美少女ゲーム > ESCU:DE > メタモルファンタジーSP

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ESCU:DEフォローする
販売日 2009年01月09日
イラスト 光姫満太郎
声優 比未子 / しまだかおり / 紬 叶慧 / 春野萌 / 天天 / あさり / 森山葵 / 伴風太 / 甘美
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★★★ストーリー★★★
ここは魔女や妖精や奇妙な生き物達が共存する魔法の世界、アンゴルノア———
と、言っても我々が住む世界とそんなに違いがあるわけではなく、子供達はちゃんと学校に行っているし、
大人達だって日曜日と盆と正月以外は勤労にいそしんでいたりする。
その上、魔法を使える人も一部の人間だけだったりするし、“ふぁんたじ〜”な生き物達も今や、
絶滅の危機だったりする世界。
そして、徐々に“本当の魔法”が忘れ去られつつある世界──
そんな魔法界アンゴルノアでの憧れの職業ナンバー1はプロの“魔女っ娘”と“使い魔”!
魔法の力で、人々を助けてくれる魔女っ娘やその使い魔達は魔法を使えない
多くの人達にとって、憧れの的だった。
当然、この世界にはそんな人々の憧れを実現してくれる学校だってある。
私立聖泉エンゲル魔法学院。プロの魔女っ娘、使い魔を養成するための専門学校である。
──と、そこに1人(?)の転入生がやってくる。彼の名前はハタヤマ・ヨシノリ。人間ではない。
見てくれはただのぬいぐるみにしか見えない、自称ただの転校生。
そんなハタヤマくんはプロの使い魔なる気などさらさらなく、
“人間になる魔法”を使いこなせるようになるのが目的。
……でも、その理由は人間の女の子とエッチしたいからだったりする。
最低なほどに欲望丸出しなハタヤマくん。そして、そんな彼があらゆる生き物に変身できる
禁断の闇魔法“メタモル魔法”と出会ったとき……。
欲望を実行に移すのに、さして時間はかからなかった。
なんせ、この魔法を使えば、“触手”や“スライム”、“マシーン生物”にさえ変身可能なのだから!
でも、人間になるためには本当の魔法“愛”が必要だったりするんだけど
……大丈夫なのかな?
しかも謎の秘密結社“闇魔法学会”まで現れて、もうハチャメチャ!
いったいどうなることやら……
“メタモルファンタジー”それは、魔女っ娘とぬいぐるみと変身と魔法とハチャメチャと……
そして、愛の物語……なのか?

★★★登場キャラクター★★★
●ハタヤマ・ヨシノリ(はたやま・よしのり)下の名前のみ入力可能。
見た目はかわいいファンシーキャラクターだが、中身は馬鹿でエッチで自分勝手で、触手な生き物。
彼の夢は人間になることだが、その理由は人間の女の子とエッチしたいから。
あるきっかけで禁断のメタモル魔法を使えるようになり、
それで女の子達に色々淫猥ないたずらをしようとたくらむが……
……また、背中にチャックあり。

●聖 京介(ひじり・きょうすけ)下の名前のみ入力可能。
人間の姿になった時のハタヤマ。かなりのビジュアル系フェイスな上、
性格までナルシストに変化してしまうため、誰もその正体がハタヤマだとは気づかない。
ただし、瞳だけは人間になりきらず、獅子のように金色をしており、縦に切れ目が入っている。
またその魔力・戦闘力はハタヤマモードのときとは比べ物にならない強さになる。

●フィリア・カーネリアス
ちょっぴりドジな白の魔女。でもロザリオ(セントクルスト)を使った神聖魔法の腕前は本物で
学院でもトップクラスの成績。でも魔法薬生成の授業ではよく爆発事故を起こすし、
ほうきに乗るとたまに居眠り運転をして人身事故を起こす。
朝に弱く、料理や裁縫が得意で、掃除も好きなのでほうきは手放さない。
家庭的で、どこまでもやさしい女の子。
ぬいぐるみを集めるのが好きなハタヤマ憧れの女性。

●ビビアン・カーネリアス。
フィリア・カーネリアスの妹。いわゆる天才児だが、ちょっと変人っぽい。
絵に描いたものを現実の世界に呼び出せるマジカルペンシルを使って魔法を操る。
また、マジカルペンシルは天才絵描きでプロの魔女っ娘だった母の形見でもある。
朝からテンションが高く、料理の腕は破壊的と天才的な絵の才能を持っていたりと姉とは正反対の能力を持つ。
ちなみに姉同様、魔法の潜在能力はかなり高いものを持っているが、
手加減を知らないので彼女と一緒に授業を受けていると命がいくつあっても足りない。
でも、根はやさしい女の子で、度が過ぎたわがままは決して言わず、
密かに姉のことを尊敬していたりする。
また語尾に「〜なのだ」をつけてしゃべる。

