({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

好評を博したファンタジック凌辱AVG『魔将の贄』の続編が、待望のダウンロード版で登場!
前作でもその完全無欠の凌辱描写は非常に定評があり、実用性も抜群だったが、
今回も内容、ボリューム、鬼畜っぷり、全てにおいて前作を上回り、大満足の出来栄えだ。
今回の主人公は、勇者に討ち果たされながらも、その勇者の肉体を乗っ取った魔王。
魔王であることを隠し、勇者を装って憎き人間族の中枢へと潜入した主人公が、姫や王妃、
勇者の仲間として魔王討伐に参加した女戦士や魔法使い、神官を徹底的に、穢し、犯し、嬲り尽くしていく。
元々、人間憎しの主人公。その人間の女性への扱いは情け容赦なく、清々しいほどの鬼畜責めを
披露してくれるぞ。強姦、輪姦、異種姦、触手姦、蟲姦など、バラエティーに富んだ
鬼畜責めが充実しているのに加えて、孕ませ、出産、産卵といった背徳的で
アブノーマルなシチュエーションも完備と、まさに至れり尽くせり。
痛快無比のダークエロスを堪能したい貴方に絶対オススメの一本だ。

■ストーリー
魔族と人間が互いにいがみ合い、争い続ける世界。あるとき、魔族を統べる王、リバルト(主人公)は、
憎むべき人間たちに対し、大々的な戦争を仕掛けた。
圧倒的な戦力によって、次々と人間たちの領土を侵略していく魔族軍。
しかし、勇者とその仲間たちの出現によって、その勢いは次第に失速し始める。
劣勢を強いられた魔王は、魔力を封印する力を持つ巫女を拉致し、人間側に対して最後の抵抗を見せる。
壮絶の戦いの末に勇者に敗れた魔王だったが、死ぬ間際に勇者の肉体を乗っ取って、死を免れていた。
それを知らない勇者の仲間たちは、この歴史的な勝利に歓喜の声を挙げる。
それを勇者の皮を被る魔王は冷ややかな微笑みで見つめていた。来るべき逆襲のときを思い浮かべながら……。

■登場キャラクター
●アーシス・アンバルド
アンバルド神聖王国の第一王女。
封印の巫女の素養を持つ証となる疵が現れず、王位継承権を得ることは出来なかったが、
せめて国や、封印の巫女になった第二王女・ユミリアの力になりたいと思い、剣の腕を磨いた。
そして、高い剣術を身に付けた彼女は、自ら部隊を指揮して戦場を駆け回り、
“姫将軍”の名で称えられるまでになった。性格は明るく真面目。
国民からも親しまれ、信頼も厚く、人気がある。

●ユミリア・アンバルド
アンバルド神聖王国の第二王女。
勇猛なアーシスとは対照的に、物腰柔らかく、気弱で大人しい少女。
魔を封じる“封印の巫女”の素質を備えていることから、周囲から大事に扱われてきた。
勇者クロードに密かな恋心を抱いていたが、自分の立場もあり、表立って気持ちを伝えることはなかった。
クロードの肉体を乗っ取った主人公は、そんな彼女の気持ちを逆手に取って……。

●イーリス・アンバルド
現アンバルド神聖王国の王妃。
先代の“封印の巫女”。
巫女の力は、第二王女のユミリアに受け継がれ、実質的な役目を終えているが、
その穏和で優しい性格と美しさから、今もなお国民からの人気が高く、慕われている。

●レジーナ
勇者クロードの魔王討伐隊に参加した、勇猛な女戦士。
姫将軍・アーシスの親衛隊隊長でもある。
頭よりも先に行動するタイプ。野生の感も鋭く、死線を何度も潜り抜けてきた。
勇者であるクロードを気に入っていたが、魔王に入れ替わってからは、
その野生の感が働き、警戒心を抱くように……。

●シルヴィナ
勇者クロードの魔王討伐隊に参加した、超一流の魔術師。
見た目は可愛らしいが、クールを超えて冷淡な女の子。特に男性に対してはさらに冷たい。
故に氷の魔法が得意(?)。自分が嫌いな人間や事柄をとことん嫌い妥協もしない性格。
勇者であるクロードにさえも一定の距離を保っていた。

