美少女ゲーム > 萌雛 > あの娘はHな小説家

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■■■ストーリー■■■
主人公・香川明彦は官能小説を主力とした出版社に勤める平の編集員。
明彦は就職・配属が決まった早々に、今年の新人賞を取った作家の担当に回される。
女性ならではの透明感のある描写で評価を得た、ネットでも人気の女流作家ということで、
明彦は初の大きな仕事ということもあり、緊張しながら対面する。
だが、その相手・篁シズク(たかむら・しずく)こと高村静香は、なんと現役の女子校生の少女だった。

しかも彼女の書いた官能小説のイメージとはかけ離れた、無口・無表情・無愛想な文学少女。
彼女は自分の趣味や嗜好が高じて応募してみたものの、ネットの掲示板で「生々しさが足りない」などの
指摘を受けたことを気に病み、何も書けなくなってしまったという。

突然のスランプ宣言に困り果てる明彦だったが、
静香は実際に様々なHを体験し、その体験したことを描きたいと主張する。
自分の想像の範疇を超えた展開に固まってしまう明彦だったが、
不思議な圧倒感を持つ静香に押し切られ、ラブホテルでお互いに刺激的な初経験を経験してしまうのだった。

それから明彦は初めての担当作家、そして初めての女性のために、
静香の執筆に付き合おうと決意するのだった。

■■■登場キャラクター■■■
☆香川明彦(かがわ・あきひこ、23歳)主人公
今年の春から「サテライト出版」に入社した新卒の編集者。
学生時代は作家になるのが夢で、投稿等もしていたのだが、才能が無いためにどこも落選。
しかし、その夢を捨てきれずに出版社に入社した。
細身の優男的なイケメンなのだが、そのような経歴のために友人も少なく、女性経験もない。
極めて真面目な青年だが、キレる(怒ったり、欲望に押し流されたり)と我を忘れるほどに暴走してしまう。
静香の不思議なペースについつい巻き込まれ、流されがち。
沙希に最初は敵視されるが、張り合うようなことはしない分別を持っている極めて大人な青年。
一人暮らしが長いので、家事全般は得意。
静香のことは公的な場では「篁先生」と呼ぶ。

☆高村静香(たかむら・しずか)
都内のエリート校に通う現役女子校生の少女。
子供の頃から読書好きで、学力も高くて聡明。
学園入学時に親が単身赴任で一人暮らしとなったことから、ネット等でH関連の情報に触れる。
その興味が高じてサテライト出版の官能小説大賞に作品を応募したら、大賞を取ってしまった。
ペンネームは本名をもじった「篁シズク」。
無口・無表情・無機的な印象のある少女だが、不思議な存在感がある。
ネットやPC、ゲームの類に博識で、休日は読書かネットサーフィンで時間を潰している。
極めて不健康な生活を送っているが、その点を幼なじみの沙希によく注意されている。
コミュニケーションが大変苦手だが、沙希のことは親友だと思っている。
明彦に対しては、あくまでも仕事とセックスのパートナーとだけしか最初は認識していない。

☆尾上沙希(おのうえ・さき)
都内のエリート校に通う現役女子校生の少女。
静香とは幼なじみで、男子やイジメから静香を守ってきた、保護者的な面のある親友。
静香とは一緒のクラスで「サキ」「シズ」と呼び合う仲。
クラスの委員長を勤めたり、空手の有段者だったりという非常に勝気な面のある女の子。
その反面、意外と少女趣味でそれが高じて男嫌いな側面がある。
可愛らしいものに目がなく、メガネを外した静香の可愛さには子供の頃から入れ込んでいて、
レズ的な妄想を膨らませながら、毎夜オナニーしている。
そのくせ、そういうことには全く興味がない、という姿勢をあくまでも取り続ける。
静香に近づいて来た明彦に不審を抱き、静香の下から排除しようと邪魔をするが、
結局は静香に巻き込まれる形で、静香のセックス体験に参加させられてしまう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003338
ファイル名/ファイル容量
VJ003338.zip / 553.92MB (580825649Byte)
CPU
PentiumII 300Mhz / PentiumIV 1.5Ghz 以上
メモリ
128MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002213D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002213D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あの娘はHな小説家」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!染め上げ色は何色に?

2009年02月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

妄想力と執筆能力は高いがエッチ経験は皆無な素直クール少女・高村静香を女流官能小説家としてスキルアップ&エッチなレッスンを施して行くというのがプレイ中におけるメインの展開です。
作品中で、静香は主人公とのエッチ実体験を元に執筆を行い、それを主人公のオフィスにメール添付して送ってくるのですが、それに対してどのような評価を下すかによって、今後の執筆方針に大きく影響してきます。また、エッチイベントも場所決めが後のストーリーに重要な影響を及ぼす場合もあります。
ストーリー展開やエンディングの主な内容として、静香と沙希それぞれの通常の単独プレイの他に、SM・露出・レズ・3Pなどがありますが、場合によっては“ヤンデレ”になってしまう事もあるので、受けシチュやヤンデレ、並びにホラー描画が苦手な方は、予めそのような展開が存在する事を念頭に置いて下さい。僕もプレイしてて「うわ、おっかねぇー」と思わずゾクッとしました。
彼女がどんなタイプの作家に育つかは、全て編集者たる主人公のアドバイス&評価と、プレイヤーである貴方次第です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]