PCソフト > HEAT-SOFT > 私の身体で償います~新妻美智子の場合~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
主人公荻堂信一郎(おぎどう しんいちろう)は、努力が実ってプロ野球のスカウトに目が留まり、
華々しい活躍をすると意気込んでいた。
しかし喜びもつかの間、交通事故によって激しい運動は二度とできない身体になってしまう。
そこへ現れたのが匂坂美智子(こうさか みちこ)と名乗る、主人公を車で跳ねた張本人。
必死に謝罪する美智子に戸惑いながらも、許してしまおうと考える。
しかし美智子が出した「事故を起こしたことを夫には秘密にしておいて欲しい……」という条件に、
暗い感情が浮かんでくる。
「この女は自らの保身の為に、俺に謝罪している」
「俺が不幸になるのに、この女が幸せを満喫するのを許せるのか?」
その思いが主人公を支配した瞬間、主人公は美智子に性的な行為を強要してしまう。
口では拒絶しながらも、己の保身の為に断ることができない美智子は、つい、その要求を飲んでしまう。
最初は口や手でしてもらうだけだった主人公の要求だが、徐々に内容はエスカレートしていき、
尻や膣での行為までも求められる。
流石にと拒否する美智子に、主人公の怒りと欲望は爆発し、ムリヤリに美智子を犯してしまう。
それに味を占めた主人公は、連日のように美智子を呼びだして犯し、自分の欲望を果たそうとしていく。

◆登場キャラクター
●匂坂美智子
女性的な雰囲気と豊満な肢体を持つ新妻。
主人公を車で轢いてしまい、夫との幸せな家庭を崩したくない一心で、
入院中の主人公の世話を引き受ける打算的な面を持っている。
セックスの経験はあまりなく、主人公からの要求に応えていく内に、
身体の奥に眠る淫乱な資質を呼び覚まされて、開発されていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003463
ファイル名/ファイル容量
VJ003463.zip / 411.67MB (431665516Byte)
CPU
Pentium 166MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
32MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002378D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002378D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私の身体で償います~新妻美智子の場合~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

和解などない!あるのはただ、復讐と贖罪のみ!!

2008年12月19日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

全体的にプレイしてみて[美智子、純一郎を見舞う→純一郎、美智子を宥める→美智子、保身的な発言→純一郎、怒り点火→美智子に性的奉仕の強要]といった、終わりなき悪循環が繰り返されるという感じの展開でした。てゆーか、美智子、いくら自分が傷付きたくないと感じていても、それを口にしたらマズイでしょーが…。
何年もかけて努力し、積み重ねてきたものが一瞬にして崩されるのって、辛いですよね。それが自分の行動の結果ならいざ知らず、第三者の介入が原因でそうなったとなると余計に…。この作品は、正にそんな目に遭った主人公・荻堂純一郎が、自分から全てを奪っておきながら、己は人並みに幸せを謳歌したいなどと、本人の前では決して口にしてはならない発言をぬけぬけと言う、利己主義な美智子にその身を持って罪を償わせるという、そんな作品です。
ルートは大筋で3通りあるのですが、入院生活中に要所要所で選択肢が出現し、大体は二の足的か鬼畜的かの選択となります。その選択肢の組み合わせによって、どのルートに行くかが決まるのですが、中には落とし穴的な物もあり、思わず背筋がゾクッとするものもありました。
復讐系の展開を好む方にはお勧めですが、「飼い犬(?)に手を噛まれる」という展開もあるという事を念頭に置く必要があります。
また、それ以外にも「まさか?」と言いたくなるような大どんでん返し的な展開もあります。気になる方は是非プレイしてみて下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]