PCソフト > catwalk/catwalkNERO > 娼姫レティシア

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
豊かな自然に恵まれたエストール王国。百年以上に渡って安定した王政が続いていたが、
一年前に国王が病に伏せり、以降は王妃が国王の代行として政治を行っていた。
そんな折り、大臣によるクーデターが勃発する。結果、国王は幽閉され、王女と王妃は囚われの身に。
クーデター自体には成功したものの、国民の反発を恐れた大臣は、
表向きはそのままに、自分が裏で王妃を操ることにした。
国王を人質に取られた形のため、王女と王妃は大臣に従う他はない。
二人を真の意味で傀儡にしようと考えた大臣は、高級娼館「クルチザンヌ」の主である主人公に二人の調教を依頼。
同時に、二人を近隣諸国との外交の道具に使おうと考える。
ふたりは表向き「遠国への外遊」ということで馬車に乗せられ、
その途中で気絶させられて「クルチザンヌ」に運びこまれる。
完全な娼婦になるまでは、館から出ることは許されない。
王女と王妃は高級娼館にて、秘密裏に諸外国の王族貴族へと奉仕をおこなっていく。

◆登場キャラクター
●レティシア
エストール王国の王女。処女。
流れるようなブロンドのロングヘアーと気が強そうなツリ目が印象的な姫君。
母譲りの豊かなバストと瑞々しいヒップを持つ。
非常にプライドが高く、勝ち気な性格。
性的には潔癖で、自慰すらしたことがない。性知識も皆無に近く、
「セックスは愛しあう者同士“のみ”がするもの」と本気で信じている。

●カトリーヌ
エストール王国の王妃。レティシアの母。
なだらかに波打つ栗色のロングヘアーと穏やかな目元が見る者に安らぎを与える聖なる淑女。
その温かみのある美貌と慈愛に満ちた性格で、国民からの絶大な信奉を誇る。
元々、豊満だった肉体は、歳を重ねますます円熟味を増してきた。
婚姻前に花嫁修業の一環として、侍女から性技の訓練を受けている。
前国王以外に男性経験はなく、その前国王とも五年前からセックスレス。
そのため、最近では熟れた身体を持てあましはじめている。
国王のセックスはそれなりに濃厚で、人並み以上には性感を開発されている。

●カイン
ゲームの主人公。エストール王国一の高級娼館「クルチザンヌ」の主にて、同じく王国一の調教師。
整った容貌ながらどこか影を感じさせる謎の男。詳しい経歴等は不明。
あらゆる女性を一流の娼婦へと仕立てる調教師としての実力には定評があり、
大臣ガザエルから王女と王妃の調教を依頼された。
「その美貌と性技にてありとあらゆる男を手玉に取る究極の淫婦」を理想としており、
そういった娼婦を生みだすのが長年の夢。
王女と王妃の素材としての素晴らしさに目をつけ、二人を世界最高の娼婦へ仕立てあげようと考える。
二人が娼婦として完成した暁には、ガザエルはおろか近隣諸国のすべての王が二人の前に跪くと確信しており、
その瞬間、彼の夢は達成される。

●ガザエル
エストール王国の大臣。謀反の首謀者で、現在は実質上の国王。
己の野心のためクーデターを起こし、王国を乗っ取った。
王女と王妃を使って国民を欺き、さらに近隣諸国との関係を強化させようと考えている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003784
ファイル名/ファイル容量
VJ003784.zip / 978.49MB (1026017583Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX5以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002821D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002821D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「娼姫レティシア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

ピックアップ

おすすめ!娼婦として肉体を開発されていく女たちにハァハァ

2009年07月09日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×6人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインは王妃カトリーヌと王女レティシアの2人。それぞれのルートに分かれて調教および売春を進めていくことになります。レティシアは処女ですが、残念ながら処女を『売り物』にすることはありません。処女喪失は客相手ではなく、調教師カインが相手。
 視点としては、毎回ちがう客が訪れるので、プレイヤーの視点は、それぞれの客の視点ということになります。口内射精や顔射の選択肢などもすべて客視点。
 
