美少女ゲーム > Puzzlebox > 年上Lesson~義母と叔母と女教師と~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Puzzleboxフォローする
販売日 2009年03月20日
シナリオ こごめさくら
イラスト ぷれしゃすている
声優 風音 / 伊藤瞳子 / このかなみ / 茶谷やすら / 倉田まりや
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 年上誘惑官能体験ADV
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
主人公、沢村美津雄は18歳の学生。受験を控えて、育ての母である安奈の妹であり、
大会社の役員秘書をしている叔母の梨花に英語の個人教授をしてもらっている。
ある日、美津雄は前日にエロ画像を多数デスクトップに保存したのを忘れた状態で
梨花にパソコンを貸してしまい、その画像を見られてしまったことがきっかけで梨花から誘惑される。
女性に対して興味津々の美津雄はその誘惑を拒むべくもなく、梨花に誘われるままに、
今まで経験したことのない、目くるめく官能の世界へと足を踏み込んでいってしまう。
その後も美津雄は、梨花から誘われるままに、抜き差しならない淫欲の深みへと
どんどんはまりこんでしまうが、その裏には、梨花の秘められた思惑があった……。

■登場キャラクター
●沢村安奈(さわむら・あんな)
清純でおしとやか。母性本能にあふれ、過保護なほどに息子をかまうが、
主人公である息子の美津雄がまだ物心つかない頃に後妻として嫁いできたため、
美津雄とは血が繋がっていない。その父親は、美津雄がまだ幼い頃に交通事故で他界している。
実家が資産家のため、育ちがいい。学生時代は優等生。
出産経験がないため、この年齢でも若々しく、たいへん可愛らしい女性。
実年齢は36歳だが、外見だけだと20代後半の若奥様にしか見えない。
だんだん大人へと成長していく美津雄に、焦りのような戸惑いのような、
なんとも言いようのない感情を覚えている。
息子のオナニーシーンを覗いたりしているうちに身体が熱くなり、
風呂で息子の背中を流したり、勉強の合間に手コキを行ったりするうちに、
忘れていた「女」としての官能に火がついて、その行為はどんどんエスカレートしていくことになる。
自分にとっては実の妹である、梨花の肉体に耽溺していく美津雄の異変を察知し、何とかしようと動き出すが…。

●野島梨花(のじま・りか)
安奈の妹で、美津雄の叔母にあたる。
名前を言えば誰もが知っているような大企業の重役秘書を勤めており、英語に堪能。
収入も高く、自力でマンションを購入している。
独身のためひとり暮らし。服装は華美ではないが、センスは良く、シックな高級品を身につけている。
姉の安奈同様、黙っていれば二十代にしか見えない若々しい外見の持ち主で、
男だったら誰もが震いつきたくなるような美女だが、性格は歪んでおり、バイセクシャルで、
数人のレズメイトを持つ。
実の姉である安奈に昔から歪んだ愛情を抱いており、安奈を手に入れるために、
自分にとっては甥にあたる美津雄を、性的な餌で陥れて言うことを聞かせようとする。

●海保いずみ(かいほ・いずみ)
主人公の担任で、生徒たちには非常に人気の高い美人教師。担当科目は音楽。
登場人物中一番グラマラスな肢体をしている。
学園内では清廉で知的な面を押し出しているが、と同時に冷たい印象があるため、
どこか近づきがたいイメージの人物。
服装も、教師という職業上、華美なものは身につけず、シンプルで質素なものが主。
実は美津雄の叔母の梨花とは、大学時代の同級生であり、
と同時に現在までも関係が続いているレズメイトでもある。
梨花と同じくバイセクシャルだが、梨花のことは
自分と対等以上の存在として認めている。
非常にS的傾向が強く支配的であり、この物語の登場人物中、いちばん性的に奔放なのがいずみである。

●川原祥子(かわはら・しょうこ)
梨花と同じ会社に勤めるOLで、梨花のレズメイト。
梨花の言いつけで、物語が進むといずみとも関係を持つことになる。
コンプレックスの塊で、自分に自信がなく何事に対しても弱気。
受け身でM気質なので、年上の指導的な人物が好み。
仕事はこつこつと真面目にこなすタイプ。
スタイルは可もなく不可もなく。ぱっと見た感じは若干暗そうな若いお嬢さんといったところ。
内面の自信のなさがそのまま外見にも反映されており不器量な訳ではないのに、
地味な服装の事が多い幸薄そうなイメージの女性。

●倉田静流(くらた・しずる)
いずみのレズメイト。いずみにレズとしての素質を開花させられたが、
美津雄にもずっと思いを寄せていた。美津雄の家の近所に住んでおり、一緒に通学することも多い。
ぱっと人目を引く「華」のある綺麗な子で、学園でも人気者である。
性格的には、綺麗な子に特有の押し出しの強さと意地っ張りな一面がある。
体型は成長途中にある少女らしく、まだまだ瑞々しい。

●沢村美津雄(さわむら みつお)
主人公。
母親の安奈のことをいまだにママと呼ぶ、まだ自立前の少年。
包容力のある年上の女性が好きで、叔母である梨花にほのかな恋心を寄せている。
本人は自覚していないがM性があり、ストーリーが進むにつれて、叔母や担任のいずみに、
その隠された性癖を開発されていくことになる。
今どきの男の子らしく気が弱く、相手に高圧的な態度に出られると反発できなくなる。
コレクションというほど筋道だったものではないが、ネットでエロ画像を収集している。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003583
ファイル名/ファイル容量
VJ003583.zip / 1.48GB (1584570468Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002424D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002424D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「年上Lesson~義母と叔母と女教師と~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

お姉さん(2) 女教師(2) 学校/学園(2)

しっかり読める、ライトMシチュゲー

2014年10月18日  

このレビューは参考になった×0人

小説原作の濃厚なテキストがウリの作品でした。

作品内容でストーリー導入が紹介されていますが、序盤のHシーンである叔母の誘惑が非常に丁寧に描写されており、選択肢の分岐も多くて満足いく出来になっていました。
その後も主人公は周りの女性達に振り回されるように、少しずつ深みにはまっていきます。18歳という年齢に対して非常に純真な性格なので、年上のヒロイン達にリードされるシチュエーションがよく映えます。
ヒロインの一人にクラスメイトの少女がいますが、メインはあくまで叔母、母、教師の三人です。叔母ルートでの真相は少し意外でした。
キャラクタービジュアルには癖がありますが、自分は気にならない程度でした。気になる方はサンプルCGをご検討下さい。

一般的な「抜きゲー」と違い、良くも悪くも雰囲気の描写に特化し、シーンを台詞任せにしないのが本作の特徴です。
しっかり文章を読むプレイヤーでなおかつ、シチュエーションやCGが好みであれば十分オススメできると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

小説原作

2009年03月31日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

小説が原作ということで、地の文はそういう雰囲気を醸し出している。
こういうのはセリフが少なかったり、声優を活かしきれていなかったり、くだくだしい文章がメッセージウィンドウを埋めつくしていたり、という危惧があったのだが、そんなことはなかった。地の文は適度に切られているし、説明くさくもない。むしろ、少年の内面の吐露を丁寧に描写し、女性からのじらしや責めを豊かな言葉で書きあらわし、またそれへの少年の呼応がつづられる。エロゲにあるような、女の子のセリフの番、主人公の番、というような割り振りを感じさせない。小説のエロゲ化という点では、大成功だったように思う。
ただ、原画はエロゲにしては特徴的で、官能小説原作というのを押さえての起用だとは思うのだが、好悪が分かれそうだった。ついでながら、体験版が OHP 等でダウンロードできる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]