美少女ゲーム > バニラ > 集団痴漢電車 【前編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年11月20日
イラスト 杉並大福(キャラデザ)
声優 赤尾太郎 / 島屋弘 / 澄川紀郎 / 谷川比呂子 / 実河春江 / 唐沢俊子 / 墨田雪子
その他原作:バニラ
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
「主文、被告を猥褻行為により懲役6ヶ月に処し、同刑の執行を2年間猶予する」
僕の名は、坂井勇次32歳。身に覚えの無い痴漢行為により、有罪判決を下された。
裁判所を出て、呆然としている僕に一人の男が声をかけてきた。
「残念だったな。無実なのに。誰かに嵌められたんだよ」男の名は根本一男。
彼こそ「二代目、痴漢の神様」と呼ばれる痴漢の天才だった。
僕を嵌めた女は、彼の縄張りで堂々と僕を罠に嵌めたという。
痴漢道を極めた彼の目の前で起きた今回の事件は、彼にとって許しがたい出来事だった。
しかも、同種の事件がその私鉄沿線で、この半年間に12件も起きているのだった。
神様は僕に痴漢のテクニックを実際に披露した。
神様のあまりの早業に、呆れるやら興奮するやら、僕はたちまち痴漢の虜になる。
しかも神様は気付かぬうちに、女のバックから黒革の手帳を抜き取っていた。
手帳から分かった恐るべき事実。「平成建設」それは、請負の痴漢被害業。
つまり痴漢被害を装い、依頼人の指名した人物を社会的に葬り去る
闇の仕事人の集団だった。神様はこの組織を葬り去る決意を固めた。
しかもこの女たちに、これ以上ないという恥をかかせて葬り去るという。
それは、まさに痴漢戦争ともいうべき一大抗争であった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003135
ファイル名/ファイル容量
VJ003135.zip / 357.49MB (374854056Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

集団痴漢電車 【前編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「集団痴漢電車 【前編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件