美少女ゲーム > はにぃま〜る > なかだし娘妹 ツンデレ義妹編 姉さんに代わって、たっぷり搾ってあげるんだからね!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年11月14日
シナリオ 天野雄矢 / 鹿大志 / 五月雨だるま / 藤原子之吉
イラスト くない瓜
声優 伊藤瞳子
音楽 AZ−MIX
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー
愛娘・鮎香(あゆか)が、怪我をしてしまい、入院中の為、
自宅ではひとりぼっちの主人公・羽生朗(はにゅうあきら)。

そんな中、妻の妹であり、職場の副担任である義妹・榊美奈(さかきみな)が、
娘・鮎香との関係を知ってしまったのではないかと気が気でない朗の元に、
美奈より呑みのお誘いがあるだが、その際に、『私はそれでも構いませんけど、
本当にいいんですか?ねぇ、先生。他人に聞かれていい話と悪い話があると思いません?』
と耳打ちされ、娘との関係を暗示されゾッとする。
二人っきりとなり、愛娘との愛欲の日々がばれ、突っ込む美奈が突然、
朗へ性処理をしてあげると発言されて、朗は驚くのだった。

義妹・美奈との関係は如何となるのやら…!?

◆登場人物
■羽生朗(はにゅうあきら)
主人公(プレイヤー)
マンモス校に務める中堅の教師。38歳
最愛の妻を亡くし、悲しみながらも、娘・鮎香との生活を送る。
目立たない存在で、基本的には真面目で押しに弱く、慌てモノ。
性的な事には強い方で、意外とテクニシャン。

■榊美奈(さかきみな)
主人公の亡き妻の妹。28歳
基本的には、明るく若干ぶっきらぼうなところがあるが実は女性的。
主人公の朗と同じ学園に勤める教師であり、副担任として、頼りない朗をサポートしている。
朗に対し、職場では、表面上敬意を払うが、学生のいないところでは、呼び捨てにしている。
でも、本当は、朗の事を慕っているのに、素直では無い感じ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003414
ファイル名/ファイル容量
VJ003414.zip / 543.38MB (569771321Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002305D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002305D)

なかだし娘妹 ツンデレ義妹編 姉さんに代わって、たっぷり搾ってあげるんだからね!の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「なかだし娘妹 ツンデレ義妹編 姉さんに代わって、たっぷり搾ってあげるんだからね!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

義妹の誘惑に勝てるか!?

2011年11月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

家庭教師として主人公が来たときから好きだったという美奈がヒロインとなる作品。
好きな男が姉と結婚してしまった上に、その娘にまで先を越されてしまったというところから始まっている。
責め立てておいてイク前に放置して去ろうかと生殺し状態にしてくるなどSな要素もある美奈。
愛娘だけでなく義妹にも手を出してしまい男子トイレで主人公が落ち込んでいるところへも怒濤の追撃後、更に言い迫ってくるところもイイ。
終盤にかけてはほぼデレデレとなるので、そっちも楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]