美少女ゲーム > colors > 魔法少女アイ plus

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
ある街に訪れた突然変異。続発する猟奇的犯罪。
そして唐突に現れた少女「愛」。
今までそこにいなかったはずなのに、ある日突然「いるもの」として当然のように存在しはじめた。
周りの誰もがそのことに気を留めない中、主人公だけが彼女の異常さに気付いていた。
彼女の正体は異界から派遣された戦士だった。
異界の安定を第一に考え、必ずしも人間の味方ではない「愛」と、
妖魔──「ゆらぎ」との戦いに巻き込まれていく主人公の運命は──?

◆登場キャラクター
●加賀野愛(かがの あい)
異界から派遣されてきた戦士。異界は完全な階級分業社会であり、
彼女も幼いころから「戦士」として育てられた。
すべての世界において目立たず、己を殺し、それでいながら異界のために戦うことを運命づけられている。
そういった訓練を受けてきた結果だが、精神的に押さえ込んでいるだけに過ぎない。
そのため、何かのきっかけで心情を吐露することもあるし、感情を爆発させることもある。
そういったことは彼女自身「恥」であり、「未熟者の証拠」としているため、見せたくない。
主人公がつきまとったりしてくるのも、それが故に面倒。
他者を絶対に受け入れないかたくなさを持つ。

●大見結亜(おおみ ゆあ)
主人公の隣の家に住む2歳年下の少女。ひたすら明るい性格。騒動屋で結構何にでもクビを突っ込む。
主人公と兄妹のように育ったため、主人公を「おにーちゃん」と呼ぶ。
しかし、兄妹のそれのような関係ではなく、後ろからチョップしたり、キックしたりとからかう。
これも自分が主人公から好かれていると思い込んでいるから。
愛の登場で主人公の心がそちらに動き始めたのを感じて、いろいろジャマをし、
自分に振り向かせようとする嫉妬深い一面もある。

●前田聡恵(まえだ ちえ)
結亜のクラスメート。特に考古学、歴史学、社会学が好き。文学少女で図書室に入り浸る。
どこにいても本を片手に持っているタイプ。探求心が旺盛で、街のことも古いことをよく知っている。
活発な方だが、結亜とは違った行動派。本質的に臆病なのだが、好奇心が上回ると行動を取る。
結亜と気があうのもその辺で、よく二人で行動している。

●宮広美景(みやひろ みかげ)
主人公と同じクラスにいる優等生。
いわゆるお嬢さまであり、委員長的な存在。
男なら誰でもあこがれるが、ちょっと近寄りがたい高貴な雰囲気を持つ。主人公もちょっとあこがれがある。
実は春巳の奴隷的な存在であり、忠誠に近い愛情を持っている。
どのような扱いを受けようとも春巳に従うのは、幼い頃から上流社会で育ち、
ほとんど家庭の愛情もないままに生きてきた孤独感から。
かなり陰うつな性格をしているが、それを実際に表に出すことはない。

●日枝春巳(ひえ はるみ)
学校の理事長にして国語の教師。主人公たちのクラスを受け持つ。
かなり厳しい先生で、生徒たちも逆らうことを躊躇する。
女性教師的な暖かみはなく、授業中に特定の生徒を罵倒することもしばしば。
普段も派手な格好をしているため、女生徒や教師たちの人気は低い。
妖魔を「全知全能の神」として認識し、校内の地下室で増殖の研究を続けている。
元々、理想的な学園経営に燃えていたが、非協力的な職員、
他の学校との競争などに疲れ、宗教的な力に便りはじめた過去を持つ。

●羽石亨(はねいし とおる)
主人公と同じクラスのメガネ男子。かっこいいというより、カワイイ系の少年。
結亜にすら「かわいい」呼ばわりされる。普段はいたって温厚で、言葉遣いも丁寧。
しかし女子にカワイイと言われるのがコンプレックス。いつも「強い」自分を求める。
笑顔さわやかな少年タイプ。クラスのアイドル的存在であり明るい。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003589
ファイル名/ファイル容量
VJ003589.zip / 1.06GB (1134787566Byte)
CPU
Pentium 233MHz以上 / Pentim 266MHz以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002395D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002395D)

魔法少女アイ plusの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女アイ plus」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

おすすめ!魔法少女モノの金字塔

2016年04月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ゲーム部分は選択肢型のアドベンチャーです。ミス選択肢を選ぶと殆どの場合即バッドエンドなのでコンプは容易な方でしょう。

エロ部分は触手、異種姦、輪姦など一通りのエロシーンが揃っています。特に触手の造形が多様で、様々なエロシチュを作り上げています。

陵辱好きならプレイして損はない名作です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!元祖

2011年05月16日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

有名な格闘魔法少女モノ。
クールなアイがカワイイ。意外なヒロインが淫乱だったり面白かった。
エロはほぼ触手オンリー。触手の種類が多く、痛々しいプレイもある。悲鳴に近いあえぎ声が臨場感あって良かった。
抜きメインのゲームだと思ったら、ストーリーもしっかりしておどろかされた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

この業界で魔法少女といえばこれ(多分)

2010年01月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

タイトルを言えばほとんどの人が聞き覚えがあるだろう作品。と、個人的には思ってます。
内容はもうひたすら触手触手触手。強烈なエロであり、声優さんの喘ぎ声も圧巻。
しかし、ただの抜きゲーというわけではなく、しっかりしたストーリーが根幹にあります。
私などは、エロよりもむしろ戦闘シーンのCGを凝視してしまうほど。触手を切り裂きながら突き進むアイの絵が一番のお気に入り。
DL版で購入しやすくなりましたし、この機会に2と合わせてプレイしてみてはどうでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ついにDL販売!

2009年05月26日  

このレビューは参考になった×3人

興味はあったけど値段とDL販売ではないことに手を出していなかったモノ。
DL販売となって値段もグッと下がり買い求めやすくなったことが何より嬉しくて購入。

早速プレイしてみると…
なかなかエロにたどり着かない。(笑)
1プレイにかかる時間は物凄く長いし、全てをコンプリートするのも容易ではなかったです…。
まあ、それだけストーリーがしっかりしているってことですが。

内容はほぼ触手。見事なまでに触手。
非道なまでに責める触手に声優人の苦しそうな声が見事にマッチ。引き込まれます。
CG枚数も回想も多く、いくら昔の作品だからってこの値段でいいのか?と思うほど。

とにかくやり甲斐のある大満足出来た内容でした。

ただ一つ難点としてはオートプレイがないことが残念。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]