美少女ゲーム > 河童堂 > 舞菜MAINA ~破邪の血脈~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

▼ストーリー
古より続く陰陽師の一族。
賀茂陽一郎は陰陽師の流れを汲む「陽の者一族」の宗家の惣領息子。
しかし、その能力は微かに邪の存在を感じることができる程度だった。
ある日、陽一郎の大学で霊騒動が起きる。陽の者の一族として霊の存在の確認と浄化に出向くが、
いざ霊を目の前にしても何もできない。そこへ婚約者の香月舞菜が現れ簡単に霊を徐霊してしまう。
しかし、事件はまだ終わっていなかった。浄化されたと思われた霊が再び現れのだ。
邪を操る人物の存在に気づき追い詰める陽一郎と舞菜。が、その姿を見た陽一郎は呆然とする。
それは死んだと聞かされていた元婚約者の阿部小夜子だった……

▼登場キャラクター
●賀茂陽一郎
主人公(プレイヤーキャラ)。
陰陽師の流れを汲む「陽の者一族」の宗家の惣領息子。
一族の長になる立場でありながら、微かに邪の存在を関知できるだけで、ほとんど能力がない。
だが、本人は別に能力がないことにコンプレックスをもつ訳でもなく、普通の生活が出来ると喜んでいる。
しかし、その実はかなりの潜在能力を持ち、その能力を巡って騒動が起きる。
どちらかというと優柔不断で、舞菜に振り回されることになる。
邪に関する知識だけは、常光にたたき込まれているので舞菜よりも詳しい。

●香月舞菜
香月家は遠い昔に賀茂家から分家している為、陽一郎の遠縁にあたる。
ヒロインの常道に反して、我が儘で高ビーな少女。
無理矢理に陽一郎と婚約させられてしまったが、彼女自身はその婚約に納得していない。
潜在的にはかなりの霊能力を持つが、気分によって能力にムラがある。

●賀茂常光
陽一郎の祖父で、賀茂家の当主。
徐々に能力の薄れていく現代において、唯一無二の能力を持つ。
普段は書道教室を開いているが、依頼があると調伏に出掛けていく。
(これが代々、賀茂家の裏家業になっている)
見かけはただの好々爺だが、陽一郎や舞菜の奥底にある能力を引き出そうと画策している。
その為には陰謀を巡らすこともある。

●阿部小夜子
今回の事件の黒幕。
陽一郎の幼なじみで、元婚約者。
傀儡としての能力がないことから、陽一郎と引き離される。
自分に叶わなかった全てを得ることの出来た舞菜を憎み、その憎しみだけで今回の事件を引き起こす。
舞菜の姉にあたるが、舞菜は生まれてすぐに養女に出されたために存在すら知らない。
色白の美人だが、対峙していると落ち着かなくなるような雰囲気を持っている。

●香坂優佳
陽一郎達とは逆の立場にある「陰の者一族」の一人。
常に日陰者であった一族に対して憤懣を抱いており、また平穏で能力の使い道のないことを嘆いている。
小夜子に反逆をそそのかす存在。
戦乱を望む…といっても別に精神異常者ではなく、陰の一族に生まれてしまったことを嘆き、
その不満が小夜子達とは違う形で噴出しているに過ぎない。
故に、陽の者や世界を壊滅させる…という野望を持っているわけではない。

●加美妙子
陽一郎の高校時代のクラスメイトで現在は同じ大学に通っている。
能力者達とは全く関係ない一般人。
一見は、陽一郎と冗談を言い合うような友達だが、内心では陽一郎が好き。
故に、突然に現れた舞菜は面白くない存在となる。

●木江萌葱
陽の者一族の一人。
五年前から、女手のない賀茂家で家政婦のような仕事をしている。
陽一郎の生活の世話をすると同時に、後見人のような役目を負っている。
常光がいない場合のオブザーバー的な女性。
一族の歴史や能力については、全てこの女性から得ることになる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003606
ファイル名/ファイル容量
VJ003606.zip / 140.52MB (147344768Byte)
メモリ
32MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「舞菜MAINA ~破邪の血脈~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件