●趙鈴玲(ちょう・りんれい)。
語尾に「アル」をつけて話すチャイーニーズウィッチ。
彼女の持つでんでん太鼓(マジカルでんでん)は打ち鳴らすことで、様々なものに変化させることができる。
たとえば、ほうきやロケット(マッハ1で飛ぶ、通称:リンレイジェット)などに変化可能。
また、中国拳法も得意。またハタヤマとは仲が悪いのか、いつもケンカばかりしている。
そのとき、ハタヤマの弱点であるダブついたおなかをタプタプさせるのが癖。
実は故郷にいる8人の兄弟姉妹を養うために魔女修行をしている。

●ルシフェル・ナナリ。
鴉のように真っ黒な髪と紫の瞳を持ち、どこか人を寄せつけない雰囲気を漂わせている女の子。
鏡(陰陽鏡)を使った魔法“鏡魔術”を操る黒の魔女。空を飛ぶときは金色の杖に乗って飛ぶ。趣味は占い。
あまり他人と接点を持ちたがらず、生意気な印象を受けるが、根はやさしく、友情・愛情に厚い。
実際はなにをしゃべっていいのか、わからないだけなのかも……?
彼女には生贄の儀式をやっているなどの噂があったり、狐の耳が生えていることがあったりと、謎が多いキャラ。

●妖精・シルフェ。
ハタヤマと同じ使い魔科で、ハタヤマの後ろの席に座っている妖精の女の子。
わがまま&気まぐれな上、神出鬼没でなんにでも首を突っ込みたがるため、トラブルメーカーである。
しかし、小さな身体をいっぱいに使って、ハタヤマを助けようとする様はなかなか健気でかわいらしい。
……ただし、失敗すること多し。
なぜかハタヤマに興味を持っており、彼の怪しげな行動を黙認してくれる。
なにも考えてないだけなのか?……それとも、実は秘密を持っているのか?

●伊藤君
ハタヤマと同じ使い魔の生徒で親友のウサギ型ファンシーキャラ。
ハタヤマと同じ魂を持つエロぬいぐるみ。
ぼけ〜としているようだが、裏では盗撮した女子生徒の裸体をネットで流している。

●篠原さん
ハタヤマにメタモル魔法を教えてくれるペンギンの姿をしたファンシーキャラ。
一応、ハタヤマにとって師匠的存在であるが、あまり尊敬はされていない。何者かにおわれている様子だが……。
ハタヤマ同様、背中にチャック有り。

●ヴィルヘルム=ミカムラ校長
私立エンゲル魔法学院の校長。胡散臭いニセ英語で話す中年男性。あだ名はハゲヘルム校長。

●シオリ
立て続けに篠原さんとハタヤマに襲われてしまう不幸なメガネッ娘。
……でも、犯されすぎて後半は別人のように?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003505
ファイル名/ファイル容量
VJ003505.zip / 1.02GB (1093120116Byte)
CPU
Pentium 200MHz以上 / PentimII 450MHz以上
メモリ
32MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 フルカラー
DirectX
DirectX5以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002419D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002419D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メタモルファンタジーSP」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!異種姦+コメディ+ゲーム要素な抜きゲー

2016年08月17日  

このレビューは参考になった×0人

遥か昔にパッケージ版を購入してプレイしたのを、のちにDL版で購入し直したという作品。

自分が異種姦や連続絶頂に目覚めるきっかけとなった作品であるため、かなり強く思い入れがある。

抜きゲーとしては、最初はぬる陵辱ばかりなのだが、後半の陵辱はイカせまくりな展開が多くなってくる感じ。

ゲーム性もあるが、そちらはちょっと難度高かったなぁという記憶が残っている。

古い作品であるため解像度が低いのもやや難点であるが、全体としてはやってみて損はない作品であると思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ハタヤマ絵描き歌なのだ〜 …反則だろあれは。

2010年03月04日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

エスクード得意のジャンル、育成SLG。エロゲとしては一風変わった作品です。…メーカーとしてはいつもですけどね。
ある程度効率を考えられるようになれば、全ステータスMAXも難しくないので、比較的簡単な部類に入ると思います。
ただ、戦闘はかなり面白く、そして難しい出来になっており、かなり楽しめます。攻略方法も人によって変わるのでは?
私は、相手にダメージを与えることよりも、こちらが受けないことを優先していましたので、リフレクションとH.F.Bにかなり助けられました。
…一周すれば戦闘スキップもできるので、面倒な人は苦労は一週目だけということで我慢してください。
ストーリーは、実のところ王道。ライターさんによればテーマは“愛”だそうなので、凌辱もソフトです。
むしろ、恋人関係になってからのラブラブな方が本番なのでしょうね。
最初はヘタレで、ところどころ自己中心的なぬいぐるみ(主人公)が、段々格好良くなっていくのも王道で私は大好き。
普通のADVには飽きたという人、触手とか魔法少女とかは好物だけどハードな凌辱はちょっと、という人などにおすすめ。
…しかし、ヒロインよりぬいぐるみ、とくにウサギの野郎が存在感強いってのもどうなんだ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!純粋なADV+歯ごたえある戦闘

