美少女ゲーム > ESCU:DE > 英雄×魔王

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ESCU:DEフォローする
販売日 2009年03月13日
シナリオ AZUSA
イラスト 水鼠
声優 坂野茂 / かわしまりの / アヤ / 渋谷ひめ / 一色ヒカル / 杏露花梨 / 森川明大 / 如月葵 / 鳩野比奈 / 森山葵 / 高槻つばさ / 加古川高 / 高城琉依 / 吉田篤司
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 世界征服SLG+ADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
そこは人間と魔族が存在するファンタジー世界。
長い間、均衡を保ってきた両者の関係も月日が経つにつれ次第に
魔族が優位に立つようになっていた。
フィーリス城の主、フェルザーもその魔族の1人である。
人間嫌いの彼は周辺の町を破壊したり、側近のじいさんの髪の毛を抜いたりと、
気ままな毎日を過ごしていた。
ところがある日、うさ晴らしのため一暴れしに行った町で人間たちのこざかしい妨害にあってしまう。
フェルザーは抵抗しても無駄だということをいまだ理解していない人間に腹を立て、
完全に自分の支配下に置くべく、ついに立ち上がる!
まず手始めに、すべての人間たちに真の恐怖を植え付けようと計画するが
手下の兵はまるで役に立たたず、人間にまで負けるというトホホな有様。
フェルザーはごく少数での戦いに追い込まれることに。
だがそのとき、城に攻め込んできた女魔族を捕まえて襲ったところ、
偶然生まれた子が手下に比べて優れていることが判明。
さらに母親の特徴を強く受け継いでいたことから、
女魔族をたくさん服従させて繁殖すれば、様々なタイプの兵を増やすことができると
側近から助言され、はりきって実行に移す。
かくして、史上最大の侵略と繁殖が開始されることになるのだが他の地域を支配する魔族や
人間たちがこれを黙って見過ごすはずもなく、次々に攻撃をしかけてくるのだ。
はたしてフェルザーは、行く手に立ちはだかる魔族や人間を倒し
世界を恐怖のドン底に突き落とすことができるのだろうか?

■登場キャラクター
●フェルザー(魔族)
自信過剰で女好きな主人公。人間のことを見下している。
常に思ったまま好き勝手に行動し、毎日が楽しくて仕方ないように見えるが
何もかもどうでもいいと思っているような節もある。

●カルデリーズ(魔族)
側近の一人。気品あふれる美人で、最初からフェルザーの側にいる。
一見冷たそうだが、フェルザーに対してはイタズラをしかけたりと、お茶目な一面を見せたりもする。
主人公のことを心の底から信頼し、愛している。人間のことが嫌い。

●アレット(魔族)
峡谷を拠点としている魔族。
怪力の持ち主だが、極度の恥ずかしがり屋なため、周囲に迷惑をかけることが多い(本人に悪気はない)。
パニックになるとドラゴンに変身して、手がつけられなくなる。
可愛い顔して非道いことをつぶやいたりするが、やっぱり本人に悪気はない。

●モモ(魔族)
草原を拠点としている魔族。
おバカで、元気で、何も悩みがなさそうな女の子。
主人公を見つけると、「にゃーーーーっ!!」というかけ声とともに、強烈なタックルをしかけてくる。
見た目は猫だが、中身はバカ犬。

●セレス(人間)
見た目は可愛いらしいが、内には熱く激しいものを持っている女勇者。
世界征服を進めていくフェルザーの前に立ちはだかる。
人間に対しては柔らかい態度をとるが、魔族に対しては憎しみをぶつけてくる。
頑固で真面目。曲がったことは許せない性格。

●メイシア(人間)
最大宗教である、
ネーノイス教の高位な神官で、世界征服を進めていくフェルザーの前に立ちはだかる。
幼いころより日々修行をさせられてきたため、法力は一流。
他人とコミュニケーションをとるのが下手で、人との関わりを避けている。
神族の末裔で、神聖なオーラのようなものをまとっており、
魔族が触れると電気が走ったようにバチッとはじかれる。

●ガレフ(魔族)
主人公の側近の一人。
博識だが、時にムキになって低次元の争いをしたりもする、憎めないじいさん。
少なくなった髪の毛をかなり気にしている模様。
自分では若いつもりだが、都合の悪いときだけ年寄りぶる。
魔族でありながら、熱心なネーノイス教信者でもある。

●ユキネ(魔族)
雪を操る力を持っており、感情が高ぶると周囲に吹雪が起こる。
かつて信じていた人間に裏切られ、村を丸々一つ凍らせたことがある。

●ディーネ(魔族)
魔族だが、俗世から逃れてきた人間を受け入れて守っている。
ただし誰でもその楽園に行けるわけではなく、悪人は入れない。
女神のように優しい性格。

●ファオラ(魔族)
少し変わった口調で話す魔族。一人称は「うち」。
細かいことにはこだわらない大ざっぱな性格で、素肌を覆う包帯は適当に巻いてある。

●ニーナ(魔族)
好奇心が旺盛でミーハーな女の子。いつもニーニ、ニーヌ、ニーネと一緒に行動している。
4人の中で一番おしゃべり。

●パルシラ(魔族)
言葉を話すことができない種族で、その体は柔らかく、殴っても傷がつかない。

●アンディオス(人間)
自称、世界最強の勇者。果たして実力のほどは…。

●ランジュ(人間)
勇者の国、ジークラフ王国の王女。
心優しき少女だがやや気が弱く、自分の意思をはっきりと出せないところがある。

●オーティス(人間)
真面目で勇敢な青年で、弱き者の味方。
フェルザーの対極に位置する存在です。
仲間2人とともに旅をしている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003564
ファイル名/ファイル容量
VJ003564.zip / 1.17GB (1251507394Byte)
CPU
PentiumII 450MHz以上 / PentiumIII 700MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
640*480 フルカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002619D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002619D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「英雄×魔王」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!エスクード戦略SLGの決定版

