美少女ゲーム > みるくぱい > 女神凌辱~パイズリ姫ベルダンディー

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年01月30日
シナリオ よこよこ
イラスト 一河のあ
声優 芹園みや
音楽 AZ-MIX
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 巨乳ファンタジー凌辱
その他
ジャンル

作品内容

世界終焉の日、ラグナロク。
神々の黄昏とも称される神族と魔族の最終戦争。
本来、神魔が共に滅びるべきこのラグナロクの結末を捻じ曲げた者があった。
その者の名は、天界の王。
大神オーディン。
オーディンは自らが率いる神族のみならず魔族とも通じ、このラグナロクに
共通の首謀者として関わり、天界側が敗退する展開で策謀を進める。
天界を裏切ったオーディンの弟ロキに率いられた魔族の強襲になす術も無く倒れゆく神々。
遍く天界を照らした光は闇により遮られ、人々の笑い声で満たされていた世界は
阿鼻叫喚の地獄絵図と化す。
破れ、捕らえられたベルダンディーら三姉妹と戦乙女ブリュンヒルド。
失意の四女神を前に魔軍を統べるロキの両眼が光る。

◆ストーリー『女神凌辱〜パイズリ姫ベルダンディー』
天界の城ヴァルハラにて、蝶よ花よと育てられた神族の女神姫「ベルダンディー」
その穏やかで輝かしい生活も、突然の魔族の襲撃とヴァルハラ城陥落により一変する。
臣下の者達は次々と倒され捕まり、ベルダンディー自身も、力及ばず捕らえられた。
それは、単純に戦闘力の問題ではなく、侍従や臣民達を人質に取られての投降。
心優しいベルダンディーは、臣民を盾に取られ、抵抗の術を失った。
それが例え、結果的に皆が助からない選択肢だったとしても、ベルダンディーには
見捨てることが出来なかったのだ。
敵将ロキの条件は、
『その身を我々に委ねるならば、臣民の命だけは救ってやる』
こうして、その身をロキに預けてしまうベルダンディー。
その身を委ねるという言葉の意味をベルダンディーは知らない。
戦で負けるとはどういう事か。
温室育ちで世間知らずで性的知識の皆無なベルダンディーには、理解できていなかった。
それ故に、『この命を捧げれば』と勘違いしてしまっている。
そんな彼女に、今やヴァルハラの主として玉座に座るロキの最初の言葉が発せられる。
『このボクに、奉仕しろ』と。
その意味が分からない、ベルダンディー。
予想通りの反応に愉快になるロキ。
ロキは、ベルダンディーに口唇奉仕するよう重ねて命じる。
羞恥と嫌悪から躊躇するベルダンディー。
その時……。
不幸な一人の侍従の首が鮮血を引いて宙を舞う。
驚き怒るベルダンディーに、従わないお前が悪いと諭すロキ。
『もっと生贄は必要か?』
ロキの言葉に、致し方なく、臣民が見守る中、奉仕するベルダンディー。
こうして、ベルダンディーの凌辱調教の日々が始まる。

◆登場キャラクター
■ベルダンディー
おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。
子供っぽい一面も持つ。
誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛する為、人望は極めて厚い。
また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で怒った時の迫力は静かながらも凄まじい。
「現在」を司る女神。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003520
ファイル名/ファイル容量
VJ003520.zip / 347.66MB (364542904Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1GHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002416D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002416D)

女神凌辱~パイズリ姫ベルダンディーの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女神凌辱~パイズリ姫ベルダンディー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おっぱい(2) 処女(2)

おすすめ!無題

2010年12月24日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

北欧神話もからめたストーリーはなかなか楽しいですね。
清楚な巨乳女神を徹底陵辱!

パイズリ姫とタイトルにはありますが、パイズリばかりではなく
獣姦、触手、輪姦とファンタジー物の定番は一通り揃っています。

「姫様!」と慕ってくれる臣下の目の前で馬に犯させるとか
結構鬼畜な事をしますね。

陵辱大丈夫な方にオススメ!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

無垢な女神を汚します

2009年02月16日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

性知識が皆無と言う通り、フェラをしろと言う命令を男根を喉に突っ込んで窒息死と勘違い!?
そんな女神を徹底的に陵辱します。
彼女を信じる過信や民の前での輪姦、触手、獣姦、母乳、ふたなり、近親相姦、それにニプルファックが
意外と散りばめられていました。
シナリオは淡白な感がありますが、抜き目的なら十分でしょう。
それと、テーマソングがありますが、歌詞は陵辱系なのに妙に明るい感じです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]