美少女ゲーム > ルネLovesK > 地下鉄封鎖事件「なぜ僕たちはここにいる」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
主人公はいたって普通の大学生である。
クリスマスだというのにバイトに借り出され、うんざりしながらも帰路についた。
そこに突然の地下鉄落盤事故。
事故直後、主人公が目を覚ますところからこの物語は始まる。
脱出手段を求め彷徨ううち、他の生存者達と合流することになる。
最終的な生存者は主人公を含め男性2名、女性4名の、計6名。
しかしそんな彼らとの出会いが、物語を思わぬ方向へと展開させる。
ガラスの破片を突きつけて脅す?
排泄する女性に背後から忍び寄って犯す?
女性がレイプされるシーンを目撃する?
理性を失って目の前の女性を貪る?
酸素ボンベを独占し、複数の女性に奉仕を強要する?
『女と2人きりになったら、犯せる』
それがこの遊戯の、唯一にして絶対のルール。
いつしか疑心と狂気、そして殺意までもが、閉ざされたこの地下空間に満ちていた。
この密閉された地下鉄こそ、もはや無法地帯と呼ぶにふさわしい。
見え隠れする事故の真相。
主人公の行動次第で、予期しえぬ様々な結末を迎えることになる。

■登場キャラクター
<生存者1>
桐川静帆(きりかわ しずほ)
何事にもピシリとしたお姉様。残業帰りにこの地下鉄に乗っていたらしい。
いつも冷静沈着で頭も良く、この状況下でも最善の行動をとるべく思考をめぐらせる。
宗方とはなぜか反りが合わないようだが、少なくとも主人公にとっては心強い存在がある。
その色気は、否が応にも男心をくすぐる。
自称、広告代理店に勤めるOL。しかしてその正体は……。

<生存者2>
園宮藍実(そのみや あいみ)
主人公たちと合流した直後、彼女は帽子を目深にかぶって顔を隠している。
しかもそれだけではなく、周囲の人間すべてにいちいち噛み付く。はっきりいって小生意気な娘。
しかし帽子の下に隠されたその顔は今、テレビやグラビアで人気No.1アイドル『アイミ』である。
ところが彼女の秘密はそれだけではないようだが、はたして……?

<生存者3>
琴村結菜(ことむら ゆな)
おっとりした天然お嬢様。貧乳。人生で初めて門限を破った日に限って地下鉄事故に遭遇。
この状況下で必死にアイデアを搾り出す彼女だが、それらの提案はメチャクチャなものばかり。
実は、この地下鉄を施工した琴村建設の社長こそ、彼女の父親である

<生存者4>
藤登瑞希(ふじと みずき)
主人公が密かに想いを寄せる大学の同級生。普段は元気いっぱいの女の子。
バイト帰りに事故に遭遇。
この状況下でも、彼女は芯の通った性格と気丈さで主人公の心の支えになってくれる。
じつは彼女も主人公に想いを寄せている。

<生存者5>
宗方泰三(むなかた たいぞう)
生存者のひとりで、主人公以外の唯一の男性。高級なスーツを着ている。じつは弁護士。
ものすごい正義感を持っているように見えるが、ものすごい狂気を秘めているようにも見える。
主人公の味方となるのか、敵となるのか、それとも……?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003410
ファイル名/ファイル容量
VJ003410.zip / 1.32GB (1421792367Byte)
CPU
PentiumII 400MHz / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002302D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002302D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「地下鉄封鎖事件「なぜ僕たちはここにいる」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!無題

2010年12月24日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

突然の事故。閉じ込められる主人公達。
他に生存者はいるのか?そしてここから脱出する方法は・・・!?

ストーリーが燃えますね。サバイバル!
謎解きとかも楽しいです。
昔のADVを思い出しました。

Hシーンの方は基本陵辱です。
ラブラブもありますけど。5分の4くらいは陵辱です。
ひどい時には陵辱した相手を殺害してしまう事もありますので
あまり女性にひどい事をするのは嫌という方は向きません。
陵辱大丈夫な方でしたら大変オススメです!

