美少女ゲーム > Gracious > 皇宮貴女 ~The Imperial Palace Story~ シャイラ編

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
中世よりも近世に近い欧州に近い地域。
強国が支配する地域にはさまれた小国のお話です。
小国A「アルクベルド」は強国B「ヴェルドー」と強国C「カインスハイズ」の北に位置する。
その領土も他の強国の5分の1程度しかない。
位置関係は、縦に見てABCの順に並んでいる。
最大勢力の「カインスハイズ」は常に「ヴェルドー」との
国境付近で小競り合いを繰り返すも古より友好関係にある「ヴェルドー」にも守られ、
「アルクベルド」は争いに巻き込まれることなく平穏に過ごしている。
元々「ヴェルドー」の領土は「アルクベルド」のものであり、
数代前の「アルクベルド」と「ヴェルドー」の戦いにおいて「アルクベルド」の王は
長引く戦いを終わらせるため、その一部の王室領土と子孫を残すことを条件に降伏というよりは
同盟を結び「ヴェルドー」に吸収される道を選んだ。
その後即位した「ヴェルドー」の王達によりその約束は守られていた。
元々「アルクベルド」には金山があり、その精製技術が他国にないために
「ヴェルドー」は征服よりも共存を選んだというのが一般的事実。
「ヴェルドー」と「カインスハイズ」の争いなど無縁……平和な日々から物語は始まる。
「アルクベルド」の王はすでに老体を抱え体が不自由な上、もともと国策が苦手なため、
王女が国政の実権を持っていたが、決して悪政ということではなく限られた金の恩恵を大事に重い、
表向き王室の華やかさを保ちながらも、民の生活を重視した国政を行っていた。
王室には王女のほか、その娘である皇女がおり、
それらの守役として古くから使える従者(女性)王室軍の将軍(女性)がいた。
そんな平穏な中、ヴェルドーの第一王子はある“野心”を持って、アルクベルドに近づいていくのであった……。

◆登場キャラクター
皇宮貴女 〜 The Imperial Palace Story 〜 シャイラ編
●将軍/シャイラ・クーデリア
男装の麗人。細身の剣を扱うかっこいい剣士。処女。160センチ。
巨乳(脱がないとさらしを巻いており貧乳に見える)
女性ながらも近衞兵を束ねる強者。その剣の使い手ぶりは隣国にも知られるほど。
皇女に思いを寄せる。ややレズで、この剣さえあれば男などいらないと考えている。
一生をとして王女と皇女を守り抜くと強く心に決めている。
主人公に肉体を奪われるのみならず、馬、犬といって相手も…
孤高の将軍として精神も強く、忠誠心に厚い。それだけに堕ち行く様は…

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003789
ファイル名/ファイル容量
VJ003789.zip / 520.17MB (545440651Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003714D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003714D)

皇宮貴女 ~The Imperial Palace Story~ シャイラ編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「皇宮貴女 ~The Imperial Palace Story~ シャイラ編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

定番の女剣士陵辱ながら

2013年06月05日  

このレビューは参考になった×0人

定番の高貴な女剣士陵辱ながら、獣姦が入る事でより陵辱度が増しているのが嬉しいです。
もちろん、兵士相手の輪姦など、基本的な陵辱シーンも保管されているが、獣姦が入る事でより高貴な麗人将軍をおとしめる感覚が強調されます。
と言っても、獣姦の描写はあっさりしているので、獣姦だけを期待するとちょっと物足りないかも。
獣姦を含めて、高貴な女将軍を陵辱する描写を楽しむならオススメです。
個人的には下の毛を剃るシーンが妙に興奮しました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]