美少女ゲーム > Tarte/電脳CLUB > ひなたると ~ひなたぼっこファンディスク~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年02月20日
シナリオ 四天 / 東トナタ
イラスト
声優 一色ヒカル / 楠鈴音 / 金田まひる / 緒田マリ / 佐々留美子 / 吉川華生 / 草柳順子 / 北都南 / 理多 / 茶谷やすら / MI-KO / 萌原ぷぷりん
音楽 マッツミュージックスタジオ
その他OPテーマ:『ひだまり』 唄:Rita/EDテーマ:『こはるびより』 唄:佐々留美子
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ひなたぼっこファンディスク
その他
ジャンル

作品内容

■ひなたぼっこファンディスク「ひなたると」とは?■
ひなたぼっこファンディスク「ひなたると」は、前作で好評だった
ひなたぼっこをメインとしたバラエティコンテンツです。
ヒロインの後日談、語られる事のなかったエピソードをはじめ、新キャラも追加された
新たなる物語など全5編からなるオムニバスストーリー。
本編になかった、あんなシーンも実現!?
加えて、Tarte作品中好評だった「雪語り」の書き下ろしサイドストーリー同梱。
雰囲気を重視する為に、新たな小説形式でのインターフェイスを使用。
他に、「ねがいの魔法。」も書き下ろしにて登場!
ひなたぼっこの世界が良くわかる「ひなたぼっこ名所案内」や、キャラクターの詳細が
見ることが出来る「キャラクター名鑑」など他のコンテンツも充実させました。
また、壁紙などアクセサリー系も充実した内容になっています。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003553
ファイル名/ファイル容量
VJ003553.zip / 919.25MB (963906297Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1a 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002367D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002367D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ひなたると ~ひなたぼっこファンディスク~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!本シナリオには無かった設定が盛り沢山!!

2009年02月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

『ひなたぼっこ』における日向・小春・氷・静馬(←涼乃だと思われた方は少々意外かと)エンドのその後のストーリーが「サイドストーリー」として収録されていますが、本編では完全純愛本命ヒロイン一筋だったのに対し、こちらでは姉妹3Pなども存在し、ストーリーは短いものの、エッチのボリュームは増加しています。
また、本編では攻略対象外だった七瀬や水とのエッチシーン(といっても最後の一線は越えませんが)や、本編では登場しなかった叔母・月乃や新キャラの桜子・林檎も追加され、ストーリー展開に更なる華を添えてくれていました。
サイドストーリー以外にもひなたぼっこ名所案内やキャラクター名鑑、更に2種類のTarte小説劇場も用意されており、本編では気付かなかったヒロインの詳細や、舞台となる街のマップレイアウトが細かく描かれていて、思わず「おぉー」と感動してしまいました。『ひなたぼっこ』をプレイされた方は是非ともプレイして欲しい作品です。
登場キャラの中で一番インパクトが強かったのは七瀬と月乃でした。七瀬は本編において、日向と奈月のルートにおいてのみ主人公・夏樹に懐くという設定の為、日向アフターストーリーとそれ以外のストーリーで落差が激しかった点に思わず笑ってしまいましたし、月乃の場合は豪放磊落に見えて実は…的な隠し設定に驚いたりしました。他にも日向が天然ぽややんに見えて実は「ヤキモチ妬き」という隠し設定が微笑ましかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]