 金銭の授受などのシーンはありませんが、「お客様」「娼婦」などの単語はセリフ中にもバンバン出てきます。レティシアルートの、「はじめてのお客様」の口内射精おいて、客から「お客様がせっかく出したんだから」と言われたり、「お風呂で接客」で「会話でお客様を楽しませるのも娼婦の仕事だろ」とバカにされたりw  カトリーヌルートの「お風呂で接客」においても同様に「娼婦のお前がサービスしないでどうする」などと詰られるシーンあり。 また、カトリーヌの売春シーンで素晴らしいのが、客から「おばさん」と呼ばれたり、病で臥せっている夫との性生活を聞かれたり、「旦那のチ○ポとどっちがいい?」などと意地悪く質問されるシーンです。

 そして素晴らしいのが、2人のルートを攻略したあとに見られる特典=特別編です。超一流の娼婦になったレティシア&カトリーヌが、他国から招いた王族たちを相手に肉体接待。しかもこのとき、カインにより調教済みの「娼婦侍女」たちも登場。「わたくしたちをただの娼婦だとお思いにならないでくださいましね。陛下(王位を継いだカトリーヌ)や姫様にはかないませんが、私たちもお客様を満足させることが(略)」という侍女たちのセリフにハァハァでした。そしてそれから『乱交の肉体接待』シーンに続きますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

完成された娼婦へと

2015年09月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ライト調教ゲーム。ヒロインはそれぞれに魅力的。

CGは現在でも十分に通じる水準。
ただ、キスの絵などちょっと差分が多いかなと思うことも。
発売時期の問題はあると思うのでこんなものかな。

ヒロインが二人なのでストーリーはやや短めだけど、
落ちて行く描写は丁寧に描かれていてグッド。
8日でここまで堕ちるのは素質があったんだろうなとは思うけどw

二人のEDを見た後の特別編が見所。ちょっとにやり。

痛いのが苦手な人とかに特にお勧め。
お手軽な調教ゲームとして楽しめるはず。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

娼婦になっていく姫と妃!

2013年07月24日  

このレビューは参考になった×0人

ゲームは8日間という短期間ではありますが毎日開発されていく二人の痴態を見ていくことになる。
最初にどちらかを選んでそちらだけを見ていくのが残念ですが、
一人ずつ集中して見ていくほうが意識が散らなくていいかもしれません。
そして二人とも最後まで見ると特別編が解放されます。
ある意味の大逆転勝利ともいえる妖艶なラストをご覧ください!
内容はどちらもプライドや貞操から抵抗するのですが人質をとられて逆らえないまま
快楽を教え込まれていくという展開は定番なれど、ゆえに良い。
プレイ内容もマニアック過ぎるものやハードなものはない。
お手軽に堕ちていく姫と妃を見たいならこれ!
娼姫と娼妃にあなたも搾りとられましょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

娼婦となった姫と王妃の未来は……

2009年07月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

手駒とするために娼館に送られ、娼婦として育てられることになった姫と王妃の物語。
謀反人の思惑に屈してなるものかと抗いながら、姫が未知の悦楽に震え、王妃が忘れていた快楽に溺れていきます。

最初にどちらの仕込みに重点を置くかを決める以外は、とくに考える選択肢のない、手軽に進められるアドベンチャーとなっています。
一応主人公が設定されていますが、影は薄く、シーンも『姫or王妃と客』という形のものが大半でした。
タイトルからは『姫がメインで王妃はオマケ』というようにも感じられますが、二人のシーンの割合はほぼ同じ。 王妃目当てでも損はありません。

Hの内容の方は、『娼婦として働かせること』によって快楽を教え込んでいくという流れのためか、ノーマルプレイやソープ・ストリップなどとなっています。
器具や生物を駆使した特異なプレイはありませんが、複数人を相手にさせる展開はあり。
また、『言葉とは裏腹に……』を分かりやすくするためか、H中のヒロインの心理を描写する演出を取っていました。

娼婦として育て上げられた姫と王妃が、どのような結末を迎えるか。
それは八日間の娼館生活の後に明かされます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]