美少女ゲーム > ninetail > 灰色の空に堕ちた翼

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
人と天使。
相容れなぬ2つの存在が重なり合ったのは、人と天使、双方の記憶も曖昧になってしまうほどの昔、
神話と呼ばれる古い歴史の中にある。
天使は人に世界の秘密の一部を教え、人は錬金術という学問を得た。
人の知的好奇心は、時間と共に己が人間であることを忘却させ、
天使の秘密、即ち不老であり不死である秘密を求めるようになった。
しかし、人間の肉体のままでは不老不死にはなれないと分ってしまう。
それでも愚かなる人間は、天使を捕らえ更に秘密に近付こうと研究する。
神に近付く愚行に加え、天使への蛮行に天は怒り、力を行使する。
現世に受肉する天使から記憶を奪い、たとえ捕らえられたとしても、
人間にこれ以上知識を与えないようにした。
その時、神の慈愛、恩恵からも見放され心を蝕まれる天使もいたが
人間の欲に対抗し禁断の知識流出を防ぐにはそうせざるを得なかったのだ。
知識をもたらさない天使。それらは一時、役立たずの名称にまでなったが、
1人の貴族が目をつけたのはその美しい容姿であった。
美しく老いる事のない体は好色な人間にとって代え難い宝となったのだ。
が、しかし人間と天使が接するには一つ危険な事柄があった。
ネツィヴ・メラー。
全ての天使が持つ能力、謳う事によって力を高め、天に帰る事が出来る天使は、
まさしくその天に帰る瞬間にネツィヴ・メラーを巻き起こすのだ。
嵐のような一陣の風が去った瞬間、周囲のものを全て塩と化し、浄化する力。
通常、心優しき天使はその力をふるう際、何ものも巻き込まないようにしているのだが——
一部命知らずな好事家により汚され、人に憎悪を抱いてしまった天使や
心を壊してしまった天使たちにより、度々ネツィヴ・メラーが巻き起こった。
それでもその希有な性の玩具を、手に入れようとする者が現われては金がつぎ込まれ、
人の欲が重なり合い、長い時間をかけて様々な道具が作り出され、研究が進められた。
そして、たどり着いた。
真っ白な翼と同じ真っ白な天使の心を快楽と欲情で黒く染め上げる行為、「堕天」。
翼の色が黒く染まる事を嘆く輩もいるものの、ネツィヴ・メラーを防ぐ事が出来た。
美しさを保ちながらも墜ちた天使は、快楽を人間に与え、自らもそれを求める性奴隷として
計り知れない価値を持つものとなったのだ……。

◆登場キャラクター
■タニィ
半天使。極稀に観測される、『ネツィヴ・メラー』に遭っても生き残った人間の少女。
その中でも、一部の人間に発現する『天使に冒された人間(ネフィリム)』である。
見た目は人間と変わらないが、いずれ背中から羽根が顕現し、天使と同じになる。
まだ人間ではあるが、天使として処理されたもの。背中に小さな翼を持つ。
年齢相応の娘だが、ネツィヴ・メラーの際に人間としての記憶の全ては焼かれてしまった。
大人しく礼儀正しく、元々は育ちの良い人間であると予想されるが、今となっては分からない。
己の立場を受け入れているが、他の天使たちに対して同情的。
無意識に神に祈る癖がある。かつては信心深かったのだろう。
人の祈りなど、天に届く訳がないというのに。

■イノ
真正の天使。無垢であり、少女であり、しかし本当の意味で真理を内包する。
出会った当初から主人公を『お父様』と呼ぶが、何故そう呼ぶかは本人も理解していない。
失われた記憶に、その理由があるようだが……。
受肉して、天界へ帰る手段を失った天使は、地上で生きなければならない。
故に、必死に人間界での処世術を学ぶ必要がある。
そのため、性への興味や探究心を人一倍示し、未熟ながらも好奇心旺盛に様々な事を学んでいく。
その一方で、彼女は誰もが心に抱える傷を、愛しいと思う。
彼女の歌声は、全ての魂の虚飾を剥ぎ取り、癒す。
その彼女の姿は、主人公がかつて失ったかけがえのない少女と瓜二つである。