●ガーネット
勇者クロードの魔王討伐隊に参加した、おっとり巨乳の女性神官。
常にマイペースで、ゆっくりした口調で話す。
悪戯が大好きで、勇者であるクロードを、その豊満な肉体で誘惑することもあったとか……。

●シャロン
魔王を倒し凱旋した勇者、クロードに新しく付くことに新米メイド。
健気で大人しい性格の少女。非常に臆病で、いつも謝ってばかりいる。

●リバルト
勇者の肉体を乗っ取った魔族を統べる王。
残忍で狡猾な性格。
精神が死滅しながらも勇者の力は健在で、それが魔王の魂を束縛しているため、
以前の力が発揮できないでいる。
しかし、テレパシーを駆使して配下の魔物に指示を出すなどして、人間に対して様々な計略を仕掛ける。

作品情報/動作環境

ファイル容量
1020.04MB
CPU
Pentium 233MHz以上 / PentimIII 800MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0002387D)

魔将の贄2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「魔将の贄2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

おすすめ!これはイイ

2010年05月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

このメーカは好きでよく買っているんですが、その中でもこれは個人的にツボでした。濃厚なエロにくわえて丁寧な絵が美麗でした。陵辱ゲームとしては堕とす過程よりも堕ちた後を楽しむタイプで即堕ちが結構多かったのですが、自分は即堕ちでもきにならないし、むしろその方が好みだったので楽しめました。
 ちなみに作品中で「国民のみなさーん!お願いが、女王アーシスからお願いがありまーす(中略)国民の皆様のおちん○んをみだらな(あとは妄想してください)」というシーンがあっておもわず噴出しそうになりました。声優の人たちも結構乗りのりみたいです。
 おもにエロシーンが多いのはアーシス、イーリス、ユミリア、シルヴィナ、ガーネットです。これらのキャラクターの中で気になったのがあったら買って損はないと思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

続編ではない

2010年02月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

2とは、なっていますが、
前作とは、まったくちがうものです。
個人的には、前作の流れのほうが良かったですが。

ファンタジー系の王道は
きっちりそろえてあるので、
そちらの方面が好きな人は、かなり良い作品になると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!王族の3人が気に入った!

2009年03月18日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

王族3人の中で長女の第一王女アーシスが最も多いです。
自分は王妃イーリスが一番です。
シーンは長女の半分以下ですが、始めてから全部に味があり無駄がありません。
王族のプライドを傷つけたり、夫との比較などおいしい要素が目白押し
本当に王妃イーリスはお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!背徳的で頽廃的な妊娠・ボテ腹SEX、公開出産にハァハァ

2009年02月16日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×4人

主人公は魔王リバルト。魔王ではありますが、勇者(人間)クロードの肉体を乗っ取ったという変わった設定。ヒロインには王妃・王女(2人)・神官・魔法使い・戦士・メイドなど多彩。

 これらヒロインたちが、魔王(肉体は勇者)により凌辱され、快楽堕ちさせられたり、あるいは監禁状態で魔物たちに凌辱され続けたり、また悪臣(あるいは叛臣)に凌辱されたりw

  このゲームを貫くテーマの一つが、妊娠・出産(魔王の転生のため、人間の女性の腹から魔物を産ま増やすため)です。それも単なる種つけや妊婦とのボテ腹SEXではありません。背徳的エロスと退廃的エロスが溢れるほどに盛り込まれた名作です。

 そのごく一部を紹介すると、王妃イーリス・第一王女アーシス・戦士レジーナ・魔法使いシルヴィナには妊娠あり。イーリスとアーシスがともに孕まされ、ボテ腹状態でレズをするシーンや、監禁されているものの、まだ正常な思考を保ったまま孕まされ、ボテ腹になったシルヴィナとレジーナが凌辱されるシーン、「人間の女性が魔物を産む実験」のためにシルヴィナが魔物を産卵させられるシーン、肉体的にはアーシスの子として生まれた(転生してきた魔王リバルト)が、(肉体的には)祖母にあたるイーリスを種つけしボテ腹にし、屈伏させているシーン → さらに(肉体的に)実母になるアーシスに受胎懇願させてから種つけするシーンなどw これはあくまで一部ですww

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]