美少女ゲーム > みるくぱい > 女神凌辱~姦虐戦乙女ブリュンヒルド

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年02月13日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 巨乳ファンタジー凌辱
その他
ジャンル

作品内容

世界終焉の日、ラグナロク。
神々の黄昏とも称される神族と魔族の最終戦争。
本来、神魔が共に滅びるべきこのラグナロクの結末を捻じ曲げた者があった。
その者の名は、天界の王。
大神オーディン。
オーディンは自らが率いる神族のみならず魔族とも通じ、このラグナロクに
共通の首謀者として関わり、天界側が敗退する展開で策謀を進める。
天界を裏切ったオーディンの弟ロキに率いられた魔族の強襲になす術も無く倒れゆく神々。
遍く天界を照らした光は闇により遮られ、人々の笑い声で満たされていた世界は
阿鼻叫喚の地獄絵図と化す。
破れ、捕らえられたベルダンディーら三姉妹と戦乙女ブリュンヒルド。
失意の四女神を前に魔軍を統べるロキの両眼が光る。

◆ストーリー『女神凌辱〜心犯戦乙女ブリュンヒルド』
天界へ勇者の魂を誘う役目を持ち、自らも戦の最前線に赴く戦乙女ヴァルキリー。
そのヴァルキリーの中でも、別格の地位と力を持つ者、「ブリュンヒルド」
その秘密は秘匿されているが、実は、大神オーディンの血を引く娘である。
彼女は、ウルド・ベルダンディー・スクルド達の姉に当たり、天界の軍勢の中でも
選りすぐりの近衛の指揮官であった。
だが、天界への突如の襲撃に、陣容を整えるまもなく、ヴァルハラ城は陥落。
ブリュンヒルド自身も、深手を負い捕らえられてしまう。
魔族に捕らえられ、自由を奪われても、その瞳は、気高い輝きを失わなかった。
その希望を捨てていない瞳は、隙を見て起死回生の機会を伺っているかのよう。
だが、その姿は、逆にロキのサド心を昂らせる皮肉な結果を生んだ。
『その、まだ強い輝きを放つ瞳を絶望の色に染め上げてあげる』
他の捕虜同様に慰み者にされるブリュンヒルド。
しかし、彼女は言語を絶する拷問にも泣き叫びもせず、命乞いもしない。
勿論、ブリュンヒルドも、他の女神同様、処女神だった。
その処女を無理矢理に散らされて、苦痛や嫌悪を感じていないわけはない。
それでも、ブリュンヒルドは、その全ての感情を押し殺し騎士として、
最後まで希望を捨てようとはしない。
逆に、『そんなものか?とか、たいした事ないな』などとロキを挑発する。
その冷ややかで強い心を、踏み躙りたい。
ロキの欲望が益々増大していく。
ブリュンヒルドは、内心の全てを押し殺し、この凌辱の嵐が過ぎ去るのをじっと耐る。
だがそれは、決して終わることのない嵐だと言うことに、彼女はまだ気づいていない。

◆登場キャラクター
■ブリュンヒルド
高潔にして高貴な戦神にして戦乙女(ヴァルキリー)。
この上ないクールビューティーでミステリアスだが、その裏には優しさと温かさがある。
しかし、敵対するものには容赦なく、徹底的に叩き潰す。
三姉妹とは、異母兄弟で、実は一番年長。
父であるオーディンの命により、戦場を駆け総指揮官として天界を守り続けていた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003541
ファイル名/ファイル容量
VJ003541.zip / 409.45MB (429341289Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1GHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002415D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002415D)

女神凌辱~姦虐戦乙女ブリュンヒルドの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女神凌辱~姦虐戦乙女ブリュンヒルド」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!無題

2010年12月24日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

女神陵辱、第2弾は戦乙女。
女戦士、というよりは女騎士といった感じですね。
そんな彼女を陵辱します。

今回はノーマルな性交より、SM調教が多いですかね。
鞘を突っ込んで処女を奪ったり
磔にした上でかつての部下達に鞭打たせ
女性器と肛門に火のついた蝋燭を突っ込んだりと。

「こんなもので、私がまいるとでも思っているのか!」
と不屈の闘志を見せるブリュンヒルドを堕とすべく
ハードな調教を展開します。

絵も綺麗ですっきりしてますし、SM大丈夫な方にオススメ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

低価格ソフトにして絵は高水準。

2009年03月31日  

このレビューは参考になった×1人

低価格ソフトにして絵は高水準。
枚数も多いです。

シナリオとテキストは価格相応。
剣をさんざんぶち込んだ後での本番で
「処女だから締まりが良い」
的なセリフは吹いてしまいましたが(笑)

まぁそんなこと試したことないので、
ひょっとしたらそうなのかもしれませんけどね。

剣を突っ込んだり、グーを突っ込んだりの流血・拷問といった残虐要素があり、
耐性がない方は回避推奨です。

総じた感想として、せっかくの高水準の絵なので
あと少し作り込んだ感じになるとかなりの良作になると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

精神的に追い詰める…

2009年03月26日  

このレビューは参考になった×1人

ヒロインを身体・精神ともに追い詰める…。
エンディング次第で、ヒロインの精神は踏みとどまることができるので、
そこのところも見所があります。
注意としては、排泄・拷問・流血が少々?あり人を選ぶ作品かもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

最後の最後、ついに陥落

2009年02月28日  

このレビューは参考になった×2人

前作があるので、本作は早々に陵辱が始まります。しかし、注意が少々。
処女喪失以外に、膣が裂けての出血シーンがあり、SM系もあって痛々しい描写が多くて苦手な人は注意が必要です。また、このブランドの売りの乳特化が本作では薄いこと。女神陵辱シリーズ1の巨乳なのに。

本作のヒロインはヴァルキリーで強い女性です。肌を曝された状態でいても毅然とし、陵辱中に心がくじけそうな場面も見せますが、中々に堕ちません。だから、彼女の屈するところを見たいと言う陵辱側のサド心を刺激し、様々な手段を講じ、彼女の敗北を煽ります。公衆浣腸や触手、魔物の輪姦、幻覚etc…と、豊富なシチュエーションが待っています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

女戦士陵辱

2009年02月18日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

着衣が残ったシーンが多く実用度の高い戦士陵辱を楽しめる作品です。
絵柄はハードな系統ですが、内容はノーマルに近いシーンが多いため、ハード系陵辱が苦手な方にも安心してオススメできます。CGはサンプルにあるように美麗で完成度が高いです。
基本エロCG24枚あり、シーン(回想可能)は15シーンあります。エクストラメニューで自由に見ることができます。
選択型のアドベンチャーゲームとなっており、それらの選択によってエンディングが変わりますが、1週のプレイ時間は長くないため容易に楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]