2000円のボリュームじゃないですね。

ゲーム的にも、H的にも楽しませてくれる良作です。オススメ!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

値段と内容のバランスが◎

2010年03月12日  

このレビューは参考になった×1人

内容自体は、割りとあっさりとエンディングまで進む感じにはなっているのですが、
そのエンディングや18禁シーンのシチュエーションは結構大目でとても満足いく作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ありそうな話です

2009年10月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

人間が極限状態でどうなるのか・・人の本性を垣間見るような作品です。
ヒロイン達は一部を除いて会ったばかりの他人、閉鎖された空間で男女がどうなるのか想像に足りますがまさにその通りの物語で恐怖しつつも興奮する作品でした。
一部ENDではヒロイン達の本性むき出しのギャップが個人的には良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

極限状態で

2009年02月13日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×3人

ギリギリの極限状態に置かれた状態でのストーリー。
サスペンス要素もあり、緊張感があるが、そこまで息が詰まりそうになるような欝な展開や内容では無く、さらっと書いているので苦手な人も楽しめる作り。
エロシーン、ストーリーもサクっと楽しめる作りなので時間が無い人に優しい。
ヒロインが魅力的でかわいい。
強姦ばかりかと思いきや和姦もあるのでダークな雰囲気や作風が苦手な人も軽い気持ちでプレイ出来ると思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

値段相応、声優好きなら+α

2009年02月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

最初に断っておくと、陵辱ゲームとして期待するのはやめておいた方がいいです。
シーン数としては陵辱と和姦が1:1といったところで、
キャラにもよりますが、和姦にも陵辱と同じくらい力が入っています。
シナリオが短いこともあってか、
キャラごとのシーン数及び、総シーン数は少なめですが、
値段の分は満足できるくらいの数はあるかと思います。
参考までに、エロゲー初心者の私は5時間程度でフルコンプできました。
あと、多少グロイかなと思うシーンもあるので耐性の全くない方は気をつけてください。

難点は、音楽は悪くないのにほとんど無音で進む事、
ヒロインの扱いに結構な差がある事でしょうか。
具体的な事は書きませんが、その中でも特に琴村結菜の扱いが悪かったかなと。
個人的にお気に入りのヒロインだったのでちょっと残念でした。
システム面は多少移動が面倒かなと思いますが、それ以外は優秀です。
バックログ音声再生に加え、セーブデータコメントもあるのは、
このデータはどの状況のものだったか忘れやすい人にはありがたいです。

なお、声優の演技はとても上手です。
値段相応と書きましたが、それによる+αを加味すると、
(特に好きな声優がいた場合)値段以上に満足できる作品になるかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Escape or Destructive?

2009年01月19日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

変わり映えしない日常の場面から、イキナリ生死を左右するような閉鎖空間に放り込まれた時、アナタは脱出を試みますか?それとも悲観して鬼畜行為に及びますか?
この作品は、まさに突然にそんな状況に追い込まれた6人の男女のパニックサスペンスストーリーです。
要所要所で出現する選択肢は、通常のゲームのように好感度を上げるのではなく、後の命運を左右する重要なものであり、選んだ内容によっては絶望的な結果にもなり得ますし、場合によってはヒロインを殺してしまいかねません。こまめなセーブを心掛ける事がコンプやハッピーエンドのカギとなると言っても過言ではないでしょう。
ヒロインは全部で4人登場しますが、個別でもハッピー・バッド含めて複数のエンドがあるので、コンプするには少々骨が折れます。本命ヒロインのエンドに達する為に他のヒロインを殺さなければならない場合もあるので、少々後味の悪さを感じる事もあります。また、展開によっては主人公がヒロインに殺される事も…。
全員が生きている状態でエンディングに到達すると、感動的な場面も用意されています。
個人的に気に入ったヒロインは、瑞希と結菜でした。
目指せ、全員生還!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]