美少女ゲーム > Teardrop > 娼館のエミリー

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

魔軍との戦いに赴く若き傭兵が立ち寄った娼館『夜霧』。
そこで傭兵を迎い入れたのは、魔軍との戦いの中で生み出された
魔術により慰安改造を施された娼婦たちだった。

  ◆どんなことでも好きなだけしてあげます♪
  ◆魔力の3Pプレイも!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ストーリー
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

魔軍との戦いが始まって、もうすでに四年と二月が過ぎ去っ
ていた。
とある魔術師一派の暴走が異界の扉を開け、人と異なる種族
がひしめく世界とつながってしまってから、実に五年という
月日が流れたということになる。
戦はある技術の発展を促す。
特に不利な戦況はモラルすら障害とはしない。
魔術による人や武具の強化。殺傷能力の強い魔道具の開発。
人類の全てをかけた開発の波は、人と魔の両陣営を等しく疲
弊させながら、その戦況の変化をもたらしていた。
戦線で常に最前に躍り出る者、傭兵。
彼らはその経験と自由な物の見方で、魔物との戦いを有利に
進める術を幾多も見出すことになる。
魔軍の戦線は異界の門近辺まで圧し戻され、明らかな人類有
利な状況となるまでに至る。
一人の男がその娼館を訪れたのは、王国に春が訪れ、戦況の
大規模な巻き返しが成るか……と民衆が噂しはじめた、そん
な頃だった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
キャラクター
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
・主人公
 傭兵であり、冒険者。娼館「夜霧」のあるこの街を基点に、
 軍事に従事している。

*======================
・娼婦 エミリー(Voice:緒田マリ)
*======================
魔法で成長を促進させられた、本当はロリキャラな成熟美女。
性産業従事のために、国に慰安改造された、もと農夫の娘。

*======================
・娼館「夜霧」の女主人 アンナ(Voice:三園あすか)
*======================
娼館夜霧を仕切る女主人で、元娼婦。市民権の無い流れ者が通える
キワモノ娼婦揃いの娼館を切り盛りする。
主人公を選定し、娼婦をあてがう。娼婦とは逆に成長を抑制させられている。
慰安改造済みの女。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003499
ファイル名/ファイル容量
VJ003499.zip / 241.7MB (253444388Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIV 1GHz以上
メモリ
256MB以上(Vista使用の場合:768MB以上) / 推奨:1GB以上
VIDEO
32MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX9.0a以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「娼館のエミリー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

「娼館に通っている」ということを実感させてくれる

2009年12月25日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

ヒロインは2人。娼婦エミリーと、娼館の女主人アンナです。最初はエミリーのみが売春の相手ですが、後半からアンナも選ぶことができます。

 このゲームでは「娼館に通っている」という事実を実感させるシーンが豊富です。エミリーとのSEXのあと、ピロートークでエミリーが「また、お越しになるとき……」などとしゃべります。主人公が娼館を訪れたときには女主人アンナが『お出迎え』して外の世界についての世間話をしたり、最近のエミリーの様子を語ったり。そして主人公がエミリーとのSEXを終えて帰るときには、やはりアンナが現れて『お見送り』をします。

 ヒロインは2人ですが、エミリーは、本来は「まだ年端も行かない少女」であるにもかかわらず肉体改造により「成熟した女性」に変身させられており、逆にアンナは「成熟した女性」であるのに、肉体改造により「小柄・貧乳の少女」の姿に変身させられている〜という背景があり、本来の姿にもどってのプレイもあるので、4人分楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]