美少女ゲーム > あんでる > コムスメ 【孤高娘】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

●ストーリー
皇下8公12将を束ねし「帝国」、周囲の諸小国達が恐れる強大な軍事国家である。
ある日、その帝国軍内に一つの諜報がもたらされた。
「諸小国ガ内一ツニ、民間偽装シタ軍事訓練施設ヲ発見セリ」
その小国とは寡兵にて歴史的大敗をきっした小国「ジュラヴリ共和国」。
「姫将軍」と呼ばれる女性将軍が軍を束ね、帝国のライバルだったのだからもう大変!
「即座ニ施設ニ潜入調査セヨ」
単身の敵地潜入というこの危険な任務を拝命したのはガチガチの軍人「入谷少尉」12将家出身で、
若い小娘でありながら軍務階級職に就く程の生粋の軍人である。
しかし12将家と仲の悪い8公家側からも1人、潜入任務に随行する人員を選抜した。
この縄張り争いの犠牲こそ、一般人あがりの主人公「黒須巡査」。
頭は冴えるが地位も名誉も無い平凡な保安局員である。
そんな凸凹の二人が諜報活動に向かった先はなんと何の変哲も無い学園。
帝国内の重苦しい空気など微塵も感じられない自由な校風と笑顔と恋に満ちた学園だった。
しかもこれは潜入調査、「イリヤ」と「クロス」という生徒になって学園に編入されてしまう二人。
「イリヤ」の軍気質に学園中が一騒動、主人公も振りまわされっぱなし……
本国の公家指令本部へ毎晩送る暗号無線も、愚痴とも悲鳴ともつかぬものばかり。
だが時がたつにつれ、だんだんこの自由と平和に感化されてゆく入谷達。
軍人「入谷」と学徒「イリヤ」の間で揺れるヒロインの結末は?

●登場キャラクター
★黒須 有利(クロス・ユーリー)
本編の主人公。
軍部(12将家)の暴走を見張るために、
皇族8公家側から諜報活動に随行する事になった不運な男。
政治的発言力の強くなってきた軍部(12将家)への牽制のために
治安側(皇族8公家)から送られた縄張り争いの犠牲者。
共和国郊外の学園へ学生としてイリヤと一緒に潜り込むも、上官であるイリヤの作戦命令は絶対服従。
散々な目に合わされて、毎晩の暗号無線で作戦本部に泣きついている。
しかしイリヤとの関係は悪くは無く、むしろ上層部が喧嘩をしている為に、
互いの報告時間を分けるなど気を遣ったりしている程度。
民間人出身ながら8公家の信頼が高い、叩き上げの保安局員。
考え方は出自のためか国家帰属意識が低く常識人。

★入谷 友里【イリヤ・ユーリー】
主人公の上官として、共に共和国へ潜入する命令を受けた少女。階級は陸軍少尉。
まだ若いが、帝国の士官学校を首席で卒業した立派な軍人で、名誉と武勲を重んじ、
国家国民のためなら命を惜しまない。
主人公の姉として学園に潜入するが、時代がかった言葉遣いと、
女性らしからぬ堂々とした態度で周囲から浮いてしまう。
曲がった事や不正を決して許さず、常に全力で物事に当たる。
国家国民に身を捧げた自分を一個人の魅力的な女性として見ていない為、行動にあまり個人を意識していない。
学園に姉弟として編入されたため主人公と同室だったりするのだが、女性としての危機感は希薄。

★アメリア バウアー
主人公とイリヤが潜入したクラスで、クラス委員長を務める少女。
スポーツ万能で面倒見のいい性格をしているため、クラスの皆から慕われている。
いつも知らず知らずにイリヤの諜報活動に巻き込まれる可愛そうな運命の持ち主。
主人公の事がちょっと気になっているようだが……?
基本的にいつも巻き込まれるオチ担当

★ジャネット グリムターゼ
共和国の大物貴族かつ資産家のご令嬢。そして父親は学園の理事という絵に描いたようなお嬢様。
腰巾着の取り巻き三人組を引き連れ、自由気ままに威張り散らしている。
自分よりも出来る人間が大嫌いで、万能なアメリアに一方的なライバル心を燃やしていたが、
イリヤvsアメリア対決を機に何でも全力でこなすイリヤもライバル視するようになる。
唯の子供っぽい負けず嫌いだったのがイリヤの真っ直ぐさに触れ、
後半は筋の通ったプライドを手にしてゆく事に。
基本的には何も知らずにイリヤ&マチカの前で帝国批判をぶち上げては酷い目に合わされるオチ担当。

