美少女ゲーム > Chien > 委員長は承認せず!ファンディスク

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ChienWEBサイトや、アンケート葉書で寄せられた
ユーザー様からの意見に応え、『委員長は承認せず!』のファンディスクかできました!
ご要望の多かった、以下の点を大着目!

・ヒロインたちの後日談〜エピローグを見たい
・舞台となる学園の日常を見たい
・本編では描かれなかったキャラクターの設定やドラマを見たい
・ドラマCDのようなコメディドラマが欲しい

ファンディスクでは上記4点をコンセプトとして、企画・開発・制作をされました。

アフターストーリー
各ヒロインのエンディング後の後日談が描かれます。
本編終了後に玖郎とヒロインたちは、どのような学園生活をおくっているのだろう…?
新たな生活を始めた二人の周囲に巻き起こる様々なドラマをコメディタッチに描きます。

エキストラストーリー
本編の番外編
『実はあの時、その裏では…』
又は、『実はこのキャラクターには…』等、本編中のイベントの幕間劇や、
ゲスト作家を招いた番外編を織り交ぜたショートストーリー集です。
基本的にコメディタッチで描きます。

デジタル4コマ!
4コママンガのデジタル化
ファンディスク用に書き下ろされた4コマをフルボイス化し、
さらに各種のアニメーションなどのエフェクトを用いたデジタル4コマを提供します。

デジタル資料集
開発の際に制作された、様々な資料の掲載を行います。
こちらについては、以下のものを想定しています。
・キャラクターデザイン
・販売促進用画素材
・背景
・その他

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003445
ファイル名/ファイル容量
VJ003445.zip / 1.16GB (1246000608Byte)
CPU
Celeron 700MHz 以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002259D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002259D)

委員長は承認せず!ファンディスクの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「委員長は承認せず!ファンディスク」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

学校/学園(2) ラブラブ/あまあま(2) ギャグ(2)

ヘタレなヒーローは終わらない

2011年11月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作の後日談やスピンオフ的な内容が入ったファンディスク。
各キャラのエンド後のアフターストリーや物語の中で話だけで終わっていた内容などがあるエキストラストーリーは前作をやった人には満足いくものになっている。
デジタル4コママンガとかも面白い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ノリはさらに暴走気味に

2010年03月04日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ファンディスク。当たり前ながら、本編のプレイは前提です。
購入は本編をコンプリートしてから、我慢できない人は本編と同時にしましょう。
内容は作品紹介に書かれている通りなのですが…なんというかもう、カオスです。ひたすらに。
アフターストーリーの選択肢で、正規で無い方を選べば怒涛のカオスエンド突入。
エキストラではついにあの帽子が単独行動…馬や眼鏡や警棒、マスクまで一緒になっている始末。
本編を楽しんだ人は前提として、過剰なまでのネタの嵐についていける人におすすめ。
…つか、そうじゃなかったら無理です。カオス過ぎる! 褒め言葉だけど!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]