>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年05月29日
原画 しんたろー
シナリオ ヤマグチノボル  /  桑島由一
音楽 ランティス
その他OPテーマ:『アキバで抱きしめて 〜HOLD ON ME @ AKIHABARA〜』唄:大野まりな/EDテーマ:『LINK』唄:橋本みゆき/挿入歌1:『妹でもいいの』唄:フロン/挿入歌2:『私立アキハバラ学園校歌』唄:フロン・アイ・ショウコ
年齢指定
作品形式
アドベンチャーゲーム / オタクコミュニケーションADV
その他
ジャンル

作品内容

★★★ストーリー★★★
転校を機にオタクを卒業しようとする主人公、冬馬壮一郎。
しかし、義理の妹の琴未の策略により、アキハバラにある私立アキハバラ学園に転校する事になる。
そこは主人公よりさらに濃い様々なオタクが集まる学園だった。
校内ではメイドが案内してくれ、学園長は等身大フィギアを抱いている。
そして主人公は美少女ゲームシナリオコースに編入が決まってしまう。
同じく転校してきた麻里子はオタク嫌いのふつうの女の子で、
何かと主人公に絡んでくる担任は子供のような容姿のなみ先生。
案の定クラスメイトはオタクだらけ。
主人公はとまどいつつも学園生活を始めるのだった。

★★★登場キャラクター★★★
●冬馬琴未(とうま ことみ) B78/W54/H79
あこがれのアキハバラ学園に入学できて嬉しがる義理の妹。
義理であることを隠さず、主人公に子犬のようにまとわりついてくる。
オタクなだけあって絵が得意。他の女性が主人公と話していると
焼き餅を焼いてじゃまをするかわいい一面もある。

●村井麻里子(むらい まりこ) B83/W59/H82
オタクが嫌いな普通少女。
アキハバラ学園の学園長を叔父に持ってしまったために、
アキガクへ編入してくるハメに。クラスメイトとの折り合いは当然悪い。
妙なプレゼントが好き。気が短いが、割と寂しがりや。

●神凪文(かんなぎ あや) B94/W63/H90
長い黒髪(伸ばしっぱなし)と、巨乳(Hカップ)がトレードマークなアキガクの女子学生。
性格は温厚で、自分を主張しようとしない。
かなり『濃い』オタクらしいのだが、何オタクなのか誰も知らない。
趣味のためにメイド喫茶でバイトしているらしい。

●里中なみ(さとなか なみ) B??/W??/H??
主人公のクラスの担任。科目は一般教養。
一般常識を知らないアキガク学生のために、
毎日一般常識(妙な)の授業を必死にやっている。
見た目に割とコンプレックスを持っているらしく、
子ども扱いすると怒る。その癖、趣味が子供っぽい。

●綾小路シンシア(あやのこうじ しんしあ) B86/W62/H90
関西から転校してきた、フィンランド人と日本人のハーフ。
自分をホンモノのエルフと言い張る困ったさん。「それってコスプレじゃん」
と突っ込むと矢は打つわ、レイピアは抜くわで大騒ぎ。
アキガクの中庭の木の上に小屋を作り、そこに住んでいる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003696
ファイル名/ファイル容量
VJ003696.zip / 1.52GB (1630584539Byte)
CPU
PentiumII 333MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002761D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002761D)

私立アキハバラ学園の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私立アキハバラ学園」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!思わずフイちゃうネタ満載!

2009年05月29日  みそじん さん

このレビューは参考になった×6人

ヲタクであることを卒業しようとした主人公が妹の策略によってヲタクの専門学校へ転校させられてしまうというお話。
ヲタクの学校ということで学生はみんなヲタク!
しかもとても個性の強い曲者揃い!!
ここまでキャラクターの濃いゲームは今だ出会ったことが無いです。

序盤からヲタクネタ満載ですが、
個々のルートに入ると意外にシリアスな展開でそれぞれのキャラクターが抱えている問題なども描かれておりグッド!
ヲタクをテーマにしているだけあってエロのツボは押さえていますよ!!

こんな学校があったら入学したかったです(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

テンションがいい

2014年06月03日  ラトラト さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

テンション高めのいいゲーム、主人公突っ込み型が好きなら選択肢としてありです。
一時流行ったアキバ系の女の子とモニョモニョがメインで、中々ギャグ要素もしっかりしてます。
値段もお手ごろで、気楽にできますね

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

サービス、サービスぅ!

