美少女ゲーム > ninetail > 堕落将校クラリス ~白濁のグローリエ~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
時は20××年。世界は、新生ナフド王国を宗主とする東側新連邦国家群と、
西側のバクシア共和国を盟主とする新経済ブロックに二分されていた。
両陣営の均衡が続く中、ある時、それが崩れる事態が起きる。西側陣営の謀略により、
ナフド王国側の重要人物が複数人、バクシア共和国の手に落ちたというのだ。
その中には、ナフド王国の英雄的存在『司令官クラリス』そして、『王女ソニア』の姿があった。
バクシア特務機関の隊長である主人公マルキに与えられた任務は、2つ。
『司令官と王女を尋問し、機密を引き出せ』『国の中枢である彼女らを調教し、洗脳せよ』こうして、
淫蕩にまみれた尋問調教の幕は切って落とされる……。

◆登場キャラクター
●クラリス・フォン・ザッハ
東側陣営の盟主国『新生ナフド王国』の最高軍事司令官。ロングの金髪と透き通った碧眼、
軍人らしからぬ気品溢れる立ち振る舞いで、国民の人気は高く、英雄的な存在として扱われる。
責任感が強く、常に凛とした態度で、表情を表に出さない。
だが、評価が上がるに連れ、その肩書きに押しつぶされそうな重圧を感じている。
ソニア王女からは絶大な信頼を受けており、忠誠を誓っているが、
幼くして両親を失った王女に対して、保護者的な母性や義務感も持つ。

●ソニア・スヴェトラーナ
東側のとある没落した王族の娘で、温室育ちの王女。年相応の少女ではあるが、
独特の高貴さを身にまとい、一種のカリスマ性がある。
王政復古のクーデターで新生ナフド王国の初代女王の座に就く。
穏やかで優しい性格をしており、政治や軍事に興味は無いが、東と西の緊張状態を憂いている。
王政復古の動きが活発になった際、それを察知した旧独裁勢力によって両親を謀殺された過去を持つ。

●レイミ・シュバイツェル
元ナフド王国司令補佐官。かつてクラリスの片腕とも呼べる存在であった。
クラリスと同じく若くして軍の重役に付くが、ベテラン人材の乏しい新生ナフド王国の中では妥当な役職でもある。
1年前、ある諜報活動に関わっている最中、マルキ率いる特務機関に
捕らえられる。彼女の情報はナフド王国の王政反対派によってマルキに筒抜けになっていた。
その王政反対派の影に、かつての旧独裁勢力がいるのは明らかで、理想に踊らされ現実の見えない反対派に失望し、
積極的にマルキに協力するようになる。

●ブレンダ・オールビー
バクシア共和国軍属の研究機関の女医。兵士の個人戦力強化などの軍事医療研究に携わっている。
マルキは自白剤や特殊隊員用の特別薬を支給される過程で彼女と知り合った。
ツテを利用して、研究機関の薬を彼女から手配してもらっているが、
実験中の薬まで要求するようになったマルキを内心案じている。

●エメリア・ナオ・フジワラ
ジャーナリストの日系女性。マルキに協力する見返りに、それに匹敵する情報や対価を要求する。
情報を入手するためならばどんな手段でもいとわないため、敵も多い。
マルキに協力しているのは、保身のためでもある。

●マルキ・ドナスィヤン(主人公)
若くして、バクシア共和国特務機関の長になったエリート。
常に礼儀正しい言葉遣いをするが、それは絶対的優位を確信した上での余裕であり、
相手を見下した皮肉でもある。
有能かつ職務に忠実なため、上司・部下からの信頼は厚いが、彼の裏の顔に気づいた人間は、例外なく彼を恐れる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003736
ファイル名/ファイル容量
VJ003736.zip / 915MB (959447251Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002806D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002806D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「堕落将校クラリス ~白濁のグローリエ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!内容や話がよい

2013年11月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

話の内容は様々な調教や拷問などを行い、精神的、肉体的に落とすといった内容です。
Hシーンが豊富で調教内容もそれぞれのヒロインごとに異なっているので空きがなかなか来ない作品だと思います
また最終的な展開もちゃんとまとまり、ヒロインと良い関係を結べるルートもあるので安心です(快楽落ちもあり)

個人的にSLGの部分でシステムに慣れるまでが難しいのと
エロシーンだけ見たい方や話の展開を見たい方には少し面倒だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!やり込み系調教SLG

2010年03月31日  

このレビューは参考になった×2人

さてこの作品はレビューのタイトル通りやり込み系の調教SLGです。

プレイヤーは敵国の司令官に尋問という名の調教をします。
(ストーリーが進めば後二人程調教できるようになります。)
調教を重ね服従値を高め敵国の情報を引き出すのが目的ですが、
そう簡単には行きません。

各キャラクターに様々なステータスがあり、
それらに配慮しつつ限られた行動回数の中で調教を進めなければいけません。
また様々な調教がありどんな調教を行うかでステータスが変化します。

エンディングの種類も豊富なので、
正直攻略サイトを参考にしないとコンプリートは難しいかもしれません。
ですがそれだけにやり込むととても面白いです。

時間に余裕がある人にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]