>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ i18n[lang].total }}{{ items.length }}{{ i18n[lang].images }}
はなマルッ!2 [TinkerBell]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ i18n[lang].toolDesc }}

{{ i18n[lang].rate01 }}

{{ i18n[lang].rate02 }}
{{ i18n[lang].rate03 }}

{{ i18n[lang].rate04 }}

{{ i18n[lang].rate05 }}
{{ i18n[lang].rate06 }}

{{ i18n[lang].rate07 }}
{{ i18n[lang].rate08 }}

{{ i18n[lang].rate09 }}

{{ i18n[lang].rate10 }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月05日
原画 あおじる
シナリオ 秋華
声優 青川ナガレ  /  このは  /  平野響子  /  中野志乃  /  東かりん  /  木下鈴  /  安堂りゅう
年齢指定
作品形式
アドベンチャーゲーム / は〜とぶれいく学園怪しげアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー
主人公の夏目葵(ナツメ アオイ)は、ごく普通の生活をしていた。
葵の通う学園は、幽玄種の受け入れ態勢が整っている学園で、
人と幽玄種、それらのハーフなどが混在している。
この学園のある都市自体、幽玄種の受け入れに肯定的で多く幽玄種を見かける土地として有名でもあった。
そんな学園での生活の中、葵はふとした事でむかし自分がTVの変身ヒーローに憧れていた事を思い出す。
「遅刻しそうになっても、変身してあっと言う間に学校に行けるし、変身ヒーローもいいかもな」
ふとそんな事を口にしたが、それが後に葵を騒動に巻き込んでいくキッカケになる。
いつものように幼馴染の苺と学園へ行き、平凡なれどそれなりに楽しい学園生活を終え、帰宅した。

翌朝

机の引き出しからの異音で目が覚める。
おもむろに引き出しを開けると、そこには全裸で何かを齧っている美少女が入っていたのだが…

★登場キャラクター
●萩尾苺(ハギオ イチゴ)
天然でほわほわして、少し泣き虫なところもあるが不思議なことに対する探究心が人一倍強い。
一見頭が弱そうに見えるが、勉強は学園でもトップクラスの成績。
ドの越えた、かなりの方向音痴。
主人公なども所属する「放課後怪しげ団」初代部長をしている。
勢いに任せて突っ走る傾向があり、主人公はそのフォローとツッコミ役。
大きいを『ビグい』小さいを『ミニこい』かわいいを『かわうい』など、独特の単語を使う。
春風寮に住んでいる。
近所に住み、兄妹のように育った主人公が大好き。

●ミルク
若干腹黒な、無口系
「いやッス」「だめッス」など、語尾に『ス』を付ける。
なにを考えているか分かりづらく、他人を煙に巻くような言動をする。
主人公のことをオモチャのように扱うため、主人公にとっては、敵か味方か分からない要注意人物。
主人公をある日突然現れたミルクが、なぜか強引にヒーローに変身させてしまう。
ただし、変身した主人公の格好はポリバケツにブリーフである。
目的は不明だが、デザインは単なる嫌がらせのようだ……

●マリーゴールド
魔王の娘で、普段はマリアと呼ばれている。
典型的なツンデレで、主人公とはケンカ友達。
意外と面倒見はよく、苺や下級生にお願いされると、しぶしぶ言うことを聞いてしまう。
学園では高貴な魔族のように振舞っているが、実は重度のオタクでコスプレイヤー。
コスプレでは、大きな胸を生かした露出が多めの服装を好む。
人類のオタク文化を愛しているが、恥ずかしいので学園では隠している。
主人公のことは憎からず思っているが、照れる気持ちや苺の事があり、素直になれずにいる。
春風寮に住んでいる。
家出状態で飛び出してきたので、非常に貧乏。

●イシス・ベル・スプレンデス(家来:インプゥ)
やや儚げで、おっとりとしているが、芯は強い。
根が真面目で、なにか困ったことがあっても自分の中に抱え込んでしまうタイプ。
常に丁寧な口調で話し、誰に対しても1歩引いたような所がある。
苺と同じで方向音痴な上に、一緒にいる家来まで方向音痴なため、よく道に迷っている。
魔界とは親戚関係にある冥界のお姫様。
人間界との交流の意味もあって主人公のいる学園に留学で来ている。
初めて学園に来る時に、迷っている所を主人公に助けてもらったこともあり、
主人公のことを密かに頼りにしているフシがある。
春風寮に住んでいる。

●白鳥桔梗(しらとり ききょう)
物腰の柔らかい、インテリ風の性格をしている。
頭脳明晰で退魔師としての腕もいいが、本人は幽玄種と人間との共存を望み、
幽玄種である妖魔を封印したり退治する退魔行為を嫌っている。
幽玄種保護監察官として活動している。

●香山紫苑(かやま しおん)
天女であり、齢数百年とも、数千年とも言われている(実年齢は教えてくれない)。
おっとりした柔らかい雰囲気の美少女で、気品や他人に対する思いやりを持った、お嬢様的性格。
一見するとボーっとしているが頭の回転は速く、すこしイタズラ好きなところもある。
自分の身体の魅力をよく理解しており、時々主人公を冗談っぽく誘惑したりする。
楓の上位にあたる神で、楓とは母親や姉のような関係。

●楓(かえで)
学園の古びた社に奉られている、神様見習いのお稲荷さん。
「きゅーきゅー」としか喋れない。
昔、同じ社に奉られていた「紅葉」というお稲荷さんを姉のように慕っていた。
純粋で子供のままの性格、主人公の心に自分と同じ純粋なモノを感じ取り、すぐに好きになる。

●桐嶋光(きりしま ひかり)
学園の生徒会長で、世界に名だたる桐嶋財閥の御曹司でもある。
両性をもつ幽玄種で、成人になる前にどちらの性になるか決めなければならない。
両親からは娘になってほしいと望まれているが、本人は男になりたいと男子制服着用で通学する。
楽観的な性格だが、根はマジメで真剣に友人のことを考えている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003710
ファイル名/ファイル容量
総計 1.46GB
VJ003710.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003710.part2.rar / 735.54MB (771268122Byte)
CPU
1GHz以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002678D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002678D)

はなマルッ!2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「はなマルッ!2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!本番は本編の後!?

