美少女ゲーム > Moon Parrot > 紅い夜−星の囁きを聴け−

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年05月22日
シナリオ 荒木瑛
イラスト 荒木瑛 / 近永早苗
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

【女性向け作品】
◆◇◆ストーリー◆◇◆
主人公・成嶋彰人(なるしまあきと)には、幼い頃に家を出て欧州へと渡った母がいる。
母が家を出たのは仕事ばかりで家族を顧みない父親のせいだ---
そんな思いを断ちきれず、彰人は大学入学を機に家を出た。
父の出した唯一の条件、お目付け役の弥彦を連れて。
一人暮らしをはじめて数ヶ月、ある日、町で見かけた外国語学校の宣伝チラシ。
彰人は漠然とした目的だが母との再開のためと、学校入学を決める。

その夜ひとり町へ繰り出した彰人は、町の外れで古い日本家屋を見つけた。
その庭にたたずむ人影。
彰人の目に映ったのはその家にはおよそ不釣り合いな若い外国人の男だった。
男は彰人と目が合うと、男は優雅に、にっこりと微笑みかける。
その妖艶さに、彰人はただならぬ妖気を感じて慌てて踵を返した。
なぜかそのときの光景が、男の妙に光る眼が忘れられない…。

そして外国語学校の初日、教室に現れたのはノエル・シドーと名乗るその男だった。
教室では明るくひょうきんで生徒みんなに好かれているノエルを見ていると
あの夜の光景は嘘だったのではないかと思えてくる。

しかしノエルは…なんと、吸血鬼だったのだ。

民俗学を研究する母との再会、ノエルの過去。
過去へ、現在へ、そして欧州と日本の間を行き来して、舞台は遠い隔たりを結んでいく。
そして不思議な糸の絡まりが少しずつ解かれていくように、彰人の心も—…


◆◇◆キャラクター◆◇◆
■成嶋彰人
主人公。成嶋コンツェルンの一人息子。
しかし父に反目し、跡を継ぐ気はない。
3歳で母と離縁し、ほとんど家政婦など他人の手で育てられた。
12歳の時に父の命で彰人の面倒係として住み込むことになった弥彦にだけは心を許している。
強気ではあるが寂しがり屋。
物事をまっすぐに捉え、喜びや哀しみの感情を素直に出すタイプ。
甘党(お気に入りの飲物:冬はココア、夏はアイスミルク、蜂蜜入り)。
小遣いは父親から月10万(推定)、ただし弥彦に財布を握られているので好きには使えない。

■堂本弥彦
彰人の父親の秘書。絶対の信頼を置かれているほど、超がつく有能。
子供(12歳)の頃から彰人の身辺世話係でもある(彰人が父親に反発したため)。
日本の大学を出てから2年間留学。
24歳で成嶋の秘書に抜擢、25歳で彰人の面倒を任せられる。
反抗期の彰人に手を焼いたが、次第に彰人が心を開くようになる。
一人暮らしが長いせいか、家事全般が得意。
特に彰人の好き嫌いのお陰で料理はスペシャルな腕前。
好きなことは、洗濯物と布団を晴れの日に干すこと。

■ノエル・シドー
外見は現代風な青年。実は吸血鬼。
普段はどちらかと言うと『軽い』青年風。見た目は27歳くらい。
当然だが吸血鬼であることは隠して人間として暮らしている。
しかし面とは裏腹に、繊細で、厭世にも近い暗い虚脱感を内包する。
母に関しての辛い思い出を持ち、母親に会いたいという彰人に対して共感を抱く。
フランス系だが、普段は英会話学校の教師。

■カミーユ・ランタン
ノエルと共に生き残る数少ない吸血鬼一族の一人。
ノエルを追って、日本へやって来る。
自分を選ばれたものとして誇りを持ち、人間を下等なものとして見下している。

■高木知義
体育会系。
明るく、ひとつのことにあまりこだわらず、くよくよしない。さっぱりした気風。
とにかく良く食べる。

■佐々門由宇奈
『オカルト倶楽部』部長。
背が低く童顔、彰人より年上には見えないが、奇妙な押しの強さと行動力を持つ。
庵野助教授に傾倒している。
超常現象には目がないが、意外と常識人。

■山村淳
『オカルト倶楽部』副部長。
佐々門の親友、というよりも片腕、相棒、ブレーン。
佐々門を尊敬している節もあり。
物静かで何を考えているか外からわからない。

■庵野静
文学部助教授。民俗学、ヨーロッパの歴史・伝承を専門とする。
若くして学会で取り上げられ助教授に抜擢されたため、学会内や教授らで疎ましく思う者も。
親しみやすい講義内容と、若く端正な顔立ちで講義はいつも満席。
彰人に特に気をかけているようだが、どこか裏がありそうなところも。

■萩原流仁
弥彦の大学の先輩。大学を出てすぐに同棲、できた子供が佳。
若さゆえ突っ走るあまり彼女と子供を気遣えず、結局佳が生まれてわずか3ヶ月で破局。
もともと持つ正義感から検事への道を進んでいたがやる気を失い、しばらく職を転々として探偵業につく。
押しの強さと諦めの悪さ、他人がつい気を許してしまう人懐こさ。
腕は立つのだが、浮気調査やペット探しなど大した仕事しか入ってこない。
生活はずぼらで、何日か風呂に入らなくても平気。
現在は独身。商売柄、水商売のお姉ちゃんに頼られて人気者。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003691
ファイル名/ファイル容量
VJ003691.zip / 275.05MB (288414808Byte)
CPU
PentiumII 450MHz以上 / PentiumIII 600MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
HDD
空きHD400MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
注意事項
※ 女性向け作品
ソフ倫受理番号
受理番号0002711D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002711D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「紅い夜−星の囁きを聴け−」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!切なくて、サイコーでした。

2011年02月18日  

このレビューは参考になった×0人

この作品は、吸血鬼を扱った作品ですが、主にその手の話はメインのキャラ「ノエル」をお相手にした時ですね
かなり切なくて、泣いてしまうくらいでした。

エッチなシーンそのものよりも吸血シーンの方がドキドキものでした。

声が無くてもBGM、シナリオが良いので全く気にならないです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]