美少女ゲーム > ルネ > 妹巫女・萌

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ルネフォローする
販売日 2009年06月05日
シナリオ 関町台風
イラスト 田丸まこと
声優 吉川華生 / 青山ゆかり / 飯田空 / 金田まひる / 松永雪希 / ヒマリ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / エンドレス自慰対応純愛調教巫女三昧ADV
その他
ジャンル

作品内容

▼ストーリー
主人公である『智也』の実家は地元では名の知れた神社で、両親は神主をしていました。
長男が家を継ぐという古いしきたりに、智也は幼い頃から厳しい躾をさせられてきました。
両親が不慮の事故で他界すると、祖父の躾はさらに厳しくなり、智也は中学卒業と同時に、
逃げるように家を飛び出しました。
月日は流れ……七度目の夏が訪れたある日、一通の手紙が実家から届きました。
封を切るとそこには、叔父の名前で祖父が亡くなったことが記されていました。
そして、もう一度戻ってきて欲しいと言うことが、記されていました。
一生戻るつもりもなかった智也でしたが、心の中にある何か熱いものに気づき、
もう一度だけ戻ってみようと思いました。
七年ぶりの実家に向かい、バスに揺られながら目を閉じると幼い日のことを思い出します。
両親に拾われ兄妹同然で育った『萌』のことを……。
そして、自分の犯した過ちを…。
智也は昔のことを思い出しながら、七年ぶりに実家である神社の鳥居をくぐりました。
友を捨て萌を捨てた智也の鼓動は、否応なしに高まります。
智也は、ここに帰ってくるべきではなかったかもしれない…と思いました。
しかし、昔の仲間達は、あの頃変わらずで何事もなかったかのように智也に接してくれました。
叔父の再会を果たし部屋に戻ると、一通の手紙が置いてありました。智也が封を切るとそこには、
もう一度会いたい…と書かれていました。
智也が約束の場所に行くと、萌が現れ想いを伝えます。
智也は萌の言葉に家を出たもう一つの理由を思い出し、自分自身を悔います。
智也は自分自身と向き合い、素直になろうとします。
そして、智也は7年前に言い出せなかった想いを伝え、萌と結ばれます。
次の日叔父に、跡継ぎのことについて相談されます。智也は夏休みを利用して、その答えを出そうとします。
そして、短くも長い夏の日の物語が始まりました。

▼登場キャラクター
●天宮萌(あまみや もえ)
ずっと智也を待ち続けた健気な義妹
幼い頃に智也の両親に神社で拾われ、引き取られた少女。
智也が家を出た後は正式に巫女となり、祖父と共に神社を守りながら
義兄のことを待ち続けていました。
智也に実の兄以上の想いを抱いていて、数年ぶりに再会したその夜、
萌はついにその想いを智也へと告げます。
容姿端麗で家事全般が得意な、まさに大和撫子の鑑とも言える萌ですが、
先代の巫女である義母のような女性になるべく、日々の精進は欠かしません。

●緒川京(おがわ みやこ)
神社の巫女のまとめ役は主人公の腐れ縁
智也の昔からの親友で、もはや腐れ縁とも呼べる仲。現在はもう一人の腐れ縁、浩志の彼女となっています。
勝気で口が悪いながらも面倒見の良い女性で、智也が不在の間は京が萌の姉代わりを務めていました。
そのため、萌を心配して智也に口うるさく言うこともしばしば。
神社には正式な女性神職として就職し、バイトの巫女達を取り仕切る
まとめ役となっており、智也や萌にとっては公私にわたって頼れる存在です。

●麻生文乃(あそう ふみの)
どこか浮世離れした銀髪の巫女
外国人とのハーフで、銀髪碧眼という日本人離れした外見をしていますが、神社の立派な巫女です。
のんびりとした性格で、どこか浮世離れした雰囲気を漂わせています。
ところが中身は天性の毒舌家で、物腰穏やかな口調で痛いところを
的確に突いてきます。本人に自覚が無いのがさらにタチの悪いところ。
見た目とは裏腹に日本文化に興味を持っていて、誰よりも巫女らしく
あろうと努力しています。それゆえ、ハーフであることに触れられると機嫌が悪くなってしまいます。

●鷹本椿(たかもと つばき)
主人公を敵視する萌の大親友
小学校以来の萌の大親友で、萌を手伝うためにアルバイト巫女として神社で働いています。
見た目どおり明朗快活で元気なボクッ娘ですが、自分とは正反対の萌をいつも心配しています。
そんな椿にとって、萌を数年間もほったらかしにしていた智也は敵も同然。神社で働き始めた智也に対して、
あからさまに邪険な態度で接してきます。

●水原古奈美(みずはら こなみ)
イマドキ少女な遊び人巫女
天宮神社でバイトする巫女の一人で、和音とは親友同士。
常にハイテンションで底抜けに明るい、いわゆる「イマドキの女の子」
お世辞にも真面目とは言えない勤務態度なうえにサボリ癖まであり、しょっちゅう京に叱られています。
しかし、どんなに叱られてもめげないところが、古奈美の長所であり短所だったりします。

●七瀬和音(ななせかずね)
沈着冷静不思議系巫女
天宮神社の巫女の一人で、親友の古奈美と共にバイトしています。
古奈美とは対照的に冷静沈着で、感情をあまり表に出すことが
ありません(本人は喜怒哀楽をしっかり表現しているつもり)
古奈美と行動を共にしているため不真面目に見られがちですが、
根は真面目。しかし、実は天然ボケだと言う話も…。

●和泉浩志(いずみ ひろし)
幼馴染で腐れ縁の親友
神職見習いとして神社で働く主人公の幼馴染であり、京の彼氏。
子供の頃から3人で悪さをしていましたが、今もあまり変わっていません。
まさに『腐れ縁』ですが、主人公にとっては頼れる友人でもあります。

●千田竜彦(ちだ たつひこ)
主人公を見守るナイスミドル
現在、天宮神社の神主を務める智也と萌の叔父さんです。
今回、智也が神社へ帰ってきたのも竜彦の手紙があったればこそ。
まだ若くて苦悩する智也や萌を温かい目で見守り続けます。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003713
ファイル名/ファイル容量
総計 1.07GB
VJ003713.part1.exe / 858.31MB (900000000Byte)
VJ003713.part2.rar / 235.77MB (247219599Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002481D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002481D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹巫女・萌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ルネには珍しい「純愛」+「調教」SLG

2009年06月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

ルネの巫女調教SLG。
 ストーリーは義妹の萌や他の巫女さんたちとの愛をはぐくむルネには珍しい純愛系?とはいえ萌とはすぐに恋人同士になりますが。今回は純愛系ですので得意の淫語表現についてはヴァルキリーあたりより少々おとなし目ですが、それでも十分にエロいですし声優さんも頑張っていると思います。
CGについては相変わらずエロくていいです。田丸まこと氏初の純愛系作品ですが、意外とこちらのほうもイケるのではないでしょうか。Hシーンについては当然ですが萌中心。もみじ並みにあったりするので埋めるのは大変ですが頑張ってみてください。選択によっては他のキャラとのHやエンディングも可能です。ただし、あるキャラについてレイプシーンがあったりするので純愛スキーはその点注意です。
 システムはいつものルネの調教システムだが、難易度的には中級レベル。「もみじ」や「ヴァルキリー」ほど複雑ではないので、ステップアップにはちょうどいいのではないでしょうか。あとはいくら中出ししても妊娠しないので多い日も安心!?
 巫女スキーなら買ってソンなし。調教SLGが好きな人にも。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]