美少女ゲーム > エウシュリー > 幻燐の姫将軍

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年11月07日
シナリオ 鶴来カスミ / 小泉裕
イラスト 鳩月つみき
年齢指定
作品形式
ロールプレイング / ファンタジー・シミュレーションロールプレイングゲーム
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

幻燐の姫将軍は、様々な出会いと戦いの葛藤に苦しむ主人公を描いた
シミュレーションロールプレイングゲームです。
MAPステージ毎のクリアを繰り返すことが基本ルールとなりますが、
ゲームの進め方によってストーリーやエンディング、戦闘MAPが変化し、
それに伴うエッチシーンなども分岐します。
また、迷宮探索によって隠し部屋を発見したり、アイテムの収集と売買、
レベルアップとクラスチェンジによるキャラクターの成長などの要素も本作品に含まれており、
18禁ソフトでは珍しいロールプレイング系のジャンルと、
エッチシーンを含めたキャラクターに対する感情移入を重視した内容です

■ゲームの流れ
ゲーム開始時は、全体MAPから占領下にある地形(村や迷宮など)を選択することができます。
基本的に1日単位の進行となり、キャラとの出会い、
アイテムの売買、迷宮探索&訓練(SLGモード)などを行います。
また、特定の条件下でアイテムの入手、エッチシーンの発生があります。
ある一定の日付もしくは選択により、重要拠点での戦闘(SLGモード)が発生。
戦闘結果によって、登場したヒロイン達の扱い、エンディングが変化していきます。
基本的に各重要拠点の攻略後にエッチシーンが発生しますが、
これも戦闘結果によってシーンが異なります(本来結ばれるはずのヒロインが寝取られる等)。
戦闘と出会いを繰り返しながらキャラクターを成長させ、主
人公が育ったメンフィル王国を征服していく流れとなります。

■ストーリー
魔神と人間の血を受け継ぐリウイ・マーシルン。
迫害による母親の死、解放と称した人間族の勇者に土地を奪われ、
決して復讐を許さなかった父・魔神グラザも倒された。
リウイは故郷メンフィルを滅ぼすため闇夜の眷属を率いて残虐の限りを尽くすことを誓うが、
彼の前に立ちはだかったのは、人間としてのもう一人の自分だったことを感じた。
魔神と人間の血を受け継ぐリウイ・マーシルン。彼は幼少時代、
メンフィル王国の街で母親と細々と暮らしていた。
しかし、魔人病に冒された時にささやかな幸福が迫害へと変化し、
息子を連れて未開の森へ逃げ落ちた母親も力尽きてしまった。
しかし、そこにはもう一人母の死を見取った者がいた??
リウイの父にあたる魔神グラザである。
魔人病を克服するためには魔族として生き長らえなくてはならないことを
幼いながら理解していたリウイは、魔神グラザの元で鍛錬と復讐の野心に明け暮れた。

人間に対する憎悪の転機となったのが、人間族との干渉を嫌った父が、
飽くなき名声を欲するままに乗り込んできた人間の勇者によって殺された事件である。
これによって、リウイ自身が母親から受け継いだ温もりと
これから出会う愛情との葛藤に苦しみながら、
闇夜の眷属を率いて大きな戦いに挑まなくてはならなかった……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003398
ファイル名/ファイル容量
VJ003398.zip / 530.59MB (556366480Byte)
CPU
MMXPentium 233MHz以上 / PentimII 300MHz以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0002314D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002314D)

幻燐の姫将軍の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「幻燐の姫将軍」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

ピックアップ

おすすめ!大人向けのSRPGをお探しの方に

2008年11月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×7人

多くの国々を巻き込んでの戦争となる『幻燐の姫将軍II』のプロローグ的な作品です。
IIのような大ボリュームの作品ではありませんが、基本的なシステムは既に本作で構築されているため、予行演習には最適な尺度かもしれません。

戦闘は敵の撃破+陣取りのような形です。数で勝る敵軍を地形を利用して押し留めたり、近接攻撃キャラで守りながら間接攻撃キャラで撃破したりなど、なかなか本格的になっています。
また、戦闘で倒されたユニットは特別な条件を満たさないと復活できなかったり、二周目以降は特典付きでプレイできたりなど、難易度調整も温すぎず厳しすぎずとなっていました。

Hの内容は純愛・凌辱双方が楽しめます。基本的に純愛は主人公と、凌辱は主人公以外とになっています。
ヒロインだろうと容赦なく主人公以外による凌辱の対象となりますので、注意が必要かもしれません(回避は可能です)。
ファンタジーらしい触手プレイなどもありますが、基本は肉と肉の絡み合いでした。

遊びながらエロも楽しめる、大人向けのSRPGをお探しの方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とても面白い!

2012年12月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ストーリーはもちろん、SRPGとしても非常に出来がよくエロのほうも陵辱、純愛どちらも満足のいく出来となっています。この後の続編もこの前の前編も両方、同じメーカーから出ておりその間の話しを補完する意味でもこの作品をプレイすることを強く薦めます!!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!FEみたいで!

2009年09月30日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

ファイアー○ンブレムみたいで面白かったです。
またHの内容は純愛・凌辱双方が楽しめてよく、純愛は主人公と、凌辱は主人公以外
によってされます!
SLGが好きな人とくにファイアー○ンブレムが好きな人は非常に楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!エロゲーの枠だけに収めるのがもったいない。

2009年07月30日  

このレビューは参考になった×1人

エウシュリーの代表作である「戦乙女」シリーズと世界観が一緒で、話も少しリンクしています。
戦闘のゲームシステムはマス目上でキャラクターを動かし敵を倒すというものです。
「Hシーンがあるだけのエロゲーに飽きたなぁ」と思った時に、このゲームは最適です。
エロとSLG+RPGの両方を楽しむことが出来ます。
またストーリーも中々言いので戦略シュミレーションが得意な人だけでなく、そうでない人にもオススメしたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!賭けは禁物

2008年11月19日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

ゲーム性はファ○アーエムブレムとほとんど同じと考えても差し支えありません。
マス目上でキャラを動かし、敵を攻撃・撃破し、陣地を奪うもの。
キャラの特性を把握し、ちゃんと考えて行動しないと死んでしまうことが多々あるので油断は禁物。
キャラの蘇生は1週目では不可能、2週目でも条件を満たさないと無理なので細かいセーブも忘れずに。

短所としては、1にも2にも乱数の問題ではないかと。
命中率90%後半、99%でも笑えるほど攻撃を外します。しかも命中率100%は存在しない。最高で99%
90%で攻撃3回連続外すなんて日常茶飯事。命中率は20%ぐらい割り引いて考えないと戦略もクソもなくなります。

それとマニュアル漏れで公式サイトのサポートページにも掲載されましたが、ちゃんと陣地を奪うことで得られる支配力とキャラの出撃に必要な支配力を計算しないととんでもないことになります。

戦闘で取った行動でエンディングが変わり、普通にクリアするだけでも何十時間とかかる作品なので、長く遊べるのではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]