美少女ゲーム > Liar-soft > SEVEN-BRIDGE

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
───20世紀初頭。
現実とは異なる歴史を歩んだ、異世界がゲームの舞台。
黒死病の世界的流行をむかえるなか、史実上の第一次世界大戦に先んじて、
ヨーロッパ諸国とオスマン帝国のあいだに戦端がひらかれ、オスマン側が圧倒的な勝利をおさめる。
まさに聖戦と呼ぶべき激戦のなかで、ヨーロッパの大地は焦土と化し、完膚なきまでに蹂躙された。
主人公クゥ・クランは、その幼き頃に、生まれ育ったドイツを離れて、
難民としてはるばる清王朝の北京へと逃れた。いつからかクゥには、
いやおうなく他人の心の声を聞き取るテレパシー能力がそなわっていた。
当人にとっては、ひたすら苦痛でしかないその重荷を背負いながら、クゥは青年へと成長する。
やがて大戦から十数年が経ち、堕落と混沌をきわめる北京の街で、ひとつの噂が言い交わされていた。
「“黒の切符”を手にした者は、黒い列車に乗り旅立つさだめ。
向かう先は、夜のとばりに閉ざされたヨーロッパ。列車の名は“プレステ=ジョアン”。
七つの橋を越えて終着駅にたどりついたなら、かならずや望みがかなう」───と。
酒と漁色におぼれ、街をうろつくクゥの前に、突然あらわれた少女エマは“黒の切符”をさしだし、
一緒に列車に乗るようにうながす。その少女は、いっさい口をきくことができず、
クゥのテレパシーをもってしても、心を読み取ることのできない相手だった。
機関車“プレステ=ジョアン”に乗り込んだふたりは、やがて力を合わせて終着駅を目指すのだが、
その前に“橋”という名の、大いなる七つの試練が待ち構えていた。

■ゲーム概要
寝台列車に乗って旅をすることが目的のADVです。
主人公クゥの視点で物語は進展し、表示された選択肢を選ぶことで、ストーリーが変化します。
始発駅は北京、終着駅はドイツです。
途中までは順調にシベリア鉄道を西へと進んでいきますが、やがて現れる7つの橋が、
避けては通れない関門となって彼らの前に立ちはだかります。
乗り合わせた乗客たちは互いに協力、時には対立しながら終着駅を目指します。
列車が第1に突入するのは、バイカル湖の対岸を結ぶ、全長40キロの壮大な橋です。
建造者はあきらかに人間ではなく、ヨーロッパ滅亡後にこつぜんと湖上にうかびあがりました。
この橋を通るほかに、西に向かう方法はありません。橋上では実体のない恐怖が乗客たちを襲い、
その精神力が試されます。
橋の試練を乗り越えられなければ、その場に置き去りにされるか、死ぬだけです。

■登場キャラクター
●クゥ・クラン/男/ドイツ出身
主人公。やさぐれた青年。
強力な読心能力(テレパシー)を持つが、そのために絶えず苦しみを味わう。
黒死病によって生まれ故郷の村を失い、ただ一人生き延びた。
黒の切符を得たことで、ただ死に場所を求め、故郷へ帰ろうとしている。

●エマ/女/出身不明
ヒロイン。黒の少女。
クゥに“黒の切符”を手渡し、それ以降、旅の道連れとなる。
言葉を持たず、クゥの読心能力でも心をうかがい知ることはできない。
つねに手足を黒い布で覆い隠し、決して肌を見せようとしない。

●モーガン/男/出身不明
白き老紳士。エマの祖父。
“赤枝騎士団”と呼ばれる組織を率いる、強力な魔法使い。
エマを通じて“黒の切符”をクゥに与えた張本人。
その野望、すなわち失われたヨーロッパを復活させるため、クゥの力を利用する。

●スカサハ/女/出身不明
モーガンに盲従する魔女。その能力は“全知”。
彼女があずかり知らぬことは、この世にない。

●カイ/男/出身不明
灰色の男。
“赤枝騎士団”の闘士。
ひょうひょうとして、なんとも真意の汲みとれぬ男。

●ジェーン/女/清国・北京出身
北京の黒社会から、プレステ=ジョアンに送り込まれた刺客。
方術や秘薬によって肉体を強化された、一種のサイボーグ。
クゥとはなにかと腐れ縁。

●ナンシー/女/インド帝国出身(ロンドン生まれ)
有力な藩王(マハラジャ)の跡取り娘。
いつも陽気で、三度のカリーよりもエロいことが好き。
従者をひきつれプレステ=ジョアンに合流する。

●渡会丹生(わたらい・にお)/女/大日本帝国・尾道出身
通称“おにう”。日本の新聞社から派遣されたジャーナリスト。
断片的にしかヨーロッパの情報を得られない状況に業を煮やし、進んで取材の要請に応じた。
鉄道マニア。

●グリエル/女/フランス出身
敬虔なカトリック教徒の少女。イエズス会所属。
異教徒への復讐に燃え、みずからを十字軍に任じて、敵地へおもむく。
生き別れの双子の片割れに対し、並々ならぬ憎しみを向ける。

●グラナダ/女/フランス出身、のちにイスタンブールへ拉致
オスマン軍の捕虜となり、親衛隊イェニチェリの精鋭として育てられた少女。
やはり双子の片割れを強烈に意識している。
スルタン(オスマン帝国皇帝)の勅命を受け、プレステ=ジョアンの鉄路を阻む。

