>    >  

【50%OFF】-姫辱- プリンセスダブル狩り

pts

シェアする :

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブランド名 :  ネル
ホームページ :  http://www.lune-soft.jp/top.html
販売日 :  2008年12月05日
声優 :  鷹月さくら  /  乃田あす実  /  歌織  /  白井綾乃  /  青葉楓  /  青山ゆかり
年齢指定 : 
作品形式 : 
アドベンチャーゲーム / 「お姫様」調教&ラブラブH+都市占領集団陵辱ADV
対応OS : 
[PC]
Windows98 / WindowsMe / Windows2000 / WindowsXP / WindowsVista
その他 : 
ジャンル : 

サンプル

HTML版で表示

作品内容

◆ストーリー
アステリアの王子「ディストール・エル・アステリア(主人公)」は8年もの間、
隣国バルトラージュで人質として屈辱的な日々を過ごす。
一緒に人質として送り出された母も不遇の内に死んでしまい、
それ以来ディストールは心を閉ざし、自分の力で大事な人を守ることが出来るような人物になるため、
現在までひたすら剣術の稽古と知識と教養を養う努力を続けていた。
隣国の王子とはいえ外交的手段としての人質という立場から、
王宮の人間から厄介者あつかいされるなか、バルトラージュの第一王女・イリーナ姫は、
そんなディストールに普通に接していた。だが、周りの人間はそのことを快く思っておらず、
さらにディストールは冷遇されることになる。
そして、同じ王族とはいえ2人の運命は決して交わらないかに思えた———。

そんな折、ディーは故国に残してきた義理の妹・クーナ姫が魔王を封印する『聖女』として
選ばれたことを知る。『聖女』となった人間が命と引き換えにその役目を終えるということも。
そして人質としての自分には何も出来ないまま、最愛の義妹がこのままでは
死んでしまうという事実がディストールの心を激しく締めつける。
「母上だけでなく、クーナまで守れないのか…この私はっ…!」
「何もかも無駄だったのか…剣術や知識などただの自己満足でしかなかったというのか!」
己の無力さを悟り、絶望したディストールの前に忽然と現れたのは黒衣に身を包んだ謎の美少女だった。
魔女だと名乗るその人物がクーナを救うためにディストールに強大な魔力を与えると提案する。
そしてその代償としてディストールに課した条件はふたつ。
ひとつは、バルトラージュ王国を侵略し、王家の秘宝を手に入れること。
もう一つは、ディストールにとって幼馴染であるイリーナ姫を陵辱することによって
肉体・精神を堕落させ、その秘宝を発動するための『鍵』としてふさわしい存在にすることだった。
途方も無い条件に悩むディストールだったが、強大な魔力を目の当たりにし、
平和な大陸を戦火の渦に巻き込み事を承知しながら、魔女の提案を受け入れた———。
たとえどんなに犠牲を払おうとも。
たとえわが身がどうなろうとも。
クーナだけは救えるようにと……。

◆登場キャラクター
★"穢れなき白い薔薇" イリーナ姫
名前:イリアステラ・エルシェ・バルトラージュ
通称:イリーナ姫
性格:気位が高く勝気
説明:この世界で1、2を争う大国の姫。
王国の後継ぎとして、自分は誰よりも優れていなければならないと考えており、
そのための努力は惜しまない。幼い頃から大人に囲まれて徹底的な教育を施されていく中、
自然と同世代の人間と隔絶されてしまった。
実の母親である先代王妃は幼い頃になくなっており、後添いのエリザ王妃には
素直に接することが出来ないでいる。よりよい国にするべく努力してきたため、
現在は民のことを省みない大臣・貴族達、果ては実父であるバルトラージュ王とも衝突している。
その立場上、普段から気丈に振舞っているが実は寂しがり屋。無理をしている分、
精神的に脆い部分があり他人には優しく接したいと思っているが、恥ずかしさが先立って出来ないでいる。
今度の事件で幼馴染でほのかな恋心を抱いていたディーに
耐えがたい屈辱的な仕打ちを受ける事になるが、決してその陵辱行為に屈することはなく、
王家の姫としての尊厳と気高さを保っている。
また、識者が舌を巻くほどの博識だが、その知識はすべて書物から仕入れたものであるため
実体験が伴わず、時折ピントのずれた言動がある。

★"この世でもっとも尊き人形" クーナ姫
「兄様……にいさまは、幸せになってくださいね……」
名前:クーナシェリア・エル・アステリア
通称:クーナ姫
属国:アステリア王国
性格:おとなしくて素直
説明:アステリア王国の姫であり、主人公の義理の妹。
礼儀正しく、王宮の人間でも城下の人間でも分け隔てなく接するため、誰からも好かれている。
優しい兄・ディーは幼い頃から憧れていたが、8年前に離れ離れになってしまってから
その思いは募る一方で、現在でははっきりとした思慕の情を抱いている。
魔王を封印しつづけるための聖なる力を持っていると『教団』に認定され、現在の『聖女』に選出される。
クーナ自身は自分が『聖女』に選ばれたことを運命だと素直に受け入れ、
周りの人間を心配させないように明るく振舞っていた。ただ、それは本心を押し殺しての事だった。
現在は封印の塔に幽閉されている。