2009年02月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ゲームとしては育成SLGに分類されますが、
一般の育成SLGと違って育成部分で悩む事はほとんどないかと思います。
というのも、一般の育成SLGは“どの能力を伸ばすか”というのが重要ですが、
このゲームにおいては基本全ての能力を伸ばせばいいだけなので、比較的簡単です。
一応最初に伸ばした方が楽になる能力もあるにはありますが、
育成SLGとしての楽しさを求めている方は期待しない方が良いでしょう。
ADV部分も選択肢が難解というわけでもなく、攻略に苦戦はしないかと思われます。
このゲームにおいて一番攻略のしがいがあると思われるのは戦闘です。
配置から相手の攻撃パターンを読み、適切な魔法を設置し、効率的にダメージを与える。
MP量なども考えないといけないので、意外に頭を使います。
なお、この手の攻略が面倒だという方でも、一度エンディングを見てしまえば、
戦闘なしで進める事もできるようになるのでとりあえず一周はがんばってください。

ストーリーは王道的で、主人公の性格が程よいアクセントとなっています。
魔法少女もののお約束である、変身シーンもちゃんとあるのでご安心を。
シーンは基本的にソフトなものが多く、ハードな陵辱というものはあまりありません。
らぶらぶえっちな触手ものといった感じでしょうか。
王道魔法少女ものとしてはもちろん、
触手は好きだけどあまりハードなのは……という方にもお勧めのソフトです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ネズミ?とウサギとペンギンが妙な存在感のある魔法少女もの

2009年01月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

エスクードの育成SLG。アリスやStudio e・go!やソフトハウスキャラのように関西には面白いゲームを作る会社は多いです。
 ストーリーは一見普通の魔法少女ものですが、主人公のハタヤマ君がいろんな意味で目立っており、ストーリー上は女の子たちも頑張っていますが実際の戦闘シーンでもハタヤマ君の独り舞台です。個人的にはルシフェルがお気に入りですが、最初は攻略不可、無念なり・・・・・・
 CGについては2001年作品として考えると(SPは2004年ですが)なかなかレベルは高いと思います。Hシーンについてはサンプルを見る限り女の子たちが触手で凌辱されまくりですが、その正体はチャックの付いたネズミのぬいぐるみです。基本的に純愛とは言えませんが鬼畜なシーンもそう多くなく、Hシーンの数は多いですが普通の魔法少女もののノリで楽しめるのではないでしょうか。
 システムは少々特殊な育成SLGで、育てるのはハタヤマ君。昼はパートナーと一緒に勉強してパラメーターを上げ、夜は篠原さんの許で闇魔法を覚えたりパートナーと特訓したりします。肝心なことはパラメーターを最大限近くまできっちり育てることと、光魔法をすべて覚えることで、ここで手を抜くとエンディングにはおぼつかないです。戦闘では赤と青の並びかたによって何種類かある攻撃パターンがあるのでパターンをしっかり読み切ることが肝心です。最終戦などはツインルク+グラビトロン×2など喰らったら瞬殺されかねないので最悪の事態に備えた戦略が必要とされます(それでも実際は運任せですが)。
 魔法少女たちを凌辱する正義の味方??の育成SLG。Lillian系の魔法少女ゲームが好きな人にもおススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!愛と欲望と触手の魔法ファンタジー

2009年01月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

人間になる(ことで人間の女の子とエロエロな生活を送る)ことを夢見る、ハムスター型ぬいぐるみ風生物とともに往く、約60日間を描いた物語です。
SP版は、無印版にアンケート特典のシナリオや、新規シナリオを追加した仕様となっています。

ゲーム内容は、物語を読み進め選択肢を選んでいくアドベンチャーパート・主人公を育てる育成パート・女の子や闇の組織のメンバーと魔法戦を繰り広げるバトルパートに分かれています。
CVは主人公以外フルボイスとなっており、メインキャラはもちろんモブキャラまでも喋ります。

バトルは三つの枠に、約20種類の魔法の中から任意で選択したものを当てはめ、相手が選んだ魔法とぶつけ合うというシステムです。
主人公の能力値や相殺・強化・反射・吸収などの細かな要素、後半の敵が使ってくる凶悪な専用魔法など、歯応えのあるバトルとなっていました。

Hは純愛・凌辱双方が用意されています。
内容は様々な生物に変身してのものと、人間に変身してのものに分かれており、比重は人間以外でのもの寄り。
軟らかな身体を巻きつかせての、触手プレイが多目でした。

しっかりと遊べる、愛と欲望と触手の魔法ファンタジーを楽しみたい方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]