■ピティ
主人公の下に貸し与えられている、かつて天使だった侍女。
屋敷の維持や管理、家事全般と簡単な医療行為を担当する。
すでに過去に堕天の調教を施されており、その翼の色は深い漆黒。
主人公の過去を知る数少ない人物の1人。
『灰色の館』の運営者である黒い老人から、ヨシュアをサポートし、
同時に監視するようにも命じられている。長い年月を経て彼女もまた、主人公のように世界に対して
一種の傍観のような境地に達してしまっている節もある。

■スイ
『黒い老人』から要請され、錬金術に関係した調教の道具をヨシュアに売っている商人。
本来は夫が仕事をしているのだが、ヨシュアの元にはわざわざ彼女が顔を見せる。
妖艶な人妻で、何にも興味を示さないヨシュアを妙に気に入っているらしい。
時折灰色の館に顔を出しては、ヨシュアのことを気にかけてくる。

■フォル
女商人の子飼いの堕天使。
女主人から面白半分に無理難題を言いつけられることもあるが、
おおむねは可愛がられているようで、彼女によく懐いている。
快楽に対してもそこそこ積極的で、人間の世界で生きる事に楽しみを見いだしている。
元はヨシュアに預けられ堕天の調教を受けて『堕天使』となった彼女を、スイが高額の資金を提供して身請けした。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003737
ファイル名/ファイル容量
総計 1.84GB
VJ003737.part1.exe / 667.57MB (700000000Byte)
VJ003737.part2.rar / 667.57MB (700000000Byte)
VJ003737.part3.rar / 552.75MB (579601370Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002808D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002808D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「灰色の空に堕ちた翼」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

天使/悪魔(2)

調教もの

2010年04月16日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ん〜長く遊びたい人やこの手のもの初心者から中級者になりかけの人にお勧めかな
調教は2人のメインヒロインのみ。サブキャラとのHあり。

肉欲、変態、性技、気品、の数値次第でエンディングが変わる。
好感度や選択肢によってもエピローグが変わる。
また、ヒロイン一人一人個別のエンディングと、2人同時のダブルエンディングがあり
何週もしないとすべてのCGは見れない。ボンテージやネコミミなどあり。

ポイント1
ヒロインには複数のスキルがあり、例えば調教回数50回以上や体内射精25回以上すると習得できるなど。
特殊アイテム[義眼]を入手すると習得に必要な回数を軽減できる。
最初の一周をクリアするとエンディングのヒントを見れるようになるので見たいエンディングに合わせてスキルを習得するといった手もあり。
慣れないうちは、どちらか一方のヒロインを集中して調教するのがいいかも。

ポイント2
慣れてきたらアイテムを活用し快楽チェインを狙う。(快楽中は各能力が上がりやすくなる)
基本的には快楽状態は一回の調教で終わってしまいますが、調教のLvや内容次第では連続で快楽状態をキープ出来ます。
ただし、気品の下がり過ぎには注意。


↑といった感じかな〜 まぁ価格が高いけど、2〜3千円のゲーム数本分ぐらいのボリュームが有りますよっと。
システムやCGは文句無し。ただ、シナリオというか主人公の会話があまりにもウジウジグダグダくどい言いまわしで、好き嫌いがはっきり分かれるかもね〜

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

傑作

2009年07月24日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

確かに金額を見てビビるが、内容は値段相応、どころかボリュームすごい。

エンディング数30以上。
ただしシミュレーションにありがちな、ワンプレイが長いという事もない。
クリアボーナスもあるので、何度も周回するべきでしょう。

哀しげな曲とストーリー、テキストも良し。
あとはキャラですが、まあ・・・ロリ苦手な私でもOkでした。
育成型シミュレーション不足で飢餓状態の人にオススメ。

90点

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]