>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
大陸西部に位置する『ユピテル皇国』は、悪魔タラニスに脅かされていた。
人間はこれに抗うべく何度も討伐軍を編成するが、強大なタラニスの軍勢に
なす術もなく、生贄の要求に大人しく従うしかなかった。
……そして時は流れ、『生贄の儀』の時期が迫る。
選ばれたのは3人の姫。
クロト王国の姫将軍ミネルヴァ。
ユピテル皇国の聖女ミディール。
サヴリナ王国の戦姫ブリジット。
彼女達は、生贄としてタラニスの居城へと向かう一方、悪魔に一矢報いんと、
密かに『王家の宝具』を持ち出すのだった。
しかし、これがキメラによる終わりなき異種姦調教への悪夢の始まりだということを、
彼女達はまだ知らない……。

◆登場キャラクター
●『紅の姫将軍』ミネルヴァ・シェーンベルク
クロト王国を治めるシェーンベルク家の第一王女。『紅の姫将軍』の名を近隣に轟かせる勇壮なる姫騎士。
クロト王国近衛騎士団・クリムゾンナイツを率いており、配下の騎士・国民に慕われる文武ともに秀でた麗人。
誇り高き王家の血筋とともに、国に古くから伝わる炎の聖剣を継承している。

●『白銀の聖女』ミディール・ユリアンセ
ユピテル正教を国教とする、聖ユピテル皇国の姫。誰にも分け隔てない優しさが、周囲の人間を惹き付ける。
高貴なる血筋に加え、法術に対して生まれつき高い親和性を持っており、
幼い頃からユピテル教団の象徴『白銀の聖女』として崇められている。
皇国に古くから伝わる聖なる宝珠を与えられている。

●『森の戦姫』ブリジット・ラピッドファング
獣人王国サヴリナの姫。強大な魔物と永きに渡り戦い続けてきた戦士の部族の出自で、
悪に屈しない強き意志を秘めた、孤高の戦姫。
代々氏族長に伝えられてきた、討魔の槍を愛用している。

●『夢魔』ダーナ
出自は夢魔の一族だが、かなり上位の階級に位置する高位の魔族。古くから主人公と多岐に渡り、
競い合ってきたライバル的な存在でもある。魔性の女という評が良く似合う、
淫蕩と享楽、そして謀略を愛する性格。魔力を一時的に失った主人公のもとに現れ、
『堕落の儀式』の協力者となる。気分屋な彼女にとって、
今回の件は遊びついでの暇つぶしに過ぎないのかもしれない。

●『使い魔』アーニャ
主人公に仕える下級の使い魔。主人公を「ご主人様」と呼び、慕っている。
感情の起伏が激しく、悪魔にしては珍しいドジでお茶目な性格。
楽しい事、嬉しい事、悲しい事に、身振り手振りで表現する。
アーニャ本人は、主に仕える事が至上の喜びであるらしく、
ぞんざいな扱いを受けているにも関わらず、一生懸命に身辺世話をしている。

●『力を失った魔族』クロウ
数多のキメラを自在に生み出し、尽きる事の無い軍事力を欲しいままにする、悪魔タラニスの現在の姿。
魔界では『尽き果てぬ者』の異名で呼ばれ、同族からも恐れられたが、
ある理由から魔力が減衰してしまったことに憤り、自ら名をクロウと変えた。
『堕落の儀式』によって魔力を回復し、かつて以上の力を取り戻す事を目論む。

●『ユピテル皇王』リール・ユリアンセ
ユピテル・クロト・サヴリナの3国同盟の盟主、ユピテル皇国の若き少年皇王。
ユピテル皇国の誇る、神殿騎士団を直接統括する。
ミディールと結婚したが、それは同時に魔王への生贄としての運命を彼女に強要することとなる。
多くの民を守るという義務と、一人の聖女の尊厳と命の狭間で悩みぬく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003810
ファイル名/ファイル容量
VJ003810.zip / 1.4GB (1507260465Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002807D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002807D)

Venus Blood -chimera-の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Venus Blood -chimera-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(3) 戦士(2)

悪堕ち系ファンタジー

2013年04月21日  niva さん

このレビューは参考になった×0人

悪堕ち、快楽堕ちを主眼としたファンタジー。 ヒロインのシーン比重もいい感じで、ただ快楽で落とすのでなく、ヒロインの心の支えを折る、というあたりが好きです。
ただ、説明文やサンプルが示す通り、触手や蟲、獣なんかによる異種姦ばかりで、そういうのが好きな方には、お勧めできますが、そういうのが苦手、という人にはお勧めしにくいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!触手系快楽調教で堕ちてく表現がいい感じです

2010年02月08日  論理海軍 さん

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

前作同様、触手による拘束&快楽調教がメインの調教SLGです。

実は、サンプル画面を見た時点で、前作より絵的な描写のレベルが落ちてる
ように感じて長らく買わずにいたのですが、DL販売によるプライスダウンを
期に購入して遊んでみると、サンプルCG以外の調教後半(快楽調教で堕ちる
寸前〜堕ちきった頃)のCGが、CGのレベルも、快楽で蕩けてるようなヒロイン
たちの表情も実にいい感じで、意外な大収穫といった感じでした。

「詰め将棋」に例えられる事の多い、ちょっと何度の高いSLGパートのゲーム性は
いい意味でも悪い意味でも健在ですが、前作に比べると、調教対象のキャラを揃える
までのフラグが解り易く、クリア後再プレイ時のサービスアイテムも豊富で、ハーレム
エンドなども、そういったクリア後入手のアイテムを使えばそんなに無理無く辿り着け
(自分の場合、ノーヒントプレイで五回目がハーレムエンドでした)SLG恐怖症の
人もそれほど恐れる事は無い作品になっていると思います。

虫系の責めのサンプルCGも良く見かけたので、結構多いのかなと思っていたのですが、
そんなに多くなく、有ってもドギツイ感じでは無かったので、『触手系はOKだけど、
多足虫系はちょっと…』な自分でも大丈夫でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!特殊な人外げー?!

2009年07月30日  ztakata さん

このレビューは参考になった×1人

サンプルを見ていただいてわかりますように
主人公が相手するのではなくゲテモノが多くなっております

調教SLGで数値を目標に楽しむことができ、周回特典がついておりますのでとりあえず一回エンドを見るのをお勧めします

内容についてですが、痛いけど快楽を感じる描写が多いのが他のゲームと違うと思います

私のお気に入りは断然ミディールですが、飄々と調教されているので壷にはきました。
あるシーンで昔を見ることができるのですが、なぜ痛みを快楽にすることができるのかがわかります?!

メインの3人の比重は一緒ですので、可もなく不可もなく

攻略はヒントがありますので、それを参考にすればある程度は難易度が下がります

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]