2010年11月09日  サンライト さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

このゲームを一言で申せば「おつまみ」ゲームです。
何故なら純然たるストーリーを楽しむ正統派としてはやや物語が短いですし
かといって「おかず」的ないわゆるエロゲ的にも濃厚というわけでも
ありませんので「おつまみゲー」なのです。

 オタのハウトゥールートである麻里子、アレな文以外はアキバじゃなくて
も良い気もしましたが、個人的に文ルートは実体験もあって凄くリアルでしたw

 システムとしてはキャラが瞬きを常にしたり耳がピクピク動いたりしているので見て
いて面白いです。また、セーブ画面でキャラアイコン使用できるのでどのルートを
攻略しているか一目瞭然なのも○。

 なおこの作品は男性だけですが「毛」があります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

シナリオがいいと

2010年01月20日  ぴぴるま7 さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

シナリオは想像以上に凝っていて、いろんなパターンがありました。よい意味で裏切られた!
以外と、男子同級生やサブ女性キャラがしっかりキャラクターが立っていて、楽しめる。
逆にヒロイン勢が影が薄いこともw
シナリオのボリュームのちょうどよくて、さくさくいろんなルートで遊べれる。
こりゃー、ファンディスクも楽しみだなぁ。
ゲームは秋葉原界隈なので、土地勘がある人は別の意味で楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

物語のギャップ

2009年07月24日  はや歩き さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

秋葉原に存在し、オタクを育て上げる一風変わった学園を舞台にした作品です。

作品自体は、各ヒロインそれぞれについて、話を作りこまれています。通常パートは、二次元オンリーの「ネコミミ」とアメリカ人の「ジェット」の存在により、面白おかしく話が進んで行きます。その後、各ヒロインルートに入ってくると、だんだんと物語が各ヒロインにスポットが当たっていき、シリアスな面が出てきます。個人的には、この通常パートと、ヒロインルートの物語の作りのギャップがすごく良かったと思います。

エンディングは、各ヒロインキャラにつき1種類のみです。しかし、エンディング突入前の最後のエッチシーンが2種類存在しており、1つは割と普通な感じのもので、もう1つの方は、結構エロい感じでした。分岐は、前半から続く選択肢で、いかに「ノーマル」で行くか、「エロ全開」で行くかで決まってきます。ちなみに、ヒロインキャラの分岐は、移動パートのみでコントロールされていました。また、バットエンドも存在しますが、これはどちらかといえば、メイド3人集のルートという感じでした。

ここまで書いてきたとおり、ストーリーの出来は結構良かったです。惜しまれるのは、やはりCGでしょうか。もう少し差分があれば、もっと良い作品になっていたことだろうと思いました。

何はともあれ、物語の出来はかなり良いので、ストーリーを楽しみたい方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!♪アキバラバラバ、アキバ萌え萌え〜

2009年05月31日  A-GE さん 投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×5人

舞台がアキバ・コンセプトがオタクという作品だけあって、攻略ヒロインは勿論の事、サブキャラに至るまでキャラのインパクトが凄かったです。プレイ開始直後に駅前で“鬼先生”が出てきた時などは思わず「うぉっ!」と思ってしまった程です。他にも“ジェット”のテンションにはかなり圧倒されました。
エッチイベントが、琴未はフェラ・素股などの前戯系、麻里子はバレリーナ・ドレスなどのコスプレ系、文はメイドプレイ・痴漢プレイなどのイメージ系、なみはお漏らし・ブルマ着用などのソフト恥辱系、シンシアはパイズリ・メガネ使用などのオプション系(?)と、ヒロイン毎に系統がきっちりと分けられているのが特徴的です。また、初エッチでイキナリ処女貫通に至るヒロインもいれば、何度も前戯的なプレイをした後、ラストでようやく初セックスに至るヒロインもいます。
ストーリーは全体的にドタバタコメディですが、ヒロイン個別のルートに進むと徐々にシリアスモードが現れ始め、主人公・壮一郎とルートヒロインは困難にぶち当たりますが、それを乗り越えて幸せになるという展開が印象的です。
エンディングは各ヒロインに2種類ずつと、更にバッドエンドも2種類あるので、計12種類に及びます。2種類のどちらに到達するかは、選択肢選びによる好感度が大きく影響します。CGを埋めるのは簡単ですが、エンディングを両方共回収するのが少々困難かも…。
広いユーザーの方にお楽しみ頂けると思いますので、是非お勧めしたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]