美少女ゲーム > バニラ > 痴漢物語 【前編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2008年04月25日
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

白式 銅が会社に誰よりも早く出勤するのには理由があった。
職場で一番厳しい女上司の七枷七々美が就業時間前のまだ誰もいないオフィスで
毎朝オナニーをしているのを偶然発見してからは、それを鑑賞するのが彼の日課となったからであった。
その日も鑑賞を終え、満足し仕事に従事していた銅だったが、何故か今日は七々美の指導が厳しい。
そして、二人きりの残業を命じられた。残業中も執拗に罵倒される銅。
たまりかねた銅は、「俺はあんたがまだ誰もいないオフィスで何をやっているか知ってるんだぞ!」と言い返す。
急にオロオロしだす七々美。それを見て性交を強要する銅だった…。

一方、銅の弟・鈴丸とその幼馴染みの火爪夏音は今日も放課後に二人だけの秘密の儀式を行うのだった。
「ねえ、こういうのもうやめようよぉ」、「うるさい!あんたは私の子分なんだから言うとおりにしてればいいのよ」。
二人が行っているのは、委員長である夏音に普段迷惑をかけるクラスの連中の机に、
罰として鈴丸の精液を塗りつけるという嫌がらせであった。
鈴丸が抗いきれず、その行為をおこなっていると夏音が顔を赤らめて…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003151
ファイル名/ファイル容量
VJ003151.zip / 381.17MB (399687594Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

痴漢物語 【前編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「痴漢物語 【前編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件