わりを避けている。無口。
その体には神族の血が濃く流れていて魔族に触れると反発し、痛みが走る。

▼ノイシス
とにかくよく失敗するドジっ子。
強い魔力を持っているが、その力は巨大な鎧を動かすということにのみ注がれている。

▼ニーナ
体の大きさが手のひらに乗るぐらい小さい魔族。
好奇心が旺盛で、いつもニーニ、ニーヌ、ニーネと一緒に行動している。
4人の中で一番おしゃべり。

▼ニーニ
4人の中で一番気が強く、男の子のような口調で話す。一人称は「俺」。

▼ニーヌ
4人の中で最も内気で、大人しい。

▼ニーネ
丁寧な言葉遣いをする、4人の中でのお姉さん格。一人称は「わたくし」。

▼雪音
一見静かなようでいて激しい部分も持ち合わせており、自分を見失ってしまうことも。
雪を操る力を持っていて、感情が高ぶると周囲に吹雪が起こる。一人称は「わらわ」。

▼ファオラ
変わった口調で話す魔族。一人称は「うち」。
細かいことにはこだわらない大ざっぱな性格で、素肌を覆う包帯は適当に巻いてある。

▼パルシラ
特殊な種族で、言葉を話すことができない。
その体は柔らかく、殴っても傷がつかない。

▼ディーネ
おっとりとした性格で、魔族の中では珍しく人間に対して寛容。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003842
ファイル名/ファイル容量
VJ003842.zip / 1.04GB (1121798881Byte)
CPU
PentiumII 450MHz以上 / PentiumIII 700MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002830D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002830D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「麻雀 英雄×魔王」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

エルフ/妖精(3) ファンタジー(3) ハーレム(2)

おすすめ!初心者でも楽しめる麻雀ゲー

2011年06月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

最初に前作未プレイ(一応体験版はプレイ)、
プレイ前は麻雀漫画を少し読んだ程度の麻雀初心者だったことを伝えておきます。
……まあ、CG94%シーン91%までプレイしても、
ヒラ打ちは初級者レベルなんですが。

さて、このゲームはイカサマ技があるので、
初心者でもそれを使えばスムーズにクリアできる……というほど甘くはありません。
というのも、麻雀は色々と覚えることが多いので、それを覚えないとイカサマ技も使いこなせません。
また、主人公のイカサマ技も最初は弱いので、初心者にはあまり効果を実感できないことでしょう。
初心者にとっての大きな壁は一周目のラスボスです。
エスクード作品らしくラスボスは強敵ですが、
運次第であっさり勝てることもあるので、何度もリトライする覚悟で挑みましょう。
そこさえ乗り越えられれば、ルールや役をある程度覚えていることでしょうし、
イカサマ技も強化され、初心者でも楽に進められるようになります。
そこまでの流れを楽しいと思うか辛いと思うかは、
麻雀が合うか合わないかなので保証はできませんが。

Hの内容としては特殊なプレイが多く、
それに惹かれて前作より先にこちらを購入した私としては大満足です。
孕ませリーチ後など普通のHも結構あるので、
特殊なプレイばかりはちょっと……という人にもオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!イカサマが楽しい!!

2009年08月18日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

イカサマ麻雀なんて面白くないだろーと思いつつ、ファンタジー要素に惹かれて試しに購入してみたところ、楽しすぎる!!
食わず嫌いはよくないなと思い知らされました……。

ストーリーモードは1VS1の二人麻雀で、フリーモードで普通の四人麻雀が遊べます。
ストーリーモードは世界各地にいるキャラクターと対戦して、勝つとそのキャラクター特有のイカサマ技や、ギャラリーの追加、
フリーモードでそのキャラクターが追加されます。
キャラクター数はかなり豊富でコンプリートするには時間がかかりますが、その分、ボリュームは満点です。
普通のリーチの他に孕ませリーチなるモノがあり、孕ませリーチで相手をトバすと相手が魔物の女の子ならばエッチをして魔物の子を宿すことができ、
和了得点次第で宿すことができる魔物の子が増えます。増えるとどうなるかは遊んでみてのお楽しみ!

イカサマなしでも相手の点数が5万点前後ならばヒラ打ちでも十分勝てますが、いくら相手の手が読めて和了牌を止めたとしても
二人麻雀だとツモ=直撃扱いになりますのでご注意を。
便利なイカサマ技を保有しているキャラクターから攻略していくことで、麻雀初心者の方でも楽に攻略できると思います。

不満点は、二人麻雀なので仕方のないことですが、けっこう牌が偏ることと、萬子の数字が少し見辛いことくらいかな?

価格もお手頃ですし、ボリューム満点なので大満足です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!後宮で麻雀ブーム発生

2009年08月10日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

前作の戦略SLG「英雄×魔王」において世界統一を成し遂げたフェルザーの後日談?を描いた本作。ただし正確には前作どのエンディングとも若干状況が異なっており、ネタバレ要素も少ないので未プレイの人でも特に問題なく楽しめる。勿論、前作をプレイしていたほうが当然楽しめるのであるが。
前作はフェルザーが滅ぼした敵国のヒロインを片っ端から孕ませていくという凌辱色のある展開だったが、今作では前作でエッチしたヒロインが一部を除いて、みんな愛妾となっているため、日常的コメディの要素が強い。
また、エッチシーンも、前作は「孕ませて兵を確保するため」必要に駆られたセックスであり、大体のシーンが「捕まえて押し倒す」展開だったのだが、今作では「おもしろいアイテムが手に入ったのでそれを使ってエッチしてみるか」というかなり軽い理由なのでエッチシーンのバリエーションも豊富である。
特に、ボーナス的要素の強い新キャラによるコスプレモンスター姦は必見の出来である。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]