美少女ゲーム > エイチソフト > 泣かぬなら 鳴かせてやろう 女学生

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年04月10日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ポリゴンアニメADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー
 プレイヤーは連れ去った女性を自分の虜にし、これが
 恋愛の末の失踪なのだと証明しなくてはならない。

 純愛を貫くのか?従順にさせるのか?
 いずれにしても捕まるのは時間の問題。
 限られた時間の中で、娘との幸せを掴むのだ!

◆登場人物
・青年(主人公)
 この物語の主人公。
 街外れの寂れたアパートに一人暮らしで、土建業をしている。  
 決して恵まれているとはいえない環境で育ち。
 日々満たされぬ生活を送っていたが、ある日通勤途中で出会った少女に一目ぼれする。
 0か100かで物事を判断する価値観と純粋な感情があいまって、狂気を駆り立てる。
 少ない時間の中で彼女を従順し、彼女のココロを手に入れて恋愛の
 末の失踪であると証明すれば、すべてOKだ!

・牧野 あおい
 まだ幼さの残る少女。都内の私立学園へ通っている。
 裕福な家庭環境で育ち気立ては良く、学園でも優等生。狭い世界観に疑問ももたずに暮らしている。
 男性に興味が無いわけではないし、もてないわけでもないが恋愛話は苦手。
 肉体的な経験はなく、突然見知らぬ男と失踪し、繰り返される非日常の中で彼女は…。

・宮田 早苗
 主人公と同じ会社で経理事務を担当している女。
 父子家庭で進学をあきらめ就職を選んだ。今の生活や自分自信に不満がないわけではないが、
 人並みに生活できているので自分には相応だとあきらめている。
 主人公に好意を抱いているが奥手な性格からか、自身への劣等感からなのか、
 思いを告げられずにいる。ふとしたことから、青年が事件の犯人なのでは?と疑い始める。

・篠原 透子
 牧野あおいの失踪事件を追うジャーナリスト。
 しかしその実態は敏腕の女刑事。
 数々の難事件を解決してきた彼女は、仕事に対して「周りの男達に負けたくない女だからといって
 馬鹿にされたくない」という少し過剰なプライドをもっている。
 この失踪をはやくから事件だと考え独自の調査で容疑者として青年を割り出した、
 しかし彼女は青年と接触することによって、自身が認めることを許さなかった「女」という壁を
 思い知る事となる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003608
ファイル名/ファイル容量
VJ003608.zip / 1007.24MB (1056166936Byte)
CPU
Pentium4 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
VIDEO
32MB / 64MB以上 3Dアクセラレータカード対応のもの ※Sis系一部ボード非対応
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
注意事項
※本作品は、ダウンロード販売を行うにあたり、パッケージ版を元に改変したものです。
ソフ倫受理番号
受理番号0002902D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002902D)

泣かぬなら 鳴かせてやろう 女学生の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「泣かぬなら 鳴かせてやろう 女学生」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ストックホルム症候群という心理変化があります

2009年05月13日  

このレビューは参考になった×7人

人質にされたり誘拐された被害者が『死にたくない』という生命存続願望から犯人への忠誠・依存の気持ちが強くなり、やがて犯人を愛するようになってゆく現象です。もちろん総ての被害者がそうなるとは限りません。現に少女時代から十数年監禁され肉奴隷化されていた某女性は『常に犯人への恐怖』しかなかったそうですから。
 この作品は、ストックホルム症候群によって犯人の青年を愛するようになってゆく話です。しかし、ゲーム中青年の選択肢が彼女の好意を踏みにじった場合、破局が訪れます。また、エンディングはいくつかありますが、捜査の手を逃れ少女とラブラブハッピーエンドとなるエンディングはひとつしかありません。あとは……逮捕ならまだ良い方で、選択肢を誤れば誰かが命を落としますので御注意を。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]