★エッタ・エリカ・エイミー
ジャネットの取り巻きを務める女生徒三人組。いつもジャネットと一緒にいる。

★麻誓 有希【マチカ】
帝国保安局の局長で、帝国では穏健派に位置する才女。
主人公とは幼い頃からの義姉弟の間柄で、今でも当時のネタで主人公をからかう事もしばしば。
初めは主人公の報告を受ける立場だったのだが、
何と職務を放り出して学園に自ら教師として赴任してくる。その真意やいかに……?
その只ならぬ雰囲気にイリヤが次期姫将軍候補と警戒するのだが、
主人公は顔を知っているため、頭痛のタネが増えたと大弱り。
しかも自分が関係筋の人間である事をイリヤに言わないよう命令され、更にややこしい事に……

★リュシィ
学園で出会った下級生の少女。アメリアと同室で見た目以上に幼い性格のロリっ娘。
妹のようになついてくる可愛い少女だが、いつも肝心なときにいいタイミングで現れては、
ぶち壊してくれるオジャマ虫。

★奈々井
麻誓の秘書をしている良識的な思考の少女。
保安局の公職は与えられているが、基本的には麻誓の個人的な部下。
事務、案件処理、といった能力は高いのだが、そうは見えない。

★東郷
陸軍卿(大臣)であり、陸軍大将。
陸軍、第一方面軍(東郷軍)の司令官。帝国軍人らしく武勇をもって尊ぶという性格の持ち主。

★皇帝
[帝国]の国家元首。若き日は好戦的な性格だっだか、老成し和平志向に変わってきている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003461
ファイル名/ファイル容量
総計 1.38GB
VJ003461.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ003461.part2.rar / 653.9MB (685661442Byte)
CPU
PentiumII 600MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003469D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003469D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「コムスメ 【孤高娘】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

萌え(2) 少女(2) ブルマ(2) 学校/学園(2)

一片の淀み無く己が道を貫く

2010年08月27日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

手軽な値段で、適度な長さで気軽に楽しめる。
そういったライト思考の方にオススメしたいのがこの作品。
この作品は基本的に徹頭徹尾ライトな作品作りで
音楽、キャラ、物語全てにおいてライト志向。
終盤は困難にあたりますし、悪役もおりますが悪役自体も
妙に憎めない人なので、布団でゴロ寝しながらの如く楽しめます(笑)

 物語はキャラごと中心の一話完結型。キャラはイリヤをはじめヒロイン陣は無論
サブキャラも結構良い味出してます。エッタ・エリカ・エイミーはいじめっ子
キャラなんですがジャネットが妙にオバカさんなので(笑)また、作品の特徴として
一話の終わりに次回予告、冒頭に主人公の回想?が入る、メッセージウィンド部分に
立ち絵とは別にキャラの上半身絵があること。

 メッセージ部分にキャラ絵があるの珍しいですがこの部分がコロコロ変りますし
ギャグのデフォ絵も兼ねているので良かったです。次回予告はとてもよく出来てます。
なんと!2週目では変ります!(どう変るかはお楽しみ!)

 難点というか気になったのは主人公。何故好かれるのかは、まぁ一目惚れとか幼馴染
とか一応説明できなくもないですが「主人公が主人公足らしめる部分」が今一不透明。
物語解決の95%ぐらいイリヤがいたゆえですからね(笑)また、注意点としてタイトルに
ある「私は絶対にデレない」これが適用されるの2名ぐらい。ツンデレを期待しては
いけません。(笑)何故にこのキャッチかが一番の謎(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

誇り高く前に進め孤高娘

2010年03月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公とメインヒロインは職業軍人という変則的な設定の学園物、最近はこういうの増えましたよね。
シナリオは、各ヒロインがメインの話が順番に起こり、最終話でそれぞれの物語に分岐するほぼ一本道。
運動会とか、文化祭の演劇とか、学園物の定番イベントはきちんと盛り込まれています。…あ、テストは無かったか。
設定が設定なので、軍部の動きのシーンはちょこちょこ出てきますし、最終話は戦争一歩手前までいきますが、
実際に戦闘状態になったり、人が死ぬような血生臭いシーンはありませんので、苦手な人も安心です。
いや、一対一の戦いとか、文章での流血描写などはありますけどね。しかし、私的にはそこはシナリオ一番の盛り上がり。
あと、物語としての主役は多分ヒロインのイリヤの方で、主人公は基本的に空気です。
あまりヘタレではないので苛立ったりはしませんが、シナリオ的に目立たず空気、そして特別優れた技能もない彼がもてるのが微妙に疑問。
いえ、物語の始まりより過去の接点で好意を持ってくれたヒロインは除きますけどね。
と、そんな感じで、普通に学園物が好きな人なら多分問題なくおすすめ。ちょっと変わったのが好きな人には文句なしで、です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]