美少女ゲーム > BLACK PACKAGE XXX > 蹂躙 ~じゅうりん~ DL版

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

▼物語
物語の舞台はとある山荘。
そこでは、母子と子の友人2人が、『由香里』の誕生日を祝う為に集まっていた。
居間を花で飾り、ごちそうを作ったりと、楽しく幸せな時間を過ごしていた4人。
数時間後に起こるであろう惨劇の事など、その時の彼女らは知るよしもなかった。
━━━━━━。

俺の名は萩尾勇二。
つい数時間前、俺は相棒と共に現金輸送車を襲った。
それは完璧な襲撃計画だった——はずなのだが、たった一つの不運によって計画は脆くも瓦解した。
相棒がドジを踏み、派手な逃走劇を繰り広げることになってしまったのだ。
結果、俺は今こうして、一人で重いゲンナマをかついで山道を歩いている。
相棒は、アジトに戻ったところで始末した。別に、ドジを踏んだことのへ制裁ではない。
もともとヤツは殺すつもりで用意した道具に過ぎない。
ヤツが生きていては逆に俺が殺されるかも知れないし、金も独り占めできないしな。
他人など信用できない。これは、俺が今まで生きてきた中で学んだ、唯一確信の持てる教訓だ。
そして、いい加減、肩に食い込む重量と、山道を歩く疲労に耐えきれなくなってきた頃……。
俺の目にかすかな光が入った。
追っ手か!?
しかし、その光には動く気配がない。
用心深くその光に近づいた俺の目に入ったのは、一軒の山荘。
窓からは灯が漏れ、室内から数人の女の話し声が聞こえてくる。どうやら、男はいないようだ。
こいつはいい。女所帯なら、簡単に制圧できる。
もし逆らうなら、見せしめに誰かバラせば大人しくなるだろう。
ここでしばらくほとぼりを冷まし、改めてずらかるための計画を練り直すのも悪くない。
俺は、ここのところ女を抱く暇もなかったことを思い出し、無意識に唇を歪めていた。

▼登場人物
●古手川由香里(こてがわ ゆかり)
古典とも喩えられるほど厳格な母親に育てられた世間を知らない、典型的お嬢様。
物腰は柔らかいが、母親の躾かまたは譲りか、芯はしっかりしている。
派手な事を嫌うためか、今の流行などにはうとく、
周囲(クラス)から浮いた存在となってしまっている為理解者は少ない。
そんな自分を好いてくれているという親友『ありす』『舞』をとても大事に思っている。
当日は『由香里』の誕生日。
自分の誕生日祝いと、日頃の感謝を込めて、仲良くして貰っている友人達を母親の持つ
山荘へと招待するが、そこで主人公に捕まってしまう事になる。
主人公に乱暴に陵辱されるが、少しずつ感じていってしまう。
厳格な母親の下のお嬢様育ちなため、潔癖性。
主人公への嫌悪感と、それでも感じてしまう自分への嫌悪感に悩んでしまう。

●樋口ありす(ひぐち ありす)
『由香里』『舞』の友人。
明るく快活な女の子。
一見荒々しくがさつな言動&振る舞いを見せてはいるが、実は気の優しい、お世話焼きの女の子。
昔、そのがさつさからイジメにあった経験があるため、
弱い立場の人間を放ってはおけないという性質の持ち主。
ヒロインの誕生日パーティに呼ばれて、運悪く主人公に捕まってしまう。
反抗心を力で強引にねじ伏せ、気持ちを逆なでさせ、自尊心を傷つける。

●佐々木舞(ささき まい)
『由香里』『ありす』の友人。気が弱く、自信なさげな女の子。
いつもおどおどした態度をとってしまうため、いじめっ子に目を付けられやすい。
そんな『舞』を心配した『ありす』が、『舞』をしっかりと捕まえいつも側に置いているために
今のところイジメには遭っていないという状態。
この、下向きで臆病な性格、そして人から守って貰うばかりの弱い自分に嫌悪感を持っている。
早めに肉欲を感じる。言葉ではやだやだ言いながらも主人公とのHに感じていく。

●古手川恵子(こてがわ けいこ)
『由香里』の母親。
本人がそのように育ってきたためか、とても厳格な性格の持ち主。
元々小金持ちの生まれだったが、数年前に両親が亡くなってからは
運営していた会社を売却し、株や土地を切り売りしながらひっそりと暮らしている。
両親の不仲、とりわけ父親の不倫騒動などを見て育ったため、もともと男性嫌いな所はあったが
『由香里』妊娠中の夫の裏切りを知った『恵子』は、すぐに夫と離縁、
男性嫌いに拍車がかかってしまった。
今は可愛い一人娘の『由香里』が道を誤らないようにと、やや厳しめの躾をしている。
今まで厳格で人を使う立場だったが、主人公に使われ、M女に目覚める。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003430
ファイル名/ファイル容量
VJ003430.zip / 784.22MB (822316934Byte)
CPU
Pentium233MHz 以上 / Celeron300MHz 以上
メモリ
32MB / 64MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「蹂躙 ~じゅうりん~ DL版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件