2009年03月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×16人

エスクードの戦略SLG。
 エスクードのゲームはエウシュリー等と比べるとそれほど複雑ではないのですが、戦闘時において結構読みが重要になっていますので、駆け引きがなかなかに面白いものが多いです。
 このゲームは戦略SLGですので、破壊(内政?)によって恐怖心を上げること、繁殖によって兵士を増やすことが肝心で、特にマジシャンは貴重ですので特にリーズは(あとはモモとアレットも)大切に育てましょう。なんとなく天下統一シリーズ(システムソフト・アルファー)にも似ていますが、イメージとしてはシステムが若干違いますが、「冥色の隷姫」(エウシュリー)にも近いでしょうか。ただし、こちらは息子は使い捨ての鬼パパですがw
 戦闘では先ず相手の戦力をよく見て、こちらの兵士を決めます。敵のアーチャーに対して貴重なマジシャンをぶつけてはいけません。一般兵は傷つけば死ぬのですから、敵の一般兵は一撃で倒すこと、属性を考えること、戦闘の並び順もよく考えること、傷ついてもいい一般兵を決めてそれ以外の兵の消耗を防ぐことが肝心です。あとは通常戦闘でスペシャルゲージをためていき、強敵やボス戦で使うように心がけましょう。速攻で攻め上って行けば、評価も上がり、いいアイテムや経験値も手に入るでしょう。
 CGは2005年作品としてそれなりのレベルはキープ。Hシーンについてはメインキャラを中心に1人当たり5〜6個、サブキャラも2〜3個はありますのでゲームを攻略しながらゆっくり頑張ってみてください。
 一度攻略を終えると、次からは一度仲間になったキャラクターが最初から仲間になっていますので、結構な時間遊べると思います。貴方は最終決戦までたどり着くことができるかな!?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!逸品

2011年05月23日  

このレビューは参考になった×1人

手軽に遊べるシミュレーションRPG的な要素も外せません
アイテムを使うことによって見方を強く丈夫にしたり
兵隊を量産したりも出来ます。三竦みに似た形式なので
さくさくと進める事もできます。
2週目以降もやり込み要素が多く、コンプリートを目指す気にさせます。

ストーリーとしても深いものがあり、主人公の過去に関わる
人間側の偽善的な部分が見えてきて何ともいえない部分があります。
しかしながら全体的に重い雰囲気にはならず個性的なキャラクターとの
コミカルな絡みが最大の楽しめる要因にもなっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!親子で世界征服!?

2010年06月23日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

大雑把に説明すると、世界征服を目論む魔王・フェルザーが自分の戦力として我が子を使用するというもの。
愛の結晶とかそういうのでなく完全に使い捨て・・・というかそれだけが目的で女孕ませてますこの鬼畜魔王w
一般兵として使える人間は母親となった魔族の特性(レベル・クラス・スキル)を受け継ぎ、優秀な魔族を妊娠させる程強い兵士になるのですが、少しでもダメージを食らった状態で戦闘を終えるとすぐ死んでしまいます。

その辺りを割り切れば、ザコ散らしに必殺技を使われた時の盾にと八面六腑の活躍をしてくれる事は間違いないです。なので自分の子供と考えず、仲間にした女魔族がくれる武器くらいに考えておけばよしかと(爆)

ストーリーは根本は暗くシリアスですが、普段のノリは結構コミカルだったりシュールだったりと笑える展開になってます。攻略対象によってはBADエンドから純愛まで色々揃ってます。たま〜に後味悪いのも混じってますが。

ヒロインは全体的に巨乳率高めで、ロリ担当も脱いだら意外に胸あったりと洗濯板目当ての人には少しお勧めできないかもしれません。なにせスタイル含めてのロリキャラは一人しかいませんので。

Hシーンは基本的に和姦中心で、レイプシーンは余りないです。まあ、嫌がる女性を無理矢理孕ませてその子を使い捨てときたら鬼畜どころの騒ぎじゃないですし。

あ、ボテ腹目当ての人ご注意を。その辺りは余りというか殆どないです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!男のロマンがある

2009年08月10日  

このレビューは参考になった×4人

女を孕ませて兵士として生ませて戦わせるという、鬼畜だが男の夢が詰まった作品です。
普通の戦略SLGなら兵士を増やす場合、「徴兵」などのコマンドを使いますが、この作品は「繁殖」というコマンドを使い兵士を増やします。

戦闘システムは基本的にはジャンケンのようなものです。
兵士の種類はマジシャン、ソルジャー、アーチャーの3種類でそれぞれに得意不得意の相性があります。
こちら側が相性のいい兵士を出せば相手側が大ダメージを受け、逆に相手側が相性のいい兵士出せば、こちらが大ダメージを受けます。
なので戦闘はそれほど難しくはありません。
相手の兵士が次に何を出してくるのかという読みと運次第で、こちらのレベルが低くても勝つことは出来ます。またその逆もあります。

主人公は元々鬼畜な魔王だったわけではなく、ある時に変わってしまいました・・・。

純愛ENDあり、鬼畜EDあり、グッドEDあり、バッドEDありストーリーです。
ストーリーもなかなか奥が深いですので、腰を据えて戦略SLGがあるエロゲーをプレイしたいという人にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]