美少女ゲーム > 暗黒劇場 > 虜囚 -RYOSYU-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月05日
シナリオ 広崎悠意
イラスト 広崎悠意
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 凌辱調教育成SLG
その他
ジャンル

作品内容

■■■ストーリー■■■
人生に失敗し恋人にも逃げられ、絶望した男が自殺を決意する。
いよいよ死のうと踏み切りの前に立ったとき、男は見知らぬ女に声をかけられた。
女は、男に一粒の薬を渡し「それがいつでも楽に死ねる薬」だという。
男は、その薬と引き換えに、女に一人の少女の調教を依頼される。
この世に別れを告げようとした男が、隔離された山荘での調教生活を持ちかけられた。
用意された山荘に居た調教ターゲットも自殺を考える少女だった。
男と違い無理やり連れて来られた少女は、辱めを受けながら気丈にその状況に抵抗した。
少女を二週間で堕とせというのが、謎の女から与えられた指示だった。
そして、屋敷の地下には調教部屋が……。
自ら人生に終止符を打とうとした二人の男女の、調教という名の奇妙な交流が始まる。

■■■登場キャラクター■■■
▼小野寺秀一(おのでら しゅういち)
事業に失敗し、恋人には裏切られ失意のどん底にいる青年。
自分の無力を感じ、社会に接することが苦痛となり、死を決意する。
本来は真面目な普通の男だが、ボタンの掛け違いのように不幸に追い込まれ、
彼は「調教」を自分の逃避場所として受け入れる。

▼瑞樹詩織(みずき しおり)
父親は教師。優秀で快活な学生であったが、イジメに遭っている友人を見捨てる言動をしてしまい、友人は自殺。
罪の意識に苛まれるうち疲弊して後追い自殺を考えていた。
山荘に連れて来られたのを自分への罰とも考え、受け入れがたい状況に耐えている。
大人しそうな外見だが、一度は死をも決意したためか、主人公に対する物言いははっきりしている。
調教と称して自分を襲う主人公に対し、その人間的弱さを指摘する。

▼木暮美央(こぐれ みお)【謎の女】
自殺を考えている秀一と詩織を山荘に連れてきた女性。
秀一に調教の記録をつけさせ、それを売るのが目的と言っているが、本当の目的は謎。
ここに男女を招く役割を、調教を終えた女が代々引き継いでいるとも考えられる。
年齢は不詳だが詩織とそう違わないように見える。
いつも含みのある笑みを浮かべ、言動は時として浮世離れしており、
主人公とのやりとりは時としてユーモラスでさえある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003712
ファイル名/ファイル容量
VJ003712.zip / 250.57MB (262741036Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002756D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002756D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「虜囚 -RYOSYU-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

古き良き調教モノの復活

2017年01月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

過去に広崎悠意さんが原画を手掛けた名作調教ものの系譜です。
数字を管理しながら進める、古き良き時代の調教ものです。
昨今この手の調教ゲームはあまり見かけなくなってしまったので、うれしいものです。
ロープライスながら、プレイ内容は豊富ですし、結構過激なものも含まれています。
調教ものとしては管理がしやすい方だと思います。過去触れてきた方たちは懐かしさを感じますし、興味がある方の入門編にもいいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]