美少女ゲーム > LOVERSOUL > 春萌~はるもい~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 LOVERSOULフォローする
販売日 2009年04月17日
シナリオ 夏葉薫 / 水月紅葉
イラスト はいおく / 菜然しかな
声優 佐本二厘 / まきいづみ / 茶谷やすら / このかなみ / 千砂 / 佐藤千幸
音楽 朝霧奏[Mistycphase]
その他テーマソングA:『春萌〜はるもい〜』/テーマソングB:『きっと夢と雪でできている』 唄:榊原ゆい
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー
『変わらない景色と、春の呼び声が聞こえる』
3月。
卒業式を控えたその青年は、彼の最後のフィナーレを迎える事無く田舎へ送還されることとなる。
凍るような風に東京からうっかり薄着で着てしまった主人公、藤川通明。
そこは北西部の外れにある小さな小さな町。
この町に戻ってきたのは実に5年ぶりだった。
けれど其処には懐かしい顔ぶれ。
「おかえりなさい」
「ただいま」
何気ない挨拶もどこかぎこちないけど、彼は何処か居心地のよさを覚えた。
お姉さん気取り、同い年な幼なじみ。元気と無邪気がとりえの従妹。そして彼の記憶に無い少女。
通明はこの地で想い出の少女たちと再会し、或いは出会いそして恋に落ちる。
なにもないこの町で、この土地で。そして終わってしまったこの町で…。
少女と出会い恋をするあったかくてちょっぴり切ないおはなし。
『ここには何も無いけれど、恋愛ができるよ』

◆登場キャラクター
●藤川通明(ふじかわ みちあき)主人公
名前を言えば誰もが知っている東京の大学にこの春から通う学園生。この春、田舎に戻ってきた。
卒業式を終え、入学式の間までヒマなので祭りを見てから東京へ帰る事にしている。
面倒見がよく目上の人には敬語を忘れない好青年。だがムッツリな面も。

●風真沙緒(かざますなお)
『…何を恥ずかしがっておる』
町外れの神社の跡取り娘。五年前、通明と入れ替わりにこの町に引き取られて来た。
表情に乏しい上に奇行が多く、何を考えているのかよくわからない。
良く言えば神秘的、悪く言えば奇人であるがかわいいので去年度のミスのともいに選ばれていたりする。
業務拡大のためふれあいマスカレードの共催に食い込もうとするも政教分離を盾に取られて失敗。
嫌がらせ的に春祭りの同日開催を画策している。
飄々と抑揚のない話し方をし、物静かだが、決して無口ではなく、
ひとたび口を開けば反応に困るたわ言ばかりをのべつ幕なしに垂れ流してくる。
父は既に亡く母は東京在住のため、母方の祖父母と同居中。
好きな食べ物。うどん。

●藤川りるけ(ふじかわ りるけ)
『いい?お兄ちゃん。ねぎは身体にいいんだよっ』
通明の従妹。涎のでそうな口元だがたれそうでたれない。
脳へ行くべき栄養が全て胸に吸い取られたと、そんな噂で持ちきりの巨乳学園生。
有体に言っておバカであり、控えめに言ってアホである。
純真無垢な心の持ち主でもあり、お年寄り受けは極めてよい。
能都萌町最年少ゲートボーラーとして、早朝ゲートボールに集うお年寄りの間ではアイドルになっている。
学園でもゲートボール部に所属し、裏庭では家庭菜園を営むという土臭い趣味を持ち、
田舎暮らしに完全に適応しているナチュラルボーン田舎娘。
早朝ゲートボールに行く関係上夜が早く朝も早い嘆きの健康優良児である。
公務員の母と二人暮らし。
好きな食べ物は、牛丼(ねぎだく)

●帆村淡雪(ほむら あわゆき)
『時給450円だけど、働いてく?』
通明の幼馴染。この春から札幌の帝大に通う学園生。田舎暮らしには飽き飽きしている。
が、東京へ出るチャンスだった大学受験に際して札幌で妥協するくらいには
故郷の居心地の良さにも溺れているダメ人間。
その件に関しては心中密かに忸怩たる思いがあるようだが、だからと言って
何をどうするわけでもないあたりが筋金入りである。
尚、一昨年度のミスのともいにも選ばれた美貌の主でもあり、この田舎町で
精一杯都会的な洗練されたおしゃれを心がけている。
テンション高く朗々と話すタイプで、沙緒とはその点では正反対。
お互い正反対なのが心地良いのか、沙緒とは親友である。
実家は商店経営。(自給450円)
好きな食べ物はジンギスカン

◆サブキャラ
●藤川灰音(ふじかわ はいね)
『しけた面しないで元気出す。少年っ』
通明の叔母。りるけの実母。
「叔母さん」と呼んでも振り向いてはくれない永遠の20代(自称)。
能都萌町役場観光課勤務の公務員。
女手一つで娘を育て上げてきた肝っ玉母さんであるが、
不断の節制と飽くなき努力によりグラビアアイドル並のスタイルと
20代前半にしか見えない美貌を維持し続けている。
北空知で最もいい女(自称)であり、能都萌町一の美女(自称)であり、
初代ミスのともいの栄冠に輝いた経歴の持ち主である。
その上官途も洋々だが、ただ一つだけ、娘を愛してはいるもののあまりのバカっぷりに
自分の子育てには疑問を持たないではおれないお年頃。
好きな食べ物は、りるけの手料理

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003619
ファイル名/ファイル容量
VJ003619.zip / 1.1GB (1180353014Byte)
CPU
PentiumII 450MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002699D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002699D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「春萌~はるもい~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Heartful Story in Northland

2009年04月17日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

冬から春へと移ろい行く能都萌町を舞台に繰り広げられるハートフルラブストーリーです。
5年前に能都萌を去った主人公・藤川通明が、1ヶ月限定で能都萌に滞在する事になり、従妹の藤川りるけや幼馴染である帆村淡雪と再会し、更に神社の巫女である不思議系少女・風真沙緒と出逢い、恋愛に発展して行きます。
プレイしてみて、藤川母娘がとても強く印象に残ってます。
りるけに関しては朝早くからクリティカルな方法で通明を起こすハイテンションさや、如何なる時でもネギを手放さず、食事のメニューもネギだくにするほどのネギバカっぷりは凄いの一言でした。また、そんなバ……知的にチャレンジスピリットなキャラ性と、まきいづみさんのボイスが見事にマッチしていました。
灰音に関しては、何といってもテンションの高さとノリツッコミがインパクト大です。
また、藤川母娘ほどインパクトは強烈ではありませんが、沙緒も掴み所のない不思議さがありましたし、淡雪はかなり王道的幼なじみに近い感じを受けました。
エッチシーンは基本的にノーマルですが、若干コスプレが入ります。
期間限定の滞在で誰と愛を育むかは、貴方次第です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]