美少女ゲーム > XUSE【純米】 > フローラリア・プラス

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年10月17日
シナリオ 藤原将 / 座敷猫
イラスト まさはる
声優 清水香 / 大城恭子 / 北都南 / 長崎みなみ / 海原エレナ / 橘裕美
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。
  • この作品をレンタルして閲覧するには「DLsite Nest」が必要です。[ DLsite Nestについて ]

作品内容

“XUSE【純米】”の、笑いあり、ホンノリありの誘惑VS純愛AVG『フローラリア』に
シナリオ&イベントCGなどを追加した豪華版『〜プラス』が、遂にDL版で登場。
そのプラスの要素については“備考”に譲るとして、まずはゲームの内容をご紹介。
主人公・橘洋介扮するプレイヤーは、まずクラスメイト・白瀬憂、
学生会会長の先輩・三ノ宮由佳里、園芸部の後輩・加賀御文の中から意中の女の子を選びゲームスタート。
その選んだ女の子と恋愛成就するためには、同居中の三人の女教師たちの
エッチな誘惑を振り払わなければならず、“誘惑”に屈するか、はたまた“純愛”を貫くか……、
貴方は二者択一の選択を迫られる。


『フローラリア・プラス』の“プラス要素”は、補完エピソードとオマケシナリオの追加、
イベントグラフィック(20枚以上!)の追加、既存グラフィックのブラッシュアップ、
音声&音楽の音質向上、挿入歌(1曲)の追加と非常にサービス満点の内容になっている。
他にもパッケージ版の封入特典だった“藤原将(シナリオ担当)”書き下ろしの
「ドラマCD」もパソコン上で楽しめるバージョン(MP3形式)として収録されているなど、
至れり尽くせりの一本だぞ。

★ストーリー
橘洋介(主人公)は、現在、担任の化学教師・櫻井詩乃、新任の体育教師・槙いずみ、
そして数学教師・麻生鈴音の三人の女教師と同居する事態に陥っていた。
しかもこの三人は旧知の仲らしく、大の悪戯好きも一緒だった。
それぞれが個性異なる美女にして、オトコを誘惑するのもプロ級……。
洋介は、食虫植物に引き寄せられた哀れな虫のように、
フラフラと彼女たちの間を揺れ動きながらも、理性を総動員して欲望を抑える日々を過ごしていた。
全ては、同じ学園に通う片思いの女の子とハッピーエンドを迎えたいがため……。
しかし、美人教師たちの誘惑は、日を追う毎に激しさを増し……。

★登場キャラクター
白瀬憂
青央学園に通う二年生。図書委員会所属。
主人公のクラスメイトで、女子の級長を務めている。
主人公とは一年生のときも一緒のクラス。
真面目で面倒見がよく、他人が嫌がることでも進んでやってしまうお人好し。
そうした損な性分ではあるが、明るく気さくな性格とも相俟って、男女ともに人気がある。
ややドジッ娘だが、持前のポジティブさでカバーしてしまう。

三ノ宮由佳里
青央学園に通う三年生。青央学生会会長。
ワガママで意地っ張り、プライドの高いお金持ちのお嬢様。
しかし、突っ込まれたり、守りに入ると弱く、オロオロしてしまうことも。
学園では高嶺の花的な存在だが、主人公が級長を務めていたときに出席した学生会会議で知り合う。
実はド近眼なのだが、主人公以外には知られていないらしい。

加賀御文
青央学園に通う一年生(新入生)。園芸部所属。
能天気なまでに明るく、好奇心も旺盛な女の子。
トラブルメーカーの素質も十分で、あちこちで騒ぎを起こす。
主人公とは母校が同じで、その頃からの後輩。
ちょっと夢見がちなところのあり、少女趣味全開で、
兄のように慕っている主人公に甘えてくる。

麻生鈴音
青央学園の数学教師。園芸部顧問。
主人公の幼馴染で、その人格形成に多大な影響を与えた女性(主人公談)。
容姿端麗の美女だが、底意地が悪く、話術も巧みで、口では絶対に勝てない。
大の悪戯好きで、何かと主人公をからかって楽しんでいる。
ここ数年は主人公と会うことはなかったが、主人公の父親が長期で家を空けることから、
強引に居候を決め込む。

櫻井詩乃
青央学園の化学教師。学生会顧問。
昨年度から引き続き、主人公のクラス担任を務めている。
可愛らしい容姿と、たわわに実った巨乳とも相俟って、学園内でナンバーワンの人気を誇る。
いつも眠たそうな目をしていて、まったりしていそうだが、意外に押しが強く、
授業もテスト厳しく教えるスパルタ教師。
鈴音とは大学のサークルで知り合い、それが縁で親友になった。

槙いずみ
青央学園に赴任してきた新任の体育教師。
学園長の娘。また御文の担任であり、陸上部顧問。
男勝りなボーイッシュな性格で、口より先に手が出るタイプ。
膨らんでいない胸や、女性としては高い背丈、寝起きの悪さや酒の弱さなど、様々な悩みを抱えている。
鈴音とは高校時代からの腐れ縁で、共に悪戯好きなところがウマが合う悪友。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003377
ファイル名/ファイル容量
VJ003377.zip / 754.84MB (791504327Byte)
CPU
PentiumII 300MHz 以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1a 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002270D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002270D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「フローラリア・プラス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ツンデレ(2) 学校/学園(2) 女教師(2)

恋愛とエロのバランスが取れた作品

2008年11月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

エロゲーをプレイする上でエロを重視される方がいきなり恋愛を重視するゲームを
プレイすると、エロまでの話の長さにうんざりされるかもしれません。
このゲームは序盤で女教師たちに誘惑されていろいろされてしまうので、
エロまでの話の長さにうんざりされることもないと思います。

どちらかというと、エロ一辺倒というよりは恋愛要素よりのゲームで
他の恋愛系のゲームと比べてシナリオもあっさりしており
ツンデレや妹系といったキャラクターもいるので
エロを重視される方でキャラ萌えというものを体験してみたいという方には
オススメな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

純愛+萌えエロの珍しいコラボ?

2008年10月22日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

XUSE【純米】の恋愛ADV。ちなみにXUSE【発泡】の「詩乃先生」は関連作品。
 ストーリーはいわゆる学園恋愛ものですが、生徒三人はいわゆる純愛系、先生三人はいわゆる萌えエロと分かれており、2002年当時のXUSEが恋愛ゲームをどのように考えていたのか個人的に興味深いです。冒頭から憂ちゃんとの出会いから始まったと思いきや、家で先生三人との宴会が始まり、詩乃先生にいきなり童貞を奪われるというかなりスゴイ展開に発展します。その後の展開は、
憂ちゃん   VS 鈴音先生
会長(由佳里)VS 詩乃先生
御文     VS いずみ先生
の構図でストーリーが進みます。個人的には会長が一押しで、ライバルキャラとなる詩乃先生もバイだわ淫乱だわでいい感じです。
 CGは顔グラあたりは頑張っていると思いますが、立ち絵が少なかったりとさすがに2002年当時(この作品は2004年作ですが)のXUSEとまさはる氏の限界を感じます。「聖なるかな」を知っている人やまさはる研究家の人はいろいろ見比べてみるのもいいかもしれません。Hシーンは生徒三人は各キャラともそこそこのところですが先生三人は複数プレイを含めてかなり多く、いろいろな所にHシーンが隠されているので注意が必要です。
 純愛も萌えエロも両方ヤリたい欲張りな貴方におススメ。こうなれば後は「憂ちゃん」か「ゆんちゅ」かそれともまさかの「アセリア」か???

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]