({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年02月13日
シナリオ 沖水ミル
イラスト 鋼丸
音楽 小池正一
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 学園エロコメディAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー■
夏の陽射しが和らいできた頃。
主人公・長瀬流石(ながせ さすが)は亡き母の遺言に従って、
東京の西部にある『セイント・オルタナティブ学園』に入学することになった。
幼少期より父から帝王学を叩き込まれた流石は、今日というこの日まで、
学校と名がつくものに一切縁がなかった。
将来の総理大臣候補と目される彼にとって、一般の学校に通うことなど、
時間の無駄以外の何ものでもなかったから。
それがどうして、学園生活を送る気になったのかというと——
「私とあなたの血が途絶えること。それはこの世界の破滅を意味します」
「だから私が死んだら、あなたは何がなんでも……子孫を残すべく努力しなくてはなりません」
流石の母親は、死の間際にこう言った。
そんなこと、到底信じられなかったが、母が死んだその日、世界各地の気温が上昇し、
数日後には南極の氷が溶け始めたので、流石は仕方なしに、母の遺言に従うことにした。
遺言状によると、これから流石が通うことになる学園には、
彼の子種を受け入れる器候補の女の子たちがいるという。
流石には幼い頃、結婚の約束をした幼馴染がいて、現在もラブラブな関係が続いていた。
嫉妬深い彼女の性格からして、他の女に子種を残すことなど……まず間違いなく許さないだろう。
そして入学の日——
校門を潜り抜けた瞬間から、流石は器候補の女の子たちからつけ狙われることになる。
果たして流石は、幼馴染との純愛を守るのか——?
それとも、世界を破滅から救うために、器候補の女の子たちと
性的な関係を結び——身ごもらせてしまうのか?
すべては……あなた(=プレイヤー)の判断に委ねられている。

■登場人物■
●坂之上 真愛(さかのうえ まあい)
第二次世界大戦のどさぐさに紛れて荒稼ぎした旧華族、
坂之上コンツェルン・現社長の一人娘。
文武両面に秀でているが、性格は直情径行で、
目的のためなら手段を選ばないところがある。
流石(=主人公)と交流していく内に、徐々に自分の
がさつさに気づかされ、急に大和撫子らしさを意識し始めたりする。
が、それに伴ってますますピントの外れた行動が増えていくことになってしまう。
体型は幼く、器候補に決まったときから着々と性知識を蓄えていっている。

●昼風 火織(ひるかぜ ひおり)
元有名野球選手の父の手一つで育てられた。
幼い頃より合気道を習わされ、その腕前は現在、世界でも三本の指に入ると言われている。
だが、本音では武道は暴力につながると考えており、人前でその技を披露することは滅多にない。
その外見と態度からクールな印象を持たれがちだが、誰よりもロマンチックなものに対する憧れが強い。
だが、感情表現が苦手なためになかなかそういう雰囲気に持っていけず、
流石(=主人公)から引かれてしまうこともしばしば。
体型はすらりとしたモデル体型。性に対する好奇心は人並み以上に強い。

●百合草 柚(ゆりくさ ゆず)
世界の巨匠と呼ばれる映画監督の父と、ベストセラー作家の母との間に生まれる。
その類い稀なる存在感とリーダーシップによって、小さな頃から人の上に立つ立場を任せられてきた。
そのため性格は誇り高く、ある者は「雌獅子のようだ」と形容する。
しかし意外と純情かつおっちょこちょいな面があり、心を開いた者に対してはどこまでも優しくなる。
器候補の中で唯一、主人公に対して反感を持っていたが、仲が進んでいくにつれて、
めろめろになっていってしまう。
体型はグラマーで、本人は肉感的な自分の身体にコンプレックスを感じている。
また、貞操意識は人一倍強い。

●美咲森 五穂(みさきもり いつほ)
田舎で農家を営む両親の下に生まれる。
母は長瀬家の元使用人であり、その縁から、生まれて間もない頃より
流石の遊び相手を努めさせられてきた、流石(主人公)の幼馴染み。
流石とは、既に結婚の約束もしている。
一見、ほんわかとしているように見えるが、流石が他の女の子に目を向けたりすると、
ニコニコしながら口では言い表せないような酷いをことをしてきたりする。
流石の進学先に転校してくると、あの手この手を使って
流石と器候補の女の子たちの仲を引き裂こうとしてくる。
身体の方はあまり発達しておらず、必ず歳よりも若く見られてしまう。
一刻も早く、流石に処女を捧げたがっている。

作品情報/動作環境

ファイル容量
1.26GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0002425D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「真剣出し!ロワイヤル ~フィニッシュは私の中で~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ハーレム(2) ヤキモチ(2) 学校/学園(2)
おすすめ!段々わかってくるヒロインの真価

2009年04月10日  

このレビューは参考になった×1人

幼馴染の五穂以外の器候補の3人は、
出会いと関係が唐突で、主人公が困惑しっぱなしですが、
ヒロインたちの内実や本気度が自分が思うよりも強いことが、
段々わかってくるような流れです。(全員主人公が初めての相手)

主人公は、政治家を目指し勉強ばかりして来た堅物で、弱いところがありますが、
個別ルートの最後では、愛する結婚相手のための将来に目覚めるので、
本来まっすぐな人間だと思います。

特に真愛は、「馬鹿だけれど、純粋で絶対に裏切らない」性格で、
邪険にされてもひたむきに主人公に尽くし、主人公のことをどんどん
好きになって恋に苦しむ様子が純粋さを引き立てていました。
真愛ルートではそれが感動的になりますが、
別のヒロインを攻略する際、途中に強制ルートが存在するため、
その際は、選択肢までスキップする機能を併用すると気にならないと思います。

女子でありながらプロ野球選手を目指す火織の話も、最後が爽やかでよかったです。

相思相愛になった一人のヒロインとの結婚・妊娠が必要であり、
器候補のメインヒロイン3人の個別エンドがハッピーであるような感じです。
ハーレムと五穂の最後は若干のヤンデレ要素が入るように思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!女の子からの積極的な受胎請い・妊娠懇願

2009年02月25日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×2人

主人公が子孫を残さないと世界が滅びるという宿命。男にとってはとても都合がよいというか羨ましい宿命ですが、主人公はなぜかそういう宿命であることを嫌悪しています。

 一方、主人公が通う学園にはすでに「種つけ用」としか表現できない、まさにその役目そのもののヒロインたちが3人も用意されています。純真無垢で直情径行型の「真愛」。男勝りな雰囲気を漂わせているし、体力も相当にあるけれども、実は女の子らしい「火織」。主人公のことを認めていなくて、ツンツンしている「柚」。

 直情径行型の真愛はとにかく一生懸命に受胎懇願をしてきます。処女なのに情熱的に主人公に迫ってどっぷり膣内射精。火織はその男らしい外見や雰囲気に反して、おずおずとフェラをするなどギャップにハァハァさせてくれます。柚は、主人公に対する敵愾心を持ちつつも、挿入されてしまえばけっこうしおらしくなるのがイイw

 上記3人以外の第4のヒロイン五穂はかなり病んでいます。主人公のことしか眼中になく、主人公の「種つけ用」のヒロインたちを激しく憎んでいて、主人公の前で彼女たちの話題を出すときにはかなり口汚く罵っていますw そんなヒロインなので、受胎懇願もや種つけを求めてのSEXもけっこう病んだ雰囲気が漂いますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]