美少女ゲーム > バニラ > 集団痴漢電車 【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年11月22日
イラスト INO(キャラデザ)
声優 赤尾太郎 / 島屋弘 / 澄川紀郎 / 谷川比呂子 / 実河春江 / 唐沢俊子 / 墨田雪子
その他原作:バニラ
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
里佳子の次のターゲットは、一流商社マンだった。
満員電車で、例によって里佳子がその男に接近し体を摺り寄せていく。
僕は里佳子と男の間に割り込んでそれを阻止した。
次は里佳子をその気にさせる手筈だった。だが、その時女将こと天道寺飛鳥が
すぐ傍の座席に腰掛けていた。神様は危険を察知したが手遅れだった。
里佳子の尻をまさぐる僕の右腕は天道寺に捻り上げられ、天道寺が叫んだ
「痴漢よ〜!」あっという間に腕に手錠をかけられ、僕は車外に連れ出された。
勿論、その警察官も彼女達の仲間であった。神様は天道寺飛鳥の痴漢対決に備えて、
自らの手腕を磨くため、僕の見ている前で、次々と痴漢行為を繰り返す。
神様がその指先から発する念は、女たちの性欲を刺激し、興奮の坩堝へと導いていく。
女子高生、主婦、果てはお婆さんまでイカせるほどの凄腕に僕は舌を巻いた。
そこにスパイの渚絵里から情報がもたらされた。
天道寺は以前、痴漢をされてから心に闇を抱えているというのだ。
あらゆる男から触られることを拒絶する彼女を落とすのは、神様でも不可能に思われた。
神様は、師匠から譲り受けた痴漢日記を無心に読み始めた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003136
ファイル名/ファイル容量
VJ003136.zip / 364.29MB (381985522Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

集団痴漢電車 【後編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「集団痴漢電車 【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件