美少女ゲーム > Abogado Powers > D+VINE[LUV]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月19日
シナリオ 三上三九三
イラスト 本田直樹
音楽 矢野雅士
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
世界には、ひとつの伝説がある。
それは、かつて地上に存在したと言われる古代文明の伝説……。
遥か昔、人々は精霊から、ある力を授かったと言われている。
それが、『魔法』と言う力。
その強大な力は、人々に豊かな暮らしをもたらした。
そうして人々が築き上げたのが、魔法文明『旧世界』だった。
それはまさに、人類の繁栄が頂点を迎えていた時代でもあった。
かくして、人々は精霊の加護のもと、永く平和な時を過ごしていた。
……だが、その繁栄も永久には続かなかった。
いつの頃からか、精霊たちは人々の前から次第に姿を消していった。
そして、精霊たちの加護を失った人々の文明は急速に衰え……やがて時の流れとともに、いつしか失われてしまった……。
それは、『旧世界』と呼ばれる時代……今はもう失われた文明の伝説だ。

そして、永い時が流れた……。

伝説となってしまった古代の文明、それも、本当にあるのかどうか分からない様なモノに
興味を示す人は少なかった。
彼らにとっては、そんな事よりも日々の暮しで精一杯だった。
古代遺跡の発掘(あるいは盗掘)なんて、よほどのヒマ人か、酔狂な輩の、
一種の道楽のようなものだろう……ごく普通に暮らす人々の認識は、その程度でしかなかった。
そして、数多くの冒険者(ヒマ人)たちが探し求めた古代文明の財宝、
『旧世界の遺産』も、ついに発見されることは無かった。
やがて、冒険者たちも次第に姿を消していった……。

しかし、ここにも一人、そんなヒマ人がいた。
青年の名はハイド。
冒険者となって数年……大陸じゅうの遺跡を旅して回っている。
それもこれも、失われた『旧世界』の財宝を見つけるためだ。
……しかし、未だ何の成果も見つけられずにいた。

そんな中、ハイドは『アーヴィル』と言う街を訪れていた。
大陸でも辺境に位置する、小さな街だ。
アーヴィルには、古くから一つの洞窟がある。
街の人たちは、モンスターの棲みつくこの洞窟を恐れ、決して近付こうとはしなかった。
……が、最近になって、この洞窟の中から古代の遺跡らしきものが見つかったと言うのだ。
そうしてハイドは、アーヴィルの洞窟へと足を踏み入れる事となった。

しかし……彼がそこで見たものは、財宝でも何でもなく……。

止まっていた『旧世界』の時間が、今、ゆっくりと動き始めた……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003725
ファイル名/ファイル容量
VJ003725.zip / 341.65MB (358245428Byte)
CPU
Pentium 133MHz 以上
メモリ
48MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX3以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002760D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002760D)

D+VINE[LUV]の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「D+VINE[LUV]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(4)

擦り切れるほどやった

2015年12月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

思えば……私が初めて買ったゲームがこれだった。
CDで買ったのだが、年月やらなんやらでディスクは傷だらけ。もうプレイできないと諦めていました。

DL版が出ていたとは!

思わず買っちゃいました☆
今のPCで動くか心配でしたが、問題なく動いています。
また、街中をメダル探して駆けずり回ったり、ダンジョンに潜って800種のアイテムを探す日々が来たようです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ゲーム性あふれるアクションRPG

2012年09月06日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

敵を倒すとランダムに出現するアイテムを収集する楽しみが
ダンジョンを攻略する原動力となっている
強い武器防具を手に入れられた嬉しさといったら痺れるほどだ
ステータスもレベルを上げたときのポイントで割り振ることができ戦士系や魔法使いと戦い方も幅広い
中々コンシューマでもお目にかかれないほどの出来だと個人的には思う

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!懐かしの名作

2011年06月16日  

このレビューは参考になった×2人

確か昔のエロゲ専門雑誌で、「今年最も遊べるゲーム」で1位だった記憶があります。
アクションRPGなのですが、さくっとクリアすることもできますし、アイテム集めでやり込みに精を出すこともできます。その辺の自由度の高さが人気の秘訣だったのではないでしょうか。

若干のレトロ感は否めませんが、今やっても十分楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

いつ以来だろう、この感覚

2010年03月31日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

エロはもはやおまけ要素なファンタジーRPG。スーファミ時代のような素朴な雰囲気がたまりません。
メインのシナリオは結構切ない。パッケージにある命に代えても—のくだりが誰のことか理解したとき、胸にぐっときます。
ただ、やはりこのゲームの本領はアイテムさがしてダンジョン探索。本編そっちのけで潜り潜り。
本気でストーリーだけを追えば、10時間もかからずクリアできます。
しかし、サブイベントをこなしはじめれば軽く100時間オーバー。それでもまだアイテムは埋まらない。
こういう時に生じる感覚を楽しいと思ったことのある人、いますよね。意地になってアイテム集める達成感。
これがわかる人ならばこのゲームも間違いなく楽しめます。そんな人は、是非やってみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

一般的なゲーム性が高い

2010年03月12日  

このレビューは参考になった×4人

一般的なゲーム性がかなり高く、エロシーンはそれに付随するものです。
ゲーム自体は、操作性も良く練られていて進行感を楽しむことができます。ただし、ゲームの進行は、戦略よりも操作のほうが効いてくるので、その点で好き嫌いが分かれると思います。一般ゲームで例えるなら聖剣伝○シリーズのような要領です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

あまりの懐かしさに…

2009年10月13日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

実はディスク版の方で130時間前後遊んでた事が……。 まさかDL版が出るとは思ってもおらず見つけて即購入してしまいました。 

 やはり「懐かしい」の一言なのだろうか? FCかSFCあたりの時代を思い出すゲームグラフィックにLVが上がるたびに手に入るポイントでステータスを強化、ステータス次第でつかる装備、防具、魔法が増えていくという。どこにでもありそうな作品、シナリオもエンディングとかもなんか懐かしい感じがするゲームにエロが付いた程度? 
 実際プレイしてみると探索だけでなく、町の中のイベント(お使いクエスト)的なものがけっこうある。
 結果、ストーリを進めるというよりイベントの続きを見たいが為にアイテム探索に割く時間のほうが多くなる。 なにせ800種類だかのアイテム総数なので必要なものが手に入るまで時間がかかったりする。

 しかし何より罠というかすばらしいというべき点は 「セーブ&ロードがない」「気軽に町に帰還できる」あたりだろうか、町に帰還する魔法は初期から直ぐ買えるし、町に戻った段階でオートセーブなので死んで手に入ったレアが消滅っていう悔しい事がおきにくいです、手に入ったレアなどを持ち帰った後は倉庫にあずけるなり、イベントを進めるなりしたくなるので進めた後セーブするためにダンジョンへ……ダンジョンへ言ったからには探索を……という一種のループです。
 このループが中々抜けれないと気がついたら数時間逝ってしまいますので皆様お気をつけてプレイをどうぞb
 

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]