★”バルトラージュの蒼き鷹” 女騎士セシル
名前:セシリアーヌ=ルイゼベルト
通称:セシル
属国:バルトラージュ王国
性格:生真面目で責任感が強い
説明:バルトラージュが誇る聖騎士団の団長を勤める。剣技に関して国内でも1、2の実力の持ち主。
努力家で部下からの信望も厚い。父親は先代の団長であり、幼い頃からその父に憧れ剣の腕を磨いてきた。
反面、女性らしさという部分には疎く、友人であるエルフのユノにそのことをいつもからかわれている。
ディーの事は剣士としてライバル視していたが、そのディーに今回の事件で城の警備責任者でありながら、
むざむざとイリーナ姫をさらわれてしまったことを恥じ、自分自身に憤っている。
そのため、今回の争いでは獅子奮迅の活躍を見せるが、魔力を手に入れたディーに
かなうべくも無く捕獲され、イリーナ姫と同じ仕打ちを受けることになる。

★”森を疾ける黄金の矢” エルフのユノ
名前:ユノ
属国:バルトラージュ王国
性格:プライドが高く自信過剰
説明:深い森にあるエルフの集落から人間の世界に出てきたエルフの娘。
魔法に長けたエルフの中でも生まれつき天才的な才能をもっている。
そのため、種族としての人間を馬鹿にする傾向があるが、とある事情により
バルトラージュ王国の客分としてイリーナ姫やセシルと暮らすうちに、彼女達の人柄に触れ、
自分が能力を認めた人間に対しては心を許し深く付き合うようになった。
今回の事件でもセシル達と共にイリーナ姫奪還の任務につくが、普段の力ならまだしも、
強大な魔力を手に入れたディーには、自分の力が遠く及ばず屈服させられることになる。

★”慈悲深き王妃” エリザ王妃
名前:エリザベート・エルシュ・バルトラージュ
通称:エリザ
属国:バルトラージュ王国
性格:優しさと気品あふれるが押しに弱い
説明:バルトラージュ王国の王妃。常に優しい微笑みをたたえ、
その仕草には気品が満ち溢れていて、王妃と呼ぶにふさわしい人物である。
王宮の人間から平民まで人気は高いが、その優しい性格のためか強引な押しに弱く、
勢いに流されやすい部分がある。
また後添いであるため、義理の娘であるイリーナからは未だに
母親として認められないことに人知れず苦悩している。
今回の事件でディーに囚われてしまったイリーナを誰よりも心配し、無事に戻ってくるように願っていて、
そのために自らが犠牲になっても・・・・・・と考えている。
そして、和平交渉のために前線に赴き、愛娘同様囚われの身となってしまう。

★”謎の美少女” エルノア
名前:エルノア
属国:???
性格:???
説明:クーナが『聖女』に選ばれたことに苦悩するディーに魔力を授け、クーナを救出する代わりに、
バルトラージュ王国を攻め落としイリーナを調教する事を条件に取引を持ちかけた人物。
ディーはこの美少女のことを何一つ知らないが、最愛のクーナを助けるという目的の為手を組んでいる。

システム

必要解像度 800*600 ハイカラー CG鑑賞モード あり
画面モード ウィンドウモード可 BGM鑑賞モード あり
アニメ なし シーン回想モード あり
BGM あり メッセージスキップ あり
音声 あり オートプレイ あり
ボーカル曲数 あり 攻略可能人数

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003405
ファイル名/ファイル容量
VJ003405.zip / 999.17MB (1047710848Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002287D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002287D)

-姫辱- プリンセスダブル狩りの関連作品

あなたにオススメの作品

「-姫辱- プリンセスダブル狩り」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!

妊娠の恐怖に怯える高貴な姫、女騎士団長、エルフ、町娘たちw

2009年02月13日  NERO さん 投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×4人

メインヒロインは敵国の王女であり、高飛車で性格のきつい(しかし実は主人公に昔から好意を抱いていた)イリーナ姫と、おとなしく従順で兄を慕っている義妹クーナ姫。サブヒロインとして、エルフのユノ、女騎士団長セシル、魔女エレノアがいます。さらにサブヒロインより、登場する割合がより低いものの、SEXシーンがあるヒロインとして、敵国の王妃エリザや占領地の町娘たちがいます。

 この作品の特徴のひとつは、膣内射精においてヒロインが妊娠することを恐怖・嫌悪する点、またそうして妊娠の恐怖に怯えるヒロインたちに容赦なく膣内射精し、征服感を味わうことができる点でしょうか。

 「妊娠したくない、お願い外に出してっ」と怯えるヒロインに容赦なく膣内射精することもあれば、脅迫によって「わらわの中に、あなたの熱い精液を注いでっ わらわを……孕ませてぇっ」と無理やりに受胎懇願のセリフを叫ばせてから膣内射精するなどシチュは様々。

 また主人公がヒロインを犯すだけでなく、占領地において自国軍隊の兵士たちが町娘や農家の一家(の母と娘)を凌辱し、どっぷりと種つけしてポイ捨てするなど、戦争によくあるシーンや、捕虜となった敵国騎士たちが、憧れの女騎士団長(セシル)に種つけするシーンなども楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]