2009年06月25日  シャボ さん

このレビューは参考になった×10人

本編はとある事情で主人公が変態ポリバケツ仮面となり困っている人を助けていくという、おちゃらけ学園ストーリーが延々と続いていくだけです。
Hシーンは皆無で、選択肢がいくつかあり攻略キャラが決まるという内容になっています。

ですが頑張って本編をクリアした後にお楽しみが待っています。攻略キャラに対応したIFストーリーが見られるようになっており、そこから本番が始まります。サンプルCGに見られるように本編からは想像できないような凌辱に次ぐ凌辱。ほんのわずかに和姦っぽいのもありますが、ほとんどが凌辱系です。対人もありますが、触手の方がメインとなっています。
快楽の渦に叩き込まれ我を忘れて堕ちていく様は、さすがTinkerBellといったところです。最初はめんどくさく感じていた本編ですが、IFでの異常さがより一層際立つようになっており、こういう手法もアリかなと思いました。

二プルファックやスカ、蟲出産などかなりハードな表現があるので人を選ぶ作品ですが、サンプルCGを見て反応してしまった方は、購入してまず損はないと思います。

あとこれは完全に個人的な好みですが、淫妖蟲や蟲惑の刻等のキャラがちらほらと出てきているのも良かったです。またしろタンのcvが某有名声優さんなところもGOODでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

TinkerBellファン必見

2013年08月30日  TLL さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

実は前作の「はなマルッ!」は未プレイでしたが、
あまりの人気さ故に購入してしまいました。

ほかの方のレビューにもありますが、
TinkerBellが好きな人ならかなり楽しめると思います。
ハードな内容も含まれていますが、サンプルで楽しめた
人なら問題ないはずです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!TinkerBell好きにはオススメ

2011年11月06日  牧歌 さん

このレビューは参考になった×0人

TinkerBell好きにはオススメの一作です。

内容的には学園のほのぼの系でギャグストーリーが主ですが、シナリオをクリアした後に出てくる、オマケがTinkerBellならではの触手による女の子キャラ達の凌辱が楽しめます。

ほのぼのギャグを楽しむも良し触手凌辱を楽しむもよしのひとつで二度美味しい作品と言えるかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!攻略後に解禁されるifが濃い

2011年11月06日  ぎゃるげ@汁マニアックス さん

このレビューは参考になった×0人

本編は、萌とギャグ要素が強く、CGも可愛らしいイベントシーンが多い。インプゥやら、しろたんやら、マスコット的キャラも味があってとても良い。ちなみに、しろたんの声優だが、某若○氏が担当しており、序盤は結構シナリオを盛り上げてくれて面白いが、後半では、ほとんどナレーションでの一言しか登場しなくなるか、苺に口に手をつっこまれて、もがく声しか聞けなくなってくる。正直、ヘッドホンで聞いてると、段々うっさくなってくる。

そして、本編を攻略して、萌とギャグ要素満載の展開で、そのままスタッフロールが流れ終了となる。この段階ではHシーンは一切登場しない。

お楽しみは、各キャラ攻略後で、攻略したキャラクターのifが解禁される。こちらは、本編と違いTinkerBellらしい、ハードな18禁ゲームとなっており、触手やニプル、スカ、精液便所等、多種多彩なプレイ内容、特にほとんどのキャラでスカありのCGを見ることが可能。本編とefのキャラのギャップは見事で、新しい趣向の見せ方だと思うし、これによって、複数の男や触手に犯されるヒロイン達に、より一層の性的興奮をもたらしてくれる。

アヘ顔やぶっかけも、もちろんで、実用性は非常に高い。各キャラのCG枠、特にサブキャラの場合は、それほど多くはないのだが、一つ一つのエロシーンの尺が長く、差分の枚数が豊富なため、十分な内容となっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

良ゲー

2010年10月28日  にょるの さん

このレビューは参考になった×0人

ストーリーはキャラごとに選択肢(選択肢といっても、みえみえのもの)があるが、内容は薄く淡々とゲームが進み、H展開せずのEND。
本編はそんな感じで、クリア後に攻略したキャラに応じたIFルートがでます。
が、はっきり言って、改造、出産、触手、陵辱などの嗜好or耐性が無いとテキストを読み進めるのは無理でしょう。
一応、和姦もあります(確か3つ)が、購入を推奨できるのは、前記の嗜好もちの方です。

個人的には良い陵辱ゲーでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Hシーンないんですか…やっぱりあるんですか?!やったー!

2009年10月13日  てんぷら さん

このレビューは参考になった×4人

あれ?このゲームエッチシーンないんじゃないか?

そう思っていた時期が私にもありました。
本編クリア後に、ifストーリーの形でエロパートが出ます。
ifだけにやりたい放題で、本編の清清しさはなんのその。
どれも救いの無いハードな展開が…

同社のウリ(?)のハードシチュエーションがあおじる氏の濃い絵で楽しめます。
改造、出産、その他諸々普通のエロゲーに飽きたという方は是非
この鬼畜っぷりはなかなか拝めません
サンプルCGで感じるものがあったらお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]