●ジョエル/男/台湾出身
プレステ=ジョアンのパーサー(客室乗務員長)。
日本占領下の台湾から清国へと移住した風水士の一族。
女装趣味。

●スラーヴァ/女/ロシア出身
プレステ=ジョアンの機関助士。寡黙で大柄ですごく頑丈。
スラブ系ユダヤ人。

●けーこ/女/出身不明
プレステ=ジョアンの列車長かつ機関士。
列車でいちばんえらい、謎多き人物。
モーガンと同様、終着駅をめざすことがその悲願。

●“恋する”ステラ
サルーン車のかたすみにアンティークとして置かれた、壊れた人形。
エマの行動がきっかけとなり再び動き出す。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003481
ファイル名/ファイル容量
VJ003481.zip / 1.35GB (1446280171Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz 以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002065D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002065D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SEVEN-BRIDGE」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

ピックアップ

おすすめ!キャラが立ってる心地よいゲーム

2008年12月26日  

このレビューは参考になった×9人

絵柄は人を選ぶかもしれないし、あらすじを
読んだだけではストーリーが想像しづらく、
興味を引かないかもしれない。
それでも個人的には恐ろしく楽しめた。

黒の列車に乗り込んだ人々について、詳細が語られる
場面は少ない。だが、ストーリーの端々に乗客たちの
意志、生い立ちが垣間見え、ストーリーのいわば
盛り上がりの部分以外でも文章を飽きさせなかった。

ゲーム中の音楽もかなりの曲数があり、『世○の車窓から』
を彷彿とさせるものから、北京やヨーロッパをイメージさせる曲まで
ゲームを盛り上げる要素として充分機能していると思う。
個人的にはカイのテーマ(?)とボスポラブリッジでの曲が非常にお気に入り。

何故か世間での認知度は低い気がするが、
これほどまでにキャラクターが立っているゲームは
そうそう無いと感じる。立ち絵が無いキャラまでが格好良く、
脇役のひとりひとりの出番が少ないのが寂しく感じるほど。

基本的には一本道のストーリーだが、ツボにはまれば
そんなことは気にならない。自分は一本道系のゲームは基本的には
一度しかプレイしないタイプだが、このゲームだけは
4回くらい繰り返している。
興味を持った諸兄には是非プレイして頂きたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!レインボーブリッジがきらめくように

2009年11月10日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

こえてゆけ こえてゆけ
七つの橋のその向こう、旅の終わりのその先に、
みはてぬのぞみがあらわれる

・・・

FORESTの後継作……というより対の立ち位置につく作品です。
ストーリーは別のものですが。

滅びた東方の王と共に、無限の願いと共に、駆ける旅の歴史。
それは巡礼であり試練であり問題であり遠征であり戦争である旅です。
ケーニヒスベルクの七つの橋を渡る、魔法の旅です。
歴史に意味はあるのか? ある、多分。
その中の犠牲に意味はあるのか? ある、多分。
そう思いさえすれば簡単に。
だけど。
たとえ歴史が物語でないとしても——そこに何の意味がないとしても。
この世界が、綺麗な世界樹の物語の世界でないとしても。
それでも人はのぞみを持つ。無限の道を進み、無限の橋を渡る。

歴史と物語。レール。FORESTと同じ背景を持っています。
FORESTをプレイした上で比較すると面白い作品だと思います。
逆に単品だとちょっと物足りないかも。
FORESTもそうですが、あまり一つ一つ意味を求めすぎるのは禁物。
ようはハートだ!

テキストは森と同じく、歌物語のように韻文と散文の混ざった形式ですが、
さすがに疲れるのか後半は失速ぎみに。メタファーのネタも困っていたよう。
よくあることよくあること。
作品に使われる曲数は八十以上。これはかなり多い。
すべてが印象を残すわけではありませんが、ほのぼのとしたのを好む人にはおすすめ。
よくあるキリスト教のパワーへの神聖視と歪んだ敬意をまきちらす作品より、
もっと実直に歴史の中にあるその無力感と向き合った作品の方が好きだと、
なお良いでしょう。

——こえてゆけ こえてゆけ。七つめの日のその向こう、主の休んだその先へ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!線路は続くよ

2009年03月09日  

このレビューは参考になった×6人

個人的にライアーソフトの中でForestと並ぶ名作だと思っている。
ゲーム自体は多少の選択肢は有るものの、選択ミスは所謂即死エンドとなっている為、一本道なのだが、その物語自体が凄くよくできていると思う。

キャラ絵も可愛らしく、それぞれの個性にとても合っている
ただ、Hシーンのエロ度は非常に低い。ファンタジックだったり妖艶だったり、コミカルだったり優しかったり・・・と、Hシーンの回数もシチュエーションも雰囲気も豊富ではあるのだが、少なくとも私はエロイと感じなかった。
むしろ物語内のキャラクター同士の結びつきを表す出来事としてのHシーンといった印象が強い、喘ぎ声なんかはとても良いけど実用には向かないと思うのでご注意を。

演出も素晴らしく、主人公の読唇術という形で、キャラクターの心の声が聞けるこれはForestでも有ったテキストと音声の意図的な差異なのだろうが、目で物語を追い耳でキャラクターを負っていくうちにドンドンと世界に飲まれて行く感じは非常に面白かった。
ただ音声がややスポット的なのか全編通して聞けなかったのが残念だった。

よく出来た小説に似て、読み返すことが苦にならない
或いはふとした拍子にまた読みたくなる
そんな魅力に溢れる作品だと思う。
読み物好きでHシーンに拘らない方であれば是が非でもお勧めしたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]